過去記事一覧 (2014 年)

12 月

/tt/news/1412/22/news08.jpg
クラウドサービスをフル活用

有望スタートアップが使っているマーケティングツールを全部見せます

必要最小限のスタッフしかいない小売業界のあるスタートアップ企業は、IT部門の代役として、クラウドベースの分析機能を活用している。

/tt/news/1412/19/news03.jpg
ソーシャルデータをマーケティングに生かすには

企業内連係なくしてソーシャルメディア活用の成功なし

ビジネスでソーシャルメディアプラットフォームを使うことは避けられない。ソーシャルメディアプラットフォームのデータはどのように使えば、ビジネスの手法を変えられるのだろうか。

/tt/news/1412/11/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

リアルタイムセキュリティ分析を実現する製品群

効果的なITセキュリティ対策には、攻撃が発生する前と発生中、そして事後のインテリジェンスが求められる。具体的にどのような製品が存在するのか?

/tt/news/1412/09/news01.jpg
IT部門は事業部門の支援を優先すべき

IntelのCIOが痛烈批判「IT部門は事業を妨げている」

IntelのグローバルCIO、キム・スティーブンソン氏は、企業のほとんどのIT部門は「事業の妨げになる行為をしている」と批判。そしてIT部門のあるべき姿を説く。

11 月

/tt/news/1411/18/news02.jpg
「Microsoft SQL Server」とSSDを組み合わせる10種のアプライアンス

【徹底比較】データベース処理を“超”高速化する「SQL Server SSD Appliance」10製品の違いは?

日本マイクロソフトが主導となり、2012年から提供するアプライアンス製品「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。現在、提供されている10製品を比較した。

/tt/news/1411/10/news05.jpg
インターネット接続デバイスが急増し管理が破綻

「状況は100倍悪い」、IoT時代の最悪シナリオを予測する

インターネット接続型デバイスが企業に押し寄せようとしている。IT部門は情報、セキュリティ、インテグレーションに取り組むために大きな1歩を踏み出さなければならない。

/tt/news/1411/05/news04.jpg
微妙になる「MapReduce」との関係

「Hadoop」はビッグデータ処理の中心に居続けることができるのか?

英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」に関するうわさは夏の間その影を潜めていた。その一因は旧友である米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。

/tt/news/1411/05/news03.jpg
ブレーキ、ハンドル、エンジンを操作可能

最もハッキングしやすいクルマとは? IoTに影を落とすセキュリティ問題の重大さ

2014年8月に開催されたセキュリティカンファレンス「Black Hat USA 2014」では、IoTデバイスのセキュリティが近い将来、重要な問題になる可能性が示された。

10 月

/tt/news/1410/31/news06.jpg
米Gartnerのアナリストがズバリ指摘

信じていたら要注意、ビッグデータに関する撲滅すべき8つの迷信

ビッグデータがこれだけ取り沙汰されているにもかかわらず、多くの人々にとって実態のよく分からないものになっている。米Gartnerのアナリストがビッグデータにまつわる事実と迷信を区別する。

/tt/news/1410/31/news05.jpg
「IoT」「ソフトウェア定義」「WebスケールIT」ほか

知らないとやっぱり恥ずかしい2015年の「10大ITトレンド」

クラウド、モバイル、アナリティクス――これらは米調査会社Gartnerが2015年の戦略トレンドおよび戦略的技術のトップ10に入った主要なテーマである。

/tt/news/1410/28/news04.jpg
挑戦者から王者まであらゆる企業に必須

ライバルはAmazon? Uber? 戦う企業のためのデジタル顧客戦略3ステップ

一貫性のある顧客戦略をどう構築するか。米Forrester Researchが、デジタル顧客体験の管理、エンゲージおよび測定に必要なツールを解説する。

/tt/news/1410/23/news06.jpg
“ふしぎの国のアリス”に名前を呼んでもらえる仕組みとは

Disneyの“夢と魔法の世界”を支えるウェアラブル技術

“魔法のような”体験で世界中の人々を魅了するThe Walt Disney Company。その裏側は、ウェアラブル端末をはじめ、さまざまな技術によって支えられている。

