2023年11月06日 05時00分 公開
特集/連載

「DaaS」と「SaaS」の良さを損なわない“うまい使い分け方”は?DaaSとSaaSの比較【後編】

現代の企業にとって「DaaS」や「SaaS」といった「as a Service」は欠かせない存在だ。それぞれをどのような場面で併用したり使い分けたりすれば、よりメリットを十分に得ることができるのか。実例とともに紹介する。

[John PowersTechTarget]

関連キーワード

DaaS | SaaS | クラウドサービス


 「DaaS」(Desktop as a Service)や「SaaS」(Software as a Service)など、市場にはさまざまな「as a Service」が出回っている。こうしたサービスは運用管理やコストの面で企業にメリットをもたらし得る。効果的にDaaSやSaaSを使う方法とはどのようなものか。以下で具体例を挙げながら解説する。

DaaSとSaaSの効果的な使い分け方とは?

 DaaSとSaaSの具体的な利用例としては以下がある。

  • PCでSaaSのアプリケーションを使う
  • DaaSが提供する仮想デスクトップで、SaaSのアプリケーションを使う
  • 企業が自社運用するアプリケーションに、DaaSを介して接続する

 DaaSとSaaSは互いに並行して実行でき、補完する関係にもなれる。

 例えば大規模なオフィスで1000人以上のエンドユーザーがいる企業では、DaaSとSaaSでエンドユーザーのニーズをまかなうのは合理的だ。ただし、特定のカスタムアプリケーションが必要なチームがある場合、IT部門はそのカスタムアプリケーションを独自に配備する必要がある。

 DaaSとSaaSがもたらす効果は、エンドユーザーのインターネット接続状況に左右される可能性がある。インターネット接続が不安定な場所で働くエンドユーザーがいる企業では、IT部門はDaaSやSaaSを避け、自社で運用するサーバでアプリケーションを実行することを検討すべきだ。遠隔地に常時100人のエンドユーザーがいる企業の場合、クライアントOS「Windows」または「macOS」が動作するPCをエンドユーザーに配布し、アプリケーションはSaaSで提供する方法がある。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...