非構造化データのための「ベクトル検索」にも着目 MicrosoftのAI向け新機能Microsoftデータ分析ツールの進化【後編】

Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI技術を活用した新製品や新機能を発表した。データベース分野ではどのような発表があったのか。

2024年02月06日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

Amazon | 人工知能 | チャットbot | データ分析


 テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)は今後、企業のさまざまな業務で活用されると考えられる。企業はAIモデルを訓練する際、膨大な学習用データを用意する必要がある。

 Microsoftは2023年11月に開催した同社の年次ユーザーカンファレンス「Microsoft Ignite 2023」で、人工知能(AI)を活用する新製品や新機能を発表した。その中にはベクトル検索機能の追加など、生成AIとデータベースに関連する新機能も含まれていた。その一部を紹介する。

Microsoftが発表した「ベクトル検索」などのデータベース機能とは?

 MicrosoftはMicrosoft Ignite 2023で、「Azure Cosmos DB for MongoDB vCore」におけるベクトル検索機能の追加など、データベースの新機能を発表した。Azure Cosmos DB MongoDB vCoreは、Microsoftのツールと、ドキュメント指向データベース管理システム(DBMS)ベンダーMongoDBのツールをつなぎ、両社の顧客のアプリケーション開発を支援するものだ。

 ベクトル検索は、生成AIの開発が拡大したことで重要性が高まっている機能の一つだ。生成AIモデルを訓練する際は、精度を確保するためにかなりのデータ量が必要となる。生成AIモデルに十分なデータをそろえるため、構造化データに加えて非構造化データを組み合わせることがしばしば必要になる。

 例えば、財務記録や販売時点管理(POS)のトランザクションのように最初から構造化されているデータがある一方で、テキストや写真、ビデオファイルなどのデータは構造化されていない。そうした非構造化データをベクトル(数値型の構造体)形式に変換して識別子を付与することで、コンピュータによるデータの検索などの処理が可能になる。その結果、モデルの訓練に活用できるようになる。

 MicrosoftはAzure Cosmos DB MongoDB vCoreのベクトル検索機能の他にも、データ管理やデータ分析に関連する新機能を発表した。その一部を以下に列挙する。

  • Amazon Web Services(AWS)のクラウドストレージ「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)、Microsoftのデータレイクサービス「Azure Data Lake Storage Gen2」へのショートカット機能の追加
    • 外部のAmazon S3やAzure Data Lake Storage Gen2のデータと、Microsoftのデータレイク「OneLake」のデータを統合する際、データコピーを作成する必要がなくなる
  • データベース「Azure SQL Database」の機能強化
    • コスト削減の他、セキュリティ性能や信頼性を強化
  • オフィススイート「Microsoft 365」とOneLakeの連携
  • データベースサービス「Azure Cosmos DB」への新機能追加
    • コスト削減や開発者の生産性向上に貢献する機能
  • データベース管理システム「SQL Server」のセキュリティ機能強化
  • データベースサービス「Azure Database for PostgreSQL」のAI機能追加と性能強化

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...