2022年01月26日 05時00分 公開
特集/連載

IT熟度が違う2500校以上のネットワーク整備 ニュージーランドはどう進めたのか教育機関におけるネットワークの運用管理【後編】

ニュージーランドはマネージドネットワークサービスを教育機関に導入している。規模も、IT活用の程度も異なる複数の教育機関に、マネージドネットワークサービスの恩恵を満遍なくもたらすには何が必要なのか。

[Aaron Tan,TechTarget]

関連キーワード

教育IT | セキュリティ | 無線LAN


 前編「ニュージーランドは『学校向けマネージドネットワーク』で多忙な教員を救う」は、ニュージーランドの教育機関が導入するマネージドネットワークサービス(ネットワークの運用管理を外部委託できるサービス)について紹介した。同国の教育省は、国営インターネットサービスプロバイダーのNetwork for Learning(N4L)が提供するマネージドネットワークサービスの導入を進めてきた。後編も引き続き、N4Lのマネージドネットワークサービスの詳細を紹介する。

 2500校以上あるニュージーランドの教育機関の運営は、それぞれ独立している。そのため規模や立地、IT活用の程度、ネットワーク構成の複雑さは、教育機関によって異なる。

IT熟度がばらばらな教育機関のネットワーク整備 成功の鍵は?

 このような背景から「安全性の高いネットワークの設計、導入、管理、継続的な保守サポートを各教育機関のニーズに合わせて提供することが必要だ」と、N4Lの最高情報セキュリティ責任者(CISO)ギャビン・コステロ氏は語る。「これは、ニュージーランド最大のITサービスともいえるほど大きな仕事だ」(コステロ氏)

 N4Lが、ニュージーランドの教育機関にマネージドネットワークサービスを提供し始めたのは2013年のことだ。これまでの経験から、教育機関へのIT導入特有のノウハウを蓄積している。それに加えて「パートナーネットワークの存在が課題解決に役立っている」とコステロ氏は話す。同氏によると、N4Lは30社以上のパートナーと提携している。ニュージーランド教育省と共同で設立した運営委員会の監督を受けながら、パートナーと共に「あらゆる問題に対処している」(同氏)という。

 ニュージーランドの教育機関ではインターネットの利用が急速に広がっており、2020年の上半期と下半期を比べるとデータの消費量が32%増加した。学習者が遭遇するサイバー空間の脅威の件数も増えつつある。N4Lのレポート「Te Pūrongo Whakakitenga Data & Insights Report」によると同社は、インターネットの脅威を毎分1600件近くブロックしている。その過半数は中等教育学校(日本の中学校および高等学校に相当)での利用時に発生しているという。最も多い脅威はマルウェアや有害なWebサイトによるものだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.png

クラウドサーカスのMAツール「BowNow」が機能拡充、無料版でもメール配信が可能に
リードナーチャリング活動をよりミニマムにスタート可能に。

news016.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...