/tt/news/1410/21/news06.jpg
情報ガバナンスをめぐる5つの俗説を検証する【前編】

「Googleがあればどんな情報でも探せる」という俗説をいまだに信じる人

21世紀の情報ガバナンスに関する5つの根強い俗説について専門家が検証する。データ管理プロセスをデジタル時代に合わせて適応させることはそれほど難しくない。

/tt/news/1410/21/news01.jpg
データのリアルタイム転送が武器

ネットワーク帯域の拡大で即応力を強化したレッドブルレーシング

F1チームのレッドブルはAT&Tとのパートナーシップを強化し、ネットワーク帯域を拡大。世界各地のサーキットと工場間でデータをリアルタイムにやりとりし、レース戦略やトラブル対応に活用している。

NEWS

日本医療データセンター、レセプトデータ分析環境を構築――SASを活用

インメモリ型の分析エンジンを用いて、レセプトデータ分析などの医療統計データサービスにおける大量データからタイムリーな検証が可能な環境を構築した。

NEWS

乃木坂46も登場、“IoT”と“ウェアラブル”が熱い「ITpro EXPO 2014」が開催

ビジネスに直結する最新のテクノロジー動向をフォローできる ICTの総合展示会「ITpro EXPO 2014」が開幕。主要なベンダーの展示を中心に、見どころをチェックする。

/tt/news/1410/15/news07.jpg
タブレットの普及でモバイルBIが身近に

“iPadでデータ分析”が日常の風景になるか、その現場力を検証する

現場での意思決定や分析は、モバイルアナリティクスを有益な投資に変える代表的な2つの例だ。その一方で、セキュリティやインフラなど解決すべき課題もある。モバイルBIを導入する際のメリットと課題を紹介する。

/tt/news/1410/15/news01.jpg
Microsoft Azureスマート解説【最終回】

“作る”から“利用する”へ 管理者を多くの作業から解放する「Microsoft Azure」のサービス

「Microsoft Azure」のサービスの中から、ビッグデータ分析基盤「HDInsight」、モバイルバックエンドサービス構築基盤「モバイルサービス」、動画配信基盤「メディアサービス」、統合プッシュ通知サービス「通知ハブ」を紹介する。

/tt/news/1410/10/news02.gif
導入担当者に聞いた

セガの“次のメガヒットゲーム”は現場のデータ分析が生み出す

ゲーム大手のセガは、BIとデータマイニングの各ツールを相次いで導入し、データ分析の環境構築を積極的に進めている。同社のゲームやサービスを遊ぶ利用者の動態をより詳細に分析できるようになった。

/tt/news/1410/10/news01.jpg
パーキンソン病の治療に向けて

ウェアラブルとビッグデータで医療を変えるマイケル・J・フォックス財団とIntel

パーキンソン病患者でもあるマイケル・J・フォックスが立ち上げた財団とIntelが、パーキンソン病の共同研究を行っている。ウェアラブルデバイスとビッグデータ解析が、研究者に貴重なデータを提供している。

/tt/news/1410/03/news01.jpg
ビッグデータで脅威を分析する「ThreatData」公開

世界中で狙われる「Facebook」、そのセキュリティ対策は他社でも役立つ?

企業はセキュリティ対策強化のために、FacebookのThreatDataフレームワークによるセキュリティアナリティクスから何を学べばいいのか。

/tt/news/1410/02/news02.jpg
「Apple Watch」「Google Glass」を何に使う?

キラキラした未来が見えてこないウェアラブル端末、用途はかなり限定的になる?

ウェアラブルコンピューティングでは、USBスティックほどの小さなデバイスを使って、リアルタイムに処理されるデータを収集できる。だが、ウェアラブル端末の大半は単一用途だ。

9 月

/tt/news/1409/22/news05.jpg
摩擦は避けられないが無視もできない

IT部門は「マーケティング」とどう付き合っていくべきか?

2014年9月16〜18日に行われたデジタルマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2014」。数あるセッションの中からIT部門に関係の深いところをリポートする。

/tt/news/1409/19/news03.jpg
モノのインターネットに関する疑問に答える

5分で分かる「IoT」、単なる流行ではないビジネス利用の将来性

「IoT」(モノのインターネット)の出現により、企業のIT担当者はその可能性と対策に関心を寄せていることだろう。本稿では、IoTに関する基本的な疑問に答える。

/tt/news/1409/16/news08.jpg
人間の介在なく製造業の問題を解決

もう人は要らない――決して無視できない「IoT」のインパクト

IoTは製造業にさまざまな影響を与えている。これらの影響は環境にやさしい持続的なビジネス慣行につながる可能性がある。

/tt/news/1409/11/news06.jpg
教育ITキーワード解説

大学が世界で勝ち残る秘策、「大学マーケティング」とは?

