「iPhone」「Mac」に無料で付属する「AppleCare」はどこまで使えるのか?Appleのサポート「AppleCare」「AppleCare+」の違い【第1回】

「iPhone」や「Mac」などのApple製品を買うと、サポートサービスの「AppleCare」が付属する。ユーザーはどのようなサービスを受けられるのか、有料のサポートサービス「AppleCare+」との違いは何かなどを説明する。

2023年11月03日 08時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | iPad | iPhone


 PCやスマートフォンなどの端末を管理する際は、端末の破損や故障といった不測の事態に備えた保証が欠かせない。「Mac」や「iPhone」「iPad」を手掛けるAppleは、無料のサポートサービスである「AppleCare」に加えて、自社製品向けの有料のサポートサービスを提供している。

 MacやiPhone、iPadなどのApple製品は、購入時にAppleCareが付属する。ユーザーはApple Careを通して、修理サービスやサポートデスクなどのサービスを一部無料で利用できる。有料のサポートサービスである「AppleCare+」や「AppleCare+ for Business Essentials」(米国のみの提供)、「AppleCare for Enterprise」を利用すれば、AppleCareのサービスや保証期間をさらに拡充することが可能だ。これらのサービスが利用料金に見合う価値があるのか、基本のサポートサービスにとどめておく方がいいのかを、IT管理者は慎重に比較、検討する必要がある。

Apple製品を購入すると無料で使えるAppleCareとは?

 Mac、iPhone、iPadなどのApple製品にはAppleCareが付属する。このAppleCareで受けられるのは、ハードウェアに対する1年間の修理サポートサービスと、90日間のテクニカルサポートだ。この保証が適用される製品は、購入したパッケージに入っているApple純正のハードウェア製品と、純正アクセサリーのみだ。ソフトウェアは保証外となる。材質や製造時の不備が原因となる場合を除き、バッテリーなどの消耗部品や、通常の摩耗には保証が適用されない。端末の外観の損傷や、過失や事故などの外的要因による損傷も適用外と定められている。

 保証の適用範囲となる故障が生じた場合、Appleは次のいずれかの方法で対処する。

  • 新品または使用済みのApple純正部品(Appleの機能要件を満たし、検査に合格したもの)を使用して製品を修理する。
  • 保証の対象となる製品を、同一モデルの新品または、同等の機能を持つ別モデルの製品と交換する。交換する製品は新品の場合と、Appleの機能要件を満たし、検査に合格した使用済みApple純正製品の場合がある。
  • 製品の購入時の金額を返金する。

 AppleCareでは、ハードウェアとソフトウェアの両方に関して、電話サポートも提供している。ハードウェアの無償サポートでは、基本的な初期設定や組み立て、設置、接続に関するサポートを受けられる。ソフトウェアの無償サポートはインストールや再インストール、起動などの操作が対象で、データの復元は対象外だ。

 AppleCareの保証範囲はMacとiPhone、iPadで大きな違いはない。購入する端末のサポート体制に不明な点があるなら、保証とサポートに関する文書を確認するとよい。AppleCareの保証範囲に関して、エンドユーザーやユーザー企業は交渉や変更ができない。AppleCareが提供している以上のサポートサービスや保証を必要とする企業は、AppleCare+またはAppleCare+ for Business Essentials、AppleCare for Enterpriseを購入する必要がある。


 第2回は、有料のサポートサービスであるAppleCare+のサービス内容を詳しく説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...