2022年01月26日 05時00分 公開
特集/連載

英国陸軍が進める「“ハッカー軍人”10万人育成計画」の中身セキュリティスキルが新たな武器に

英国陸軍は軍人10万人にImmersive Labsのセキュリティ教育を受けさせ、サイバー攻撃に対抗するためのスキルを高める。内部に「セキュリティ専門家」を育てる英国陸軍の狙いは。

[Alex Scroxton,TechTarget]

 英国陸軍は新興企業Immersive Labsのセキュリティ教育サービスを導入する。予備役や事務官を含めた軍人約10万人を対象に、セキュリティに関する能力を測定し、スキルを補強することが目的だ。「人間の脆弱(ぜいじゃく)性」の観点から軍人をセキュリティ専門家に育てることによって、巧妙化しているサイバー攻撃に立ち向かう。

基礎知識から高度なスキルまで 英国陸軍の兵士は何を学ぶのか

 Immersive Labsのセキュリティトレーニングは、受講者がオンラインで、それぞれの能力やペースに応じて学べるようにしている。内容は、堅牢(けんろう)なパスワードの設定やフィッシングメールの見分け方といった基礎知識から、安全なWebアプリケーション開発、インシデント対処といった高度なスキルまで、幅広い分野にわたる。

 英国陸軍がImmersive Labsのサービスの導入を決めた背景には、サイバー攻撃の急増や手口の巧妙化がある。英国陸軍サイバーセキュリティ責任者のクリスティーナ・エバンズ氏は、「セキュリティの知識とスキルは、もはやIT担当者だけではなく、軍人全員が持つ必要があると判断した」と述べる。セキュリティトレーニングを通じてセキュリティに精通する人材を育成し、軍人に新たな“武器”を持たせることを目指す。

 具体的には、英国陸軍はImmersive Labsのサービスを利用し、セキュリティに関する軍人のスキルを可視化。スキル補強が必要な分野はどこかを洗い出し、軍人にピンポイントで教育を受けさせる。Immersive Labsのサービスは、攻撃の情報収集や防止手法の考案を効率化するナレッジベース「MITRE ATT&CK」をベースにしており、受講者は侵入を防ぐための的確な方法を習得できるという。英国陸軍はImmersive Labsのサービスを継続的に使い、長期にわたって軍人のセキュリティスキルを磨く方針だ。

 Immersive Labsのジェームス・ハドリーCEO(最高経営責任者)氏は、「戦場が『サイバー』の世界に広がっている中、セキュリティスキルの強化は欠かせない」と語る。同社は英国陸軍と密に連携し、軍人のスキル補強が必要な分野を正確に示すとともに、スキル取得に当たり軍人を手厚くサポートするとハドリー氏は言う。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...