米国を中心に、マーケティングを大学の課題解決に生かそうという「大学マーケティング」が広がりつつある。大学マーケティングに注目すべき理由や実現のためのシステムを整理する。

/tt/news/1409/11/news01.jpg
メリット/デメリット、製品動向まで

単なるRAMディスクではない、インメモリデータベース基礎の基礎

メモリにデータを配置して処理するインメモリデータベース。とはいえ、単なるRAMディスクとは全く異なる。インメモリデータベースの活用には、その技術的特性を理解しておく必要がある。

/tt/news/1409/04/news05.jpg
「Google Cloud Dataflow」発表

Googleの新サービス投入で風雲急を告げるビッグデータ分析市場、次の主戦場は?

米Googleが発表したCloud Dataflowは、米Amazonの「Amazon Kinesis」や「Apache Hadoop」を基盤とした他のビッグデータサービスに対する大きな挑戦といえる。

8 月

/tt/news/1408/27/news05.jpg
分析のカリスマから学ぶ

女性が増えると分析力アップ? 精鋭データサイエンスチームを作る7つの教訓

データサイエンティストが習得すべきプログラミング言語は何だろうか。また、彼らにはどのような指導が必要だろうか。チームにもっと女性を参加させるべき理由は何か。これらの疑問を含めた7つの項目に答える。

/tt/news/1408/27/news06.jpg
AWSの2大NoSQLデータベースサービス

「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」――あなたの会社には向いているのはどちら?

「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」は、アプリケーション開発の柔軟性向上とアプリケーション開発時間の短縮を実現する。これらのメリットを最大限に引き出すには、自社のニーズに合ったデータベース環境を選択する必要がある。

/tt/news/1408/12/news03.jpg
自社の評判を知り炎上を防ぐ

Twitterウオッチャーが手放せないモニタリングツール、一番使えるのは?

主としてTwitterをモニタリングしたいと考える企業にとって、「TweetDeck」は有力候補だろうか? それとも他に選択肢はあるだろうか?

/tt/news/1408/11/news06.jpg
「つながり」をビジネスに生かせ

Facebookが重大な関心を寄せる「グラフデータベース」とは何か?

「グラフデータベース」は6次の隔たりをたどって実際のつながりを探し出す。ITチームはこのデータベース技術をどうすればビジネスに生かせるだろうか。

/tt/news/1408/01/news07.jpg
駐車場と情報と販促活動を結ぶと何が起こる?

思いもよらないモノとモノがつながる “コネクテッドシティ”とは?

あらゆるモノがつながる「IoE」の世界では、都市や行政機関の仕組みが大きく変わる。地方自治体や教育機関などの最新事例から、さまざまな先進的な取り組みを紹介する。

7 月

/tt/news/1407/31/news04.jpg
IoTの最新事例を一挙紹介

“スマート歯ブラシ”で虫歯予防? 身近になったIoT

もはやIoTは未来の話ではなく、既に多数の企業が取り組む身近な現象となりつつある。米Amazon.comのCTOが、科学、コンシューマー製品、工業およびスポーツの各分野におけるIoTの取り組みを紹介した。

/tt/news/1407/29/news03.jpg
データ分析のスモールスタートに

低価格で導入しやすいSaaS型「クラウドBI」7選

企業内外に蓄積されたデータを分析・活用し、ビジネス成長に生かしていく機運が高まっている。そんな中、低価格で導入しやすいSaaS型のクラウドBIが充実しつつある。そこで、注目のサービス7種を紹介する。

/tt/news/1407/28/news05.jpg
モバイルテクノロジーによる品質改善(QI)

スマホとタブレットが医療の現場をカイゼンしつつある

医療現場におけるデータの利活用は重要な課題の1つであり、モバイルテクノロジーは医療の品質改善の面からも評価されるべきだ。

/tt/news/1407/22/news08.jpg
ストレージベンダーの取り組みを見る

「モノのインターネット(IoT)」攻略の鍵は“ビッグブラザー”が握る?

