VDIからのDaaS移行に必要な作業とは? 「Azure Virtual Desktop」で考える仮想デスクトップの移行を考えるヒント【後編】

オンプレミス型VDIから「Azure Virtual Desktop」(AVD)といったDaaSに移行する企業は、仮想デスクトップの設定を見直し、変更を加える必要がある。具体的にはどのような作業が必要なのか、説明する。

2023年10月23日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 既にオンプレミス型のVDI(仮想デスクトップインフラ)を利用している企業がMicrosoftの「Azure Virtual Desktop」(AVD)といったDaaS(Desktop as a Service)に移行する場合は、移行作業の前に、具体的な移行計画を立てる必要がある。

 Microsoftは「Azure Migrate」というツールで、Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」への移行を支援している。ただしAzure Migrateを利用するだけで、VDIから移行できるとは限らない。なぜなら移行前に、VDIのユーザーエクスペリエンスやシステム構成の評価が必要だからだ。VDIの評価は、AVDで運用する仮想デスクトップの容量を決めたり、移行後のコストを計算したりするために不可欠だ。この作業には、Lakeside Softwareの「SysTrack」といったサードパーティーツールが役立つ。

AVDへの移行に必要な作業とは

 AVDへ移行する前に、Microsoftの仮想プライベートネットワークサービス「Azure Virtual Network」を設定して、自社のオンプレミスネットワークに接続可能にすることも忘れてはならない。AVDの仮想デスクトップを経由してオンプレミスシステムにアクセスする場合に、Azure Virtual Networkのネットワーク設定が不完全だと、必要なリソースにアクセスできなくなる可能性がある。

 Azureとオンプレミスネットワークの接続だけでなく、自社で利用するMicrosoftのID・アクセス管理システム「Active Directory」をクラウド版の「Microsoft Entra ID」(旧Azure Active Directory)に同期させる必要もある。この手順を省くと、AVDは正しく動作しない。

 仮想デスクトップのAzureへの移行と同時に、アプリケーションをAzureに移行する企業もある。これは、オンプレミスアプリケーションをクラウドインフラの仮想デスクトップと併用すると、遅延が大きくなる可能性があるためだ。

 AVDに移行する際は通常、仮想デスクトップイメージの再構築が必要だ。これに合わせて、IT管理者はアプリケーションの配信方法や、仮想デスクトップの接続設定を見直す必要がある。

 最後に、ユーザープロファイルの保存方法も変更が必要だ。VDIを利用するとき、企業は自社で用意したオンプレミスサーバまたはクラウドサーバにユーザープロファイルを保管している。しかしAVDは、Microsoftのユーザープロファイル管理機能「FSLogix」でユーザープロファイルを管理するため、これらを専用の形式に変換する必要がある。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...