「5G」「4G」を抜いて主流になる「Massive IoT」とは?携帯電話市場は新時代に突入【後編】

IoT分野では「3G」や「2G」を抜いて「5G」「4G」のブロードバンドが広がっている。Ericssonのレポートによれば、それに加えて今後は「Massive IoT」の利用も広がる。

2022年01月27日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 モバイル通信分野で、ブロードバンド(広帯域のネットワーク)を使ったIoT(モノのインターネット)が台頭してきた。ここで言うブロードバンドは、「5G」(第5世代移動通信システム)や「4G」(第4世代移動通信システム)を指す。

 通信機器ベンダーEricssonが2021年11月に公開した携帯電話市場に関するレポート「Ericsson Mobility Report」によると、IoT分野におけるブロードバンドの接続数は、既に「2G」(第2世代移動通信システム)と「3G」(第3世代移動通信システム)を抜いている。

「ブロードバンド」と「Massive IoT」がIoTの主流に

 IoT分野でブロードバンドの接続が増え、2Gと3Gの接続が減少する傾向は続く見通しだ。一方でEricssonのレポートは、「Massive IoT」の利用が急速に拡大するという予測を出している。

 Massive IoTで使われる規格としては「NB-IoT」や「Cat-M」が該当する。Massive IoTの用途が広がるのは、ヘルスケア分野のウェアラブル端末、物流、環境モニタリング、スマートメーター、スマート製造といった分野だ。Ericssonのレポートによれば、2027年までにMassive IoTはモバイル通信を使ったIoT接続全体の半数強を占めるようになる。

Webサービス接続の課題も

 Ericssonのレポートは、モバイル通信分野の課題についても触れている。例えばモバイル通信のトラフィックの大部分を動画ストリーミングが占めており、その接続が改善すべき重点分野になっているという。この課題解消に役立つのは、圧縮技術など動画再生までの時間を短縮する技術だ。Webサービスの接続をより高速にすることも課題だと同レポートは指摘している。Webサービスへの接続を高速にすることは、結果として高画質の動画ストリーミングやソーシャルメディアへの接続における消費者のニーズを満たすことになると、同社は指摘する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。