いまさら聞けない「SaaS」の利点と“やってはいけない”使い方DaaSとSaaSの比較【中編】

企業がIT管理を効率化し、変化するビジネスのニーズに応えるためには、「SaaS」などの「as a Service」の活用が鍵を握る。SaaSはどのようなシーンで役立つのか。「DaaS」がもたらすメリットとの違いはあるのか。

2023年10月31日 05時00分 公開
[John PowersTechTarget]

関連キーワード

DaaS | SaaS | クラウドサービス


 ITベンダーは、次々と「DaaS」(Desktop as a Service)や「SaaS」(Software as a Service)などの「as a Service」を打ち出している。そうした中で企業が自社に適したサービスを選択するためには、これらのサービスの用語や機能を正しく理解しなければならない。そこで本稿はSaaSの利点、SaaSが不向きな場合、SaaSを理解するのに役立つ“DaaSとの共通点”といった基本を紹介する。

そもそも「SaaS」とは何か?

 SaaSは、エンドユーザーにインターネット経由でエンドユーザーにアプリケーションを提供するサービスモデルだ。企業はSaaSのライセンスを必要数購入し、SaaSベンダーがソフトウェアをサービスとしてエンドユーザーに提供する仕組みになる。

 ソフトウェアの運用管理が不要であり、ベンダーがアップデートやパッチ(修正プログラム)をすぐに適用してくれる点は、SaaSのメリットだと言える。これにより企業のセキュリティリスクを低減でき、新機能を迅速に導入可能になる。

SaaSの使用例と注意点

 SaaSは、大規模なエンドユーザーが必要とする、汎用(はんよう)的なアプリケーションに適している。例えばサブスクリプション型オフィススイート「Microsoft 365」は業務用SaaSの典型だ。「Microsoft Outlook」「Microsoft Word」「Microsoft Excel」といったオフィス業務向けアプリケーションを提供する。オフィススイート「Google Workspace」も同様に、「Gmail」「Google Documents」「Google Sheets」といったオフィス業務向けアプリケーションを提供する。

 ただし全てのアプリケーションがSaaSに適しているわけではない。例えばSaaSは企業が独自に開発したアプリケーションには不向きだ。レガシーアプリケーションも、SaaSで代替しようとするとうまく機能しない場合がある。これらのアプリケーションをコンテナ化し、仮想化インフラでホストしてインターネット経由で配信する方法も考えられるが、それはSaaSではなく、アプリケーションの仮想化だと言える。

共通のメリットを持つDaaSとSaaS

 DaaSとSaaSには幾つかの類似点と、異なる点がある。DaaSはデスクトップの提供に重点を置き、SaaSはアプリケーション提供に重点を置く。

 DaaSとSaaSを同時に利用することで、IT管理が効率的になる場合がある。DaaSとSaaSは、以下に示す共通のメリットを持つ。

  • DaaSとSaaSはどちらも、企業がインフラやソフトウェアの運用管理をせずにエンドユーザーがサービスを利用できる
  • DaaSとSaaSはどちらも、初期導入時のハードウェアやソフトウェアの調達が不要であり、従業員の増減にスムーズに対処できる
  • IT部門は各サービスのポータルサイトや管理コンソールを通じて、DaaSやSaaSを管理し、エンドユーザーに提供できる

 次回は、DaaSとSaaSの併用や使い分けについて解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...