ネット注文の時代に「電話」にこだわる宅配ピザチェーンの“ある事情”米ピザチェーン店の電話bot導入事例【前編】

米国の宅配ピザチェーン「Jet's Pizza」は、HungerRushの自動電話システムを全店舗に導入した。インターネットでの受注が当たり前になる中、同社が電話を重視した理由は。

2022年10月28日 08時15分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 米国ミシガン州を中心に約400店舗の宅配ピザチェーン「Jet's Pizza」を運営するJet's Americaは、HungerRushの自動電話システム「OrderAI Talk」を試験的に導入し、70店舗で電話botを運用した。2021年12月から2022年3月まで試験運用を実施し、この間に従来の電話注文ではなく電話botを利用した顧客には割引を提供。その後、Jet's AmericaはOrderAI Talkを全店舗に導入した。

宅配ピザチェーンが「電話」にこだわる理由

 Jet's Americaの最高情報責任者(CIO)兼最高データ責任者(CDO)、アーロン・ニルソン氏によると同社は、飲食業界向けにさまざまなクラウドサービスを提供するHungerRushと、もともと取引関係があった。そのことから、Jet's AmericaはOrderAI Talkの試験運用を始めた。当時HungerRushはOrderAI Talkのβテストをしているところだった。

 2019年にJet's Americaに入社したニルソン氏は、Jet's Pizzaの店舗で利用する販売システムの数を削減したいと考えた。ニルソン氏がHungerRushのシステムを使い続けることを決意したのは2つの理由があった。複数の店舗オーナーがHungerRushのシステムを気に入っていたこと。そして「HungerRushは注文システムのデジタル化に関する知見がある」とニルソン氏が理解していたことだ。

 ニルソン氏は、飲食業向けテキスト・音声注文システムベンダーOrderAIをHungerRushに紹介した。その後HungerRushは、2020年にOrderAIを買収した。「OrderAI Talkは、電話注文を好む顧客のための仕組みだ」と同氏は説明する。Jet's Pizzaの顧客の中でも、電話注文を好む層は「かなりの割合を占める」(同氏)。だが店舗スタッフにはピザ作りに集中してもらいたいので、電話応対から解放したかったという。

 OrderAI Talkの電話botが受けた注文内容は「ほぼ正確だ」とニルソン氏は評価する。しかし注文が間違っていたというクレームが寄せられたことも「確かにあった」と同氏は話す。


 後編は、店舗運営の効率化に役立ったOrderAI Talkの機能を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。