「モノのインターネット」が生み出す膨大なデータが、企業のストレージを圧迫している。ストレージを監視してデータ量を抑制しようというストレージベンダー各社の取り組みはIT部門にとって朗報といえそうだ。

/tt/news/1407/17/news05.jpg
直感的な操作性と大規模なデータ処理を実現

BIツール再構築で「花開いた」、東芝のデータ分析基盤とは

東芝 セミコンダクター&ストレージ社はBIツールを再構築し、情報活用を進めている。従来のBIツールが抱えていた課題とシステム刷新による効果について、同社担当者が語った。

/tt/news/1407/17/news03.jpg
バグや失敗をどう解決した?

失敗から成功まで、HDFSでRAIDを利用するFacebookの挑戦

FacebookはHadoop分散ファイルシステムにRAIDを展開して、容量削減を実現した。だが、当初は期待通りに削減できず、データの破損に悩まされた。彼らはいかにして課題を解決したのだろうか。

/tt/news/1407/14/news01.jpg
HTML5&レスポンシブデザイン

利用者ごとに最適化された体験を提供するSilverstoneサーキットのWebサイト

F1イギリスGPの開催地として知られるSilverstoneサーキットは、利用者ごとに最適化された「オーダーメイド体験」を提供するWebサイトを目指していた。同サーキットが採用した技術とは?

6 月

/tt/news/1406/30/news01.jpg
システムリプレース計画も公開

モバイルアプリに注力するスターバックス、POS端末はDOSベースだった

米Starbucksは顧客中心のテクノロジーを掲げてモバイルおよびバックオフィスの刷新を続けている。「店内でより快適な時間を過ごしてもらいたい」と語る同社ティーグル氏の次の戦略は?

NEWS

SAP HANA最新版登場――RHEL対応や分析機能強化、クラウド連携も

SAPジャパンは、「SAP HANA」のサービスパック8(SP8)の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)対応、予測解析機能の強化、クラウド連係などを実現している。

/tt/news/1406/20/news01.jpg
「何から始めればいいのかすら分からない」

1カ月で1億時間分のデータが生成されるeBayのアナリティクス環境構築記

コンピュータが生成するデータ量は1日に50Tバイト。全社では100Pバイトを処理しなければならない。米eBayはこのような、膨大な量のデータ処理という課題に直面している。

/tt/news/1406/19/news08.jpg
データ分析で電話の問い合わせも予測

「夏休みはここに旅行したいでしょ?」、米Expediaがトラベル予測技術を開発

Hotels.comなどの大手旅行サイトを運営する米Expediaは、顧客の行動履歴から旅行プランや旅程の変更といったニーズを予測する技術を開発している。旅行客の行動を先読みすることで、顧客サービスの向上につなげる。

/tt/news/1406/19/news05.jpg
徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第5回】

IoTビジネス成功の鍵と、小さくないハードルとは?

IoTの活用領域は多岐にわたり、その可能性は無限大だ。その一方で、ビジネス活用に向けたハードルや課題もさまざまだ。今回は、IoTのビジネス活用に対するポイントを論じ、本連載の締めくくりとする。

/tt/news/1406/18/news04.jpg
2050年には500億個のモノがネットへ接続

「モノのインターネット」に目の色を変え始めた経営者たち

あらゆるモノをネットにつなげる「モノのインターネット(IoT)」。業務の効率化といったメリットを期待し、IoTに目を付け始めた経営者も少なくない。一方で、普及に当たって越えるべき壁もある。

/tt/news/1406/18/news05.jpg
美術館や映画館などで活用される「ジオフェンス技術」

モバイル位置アプリが進化、屋内でも瞬時にスマホの場所を特定

多くの企業が位置連動型モバイルアプリを使い、顧客との接点を増やしている。空港や大型店舗、美術館、博物館、展示センターなど利用シーンは確実に広がっている。これには、技術の進歩が大きな役割を果たしている。

NEWS

IIJ、ビッグデータを高速処理するDWH向けクラウドDBを提供

IIJは、クラウド型データベースシステム「IIJジオコンポーネントサービスデータベースアドオン」にDWHサービスを追加した。

/tt/news/1406/12/news06.jpg
壊れる前に直してトラブルを未然に防ぐ

ビッグデータで車の故障を予測 アナリティクスで変わる製造業

ビッグデータのビジネス活用が注目されているが、製造業など、ものづくりの分野での活用事例が増えてきている。SAS Institute Japanが開催したイベントの講演を基にデータ活用とアナリティクスの先進事例を紹介する。

/tt/news/1406/11/news01.jpg
顧客が抱えるリスクを分析

ビッグデータ活用で「バンキング2.0」を掲げるスコットランド銀行

Royal Bank of Scotlandは、顧客データを分析して、顧客のサプライチェーンが内包するリスクを評価、提供するサービスを開始した。数Tバイトのデータ分析を可能にしたシステムとは?

