有線やWi-Fiより「FWA」が選ばれる3つのユースケースとは5G FWAへの期待と現状【第3回】

「5G」(第5世代移動体通信システム)を固定無線アクセス(FWA)で使う「5G FWA」の利用が拡大する見込みだ。FWAに適したユースケースとは。

2023年11月06日 05時00分 公開
[Venus KohliTechTarget]

関連キーワード

VoIP | データ通信 | ネットワーク


 通信機器ベンダーEricssonが2023年6月に発表したレポート「Ericsson Mobility Report June 2023」によれば、ユーザー宅と通信事業者の中継網を無線でつなぐ「固定無線アクセス」(FWA:Fixed wireless Access)の利用が拡大している。FWAサービスのうち、2028年には約80%は「5G」(第5世代移動体通信システム)を用いた「5G FWA」になる見込みだ。

 従来の有線ネットワークの代わりにFWAを使用する理由としては、有線ネットワークではインフラを構築するのが難しい地域であることや、有線と比べて初期費用を抑えやすい点が挙げられる。実際にFWAが適しているユースケースはどのようなものか紹介する。

FWAが役立つ3つのユースケースとは

 FWAのユースケースは以下の通りだ。

人口が限られている地域

 FWAの一般的なユースケースは、農村部や郊外、離島、へき地など人口が限られている地域での利用だ。

 インターネットサービスプロバイダー(ISP)は通常、こうしたエリアでのブロードバンド展開は困難かつ非現実的だと判断しがちだ。仮にブロードバンドサービス用の有線インフラを導入できても、メンテナンスには手間とコストが掛かる。

 ISPが有線によるブロードバンドサービスの代わりにFWAを提供することで、最寄りの基地局から利用者の建物までを結ぶ「ラストワンマイル」にギガビット級のネットワーク接続を実現しながら、運用コストを節約できる。FWAによって人口が限られている地域であっても、企業やテレワーカーが経済的に豊かになるチャンスを提供できる。

仮説オフィスや建築現場

 頻繁にオフィスを移動する企業にFWAは適している。有線ネットワークによるブロードバンドサービスを利用するには、ケーブル引き込み用の工事が必要になるため、一時的なオフィスに導入するのはコストパフォーマンスが悪い。

 FWAなら、「CPE」(宅内設置機器)を購入し、構内に設置する際に1回限りのコストを支払うだけでよい。レンタル形式で提供する事業者もいる。そのため、一時的にネットワーク接続を利用したい場合は、FWAによってコストを抑えることが可能だ。導入や契約解除が優先に比べて迅速な点もメリットだ。

 一般的に、建設現場はレイアウトが複雑であったり、資材の配置が不規則だったりすることがあり、有線ネットワークインフラを設置しにくい。へき地の建設現場では、MVNO(仮想移動体通信事業者)の公衆LTE(Long Term Evolution)が届いてなかったり、届いていても通信品質が悪かったりする。こうした場所にFWAを導入することで、現場作業員やオーナーなどの関係者が、コミュニケーションやコラボレーションのためのクラウドサービスを利用して迅速に情報を共有できるようになり、生産性を高めることができる。

運河沿いの都市

 運河などの水域に挟まれた都市では、有線ネットワークインフラに頼りにくい。イタリアのベニスや中国の蘇州のような運河沿いの都市では、無線LANによるインターネットアクセスが適している。無線LANであればユーザーは、ボートで都市を横断して通勤する際にも、インターネットにアクセスできるからだ。

 先進国の都市であれば無線LANのブランド「Wi-Fi」のネットワークが整備されていると考えられるが、企業によってはWi-Fiよりも信頼できるネットワークを求めてFWAに行きつく場合がある。実際、運河沿いの都市でFWAの採用は徐々に拡大している。


 第4回はFWAのメリットを各産業界がどのように得られるかを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...