NEWS

個別の顧客に最適化したマーケティングを実現、日本オラクルが支援ツールを提供

日本オラクルは、クラウド型マーケティング支援サービス群「Oracle Marketing Cloud」に、クロスチャネルマーケティングを実現する「Oracle Responsys Marketing Cloud Services」を新たに追加した。

/tt/news/1406/10/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

徹底解説:あらゆるモノのつながりが生む「IoT」の新世界

あらゆるモノがインターネットでつながる「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)」の世界がすぐそこまで迫っている。新たなビジネスとなる可能性を秘めたIoT の技術、事例、価値を徹底解説する。

NEWS

気象情報など外部データと自社データを統合分析できるマーケター向けツール

ウイングアーク1stは、マーケティング担当者向けクラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud for DMP」を6月2日に提供開始する。自社データを気象情報や人口統計情報などの外部データと統合して分析することができる。

5 月

/tt/news/1405/30/news10.jpg
「まだ180度くらい」の声も

ソーシャルだけでは不十分、企業が夢想する“360度顧客分析”の実現度

CRMなど既存のマーケティングツールでは顧客を理解できない――そう考える企業が顧客を“360度の視点”で理解できる手法の導入を急いでいる。

/tt/news/1405/27/news01.gif
iPhone、iPadでその場で支払い

イケてるショップの必需品、モバイルPOSの本当の効果とは?

中小小売業でモバイルPOSシステムの人気が高まっている。接客の自由度や効率性を向上することができる。また、店舗イメージなどブランディングにおいても有効だ。

/tt/news/1405/22/news05.jpg
POSデータと現場の声、業務データを横ぐしで分析

メガネ業界で快進撃を続けるJINS、データ活用基盤で経営は“視界良好”

メガネ専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは、POSデータと現場の声、業務データをひも付けるデータ分析システムを2014年4月に構築した。機能性メガネなどで急成長を遂げる同社のデータ活用体制や分析基盤とは。

/tt/news/1405/16/news01.jpg
具体的な戦果は?

不正ソフトをビッグデータ分析で検出、Microsoftのデジタル犯罪対策部門

米Microsoftは、ビッグデータ分析を犯罪防止と対策に活用して成果を挙げている。ビッグデータ分析の可能性と、同社の活動の実際を紹介する。

/tt/news/1405/14/news03.jpg
徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第4回】

製造業からフィットネスまで 事例に学ぶIoT活用の実際

IoTのビジネス活用は、海外の先進企業で取り組みが始まったばかり。しかし、既にさまざまな業界・領域で活用が進んでいる。今回は、その先進事例と今後の展望について取り上げる。

/tt/news/1405/09/news02.jpg
MR約1700人の価値を向上させた情報化戦略

iPadがまるで“コンシェルジュ” 中外製薬のMR活動を支える情報ダッシュボード

中外製薬は、MR(医薬情報担当者)向けにモバイル型情報ダッシュボードを開発・導入した。本稿では、その背景やツールの詳細、今後の可能性について紹介する。

/tt/news/1405/09/news01.jpg
BI活用事例

BIでフォークリフトの運用を最適化するToyotaの車両管理システム

スウェーデンのToyota Material Handling Europeは、フォークリフトの管理システムを開発。物流プロセスの効率化やエネルギー消費量の削減などの用途で活用している。

/tt/news/1405/08/news03.jpg
クラウドバックアップ機能がさらに進化

Microsoft Azure連係で止まらない、SQL Server 2014のクラウド強化ポイント

Microsoft Azureとの連係機能が強化された「Microsoft SQL Server 2014」。災害復旧やバックアップ機能の強化により、ハイブリッドクラウド環境での活用を推進する動きが活発化している。

/tt/news/1405/02/news03.jpg
John Lewis、全部門で年間業績アップ

英国百貨店、モバイルを使った“おもてなし”が売上増の秘訣

英百貨店チェーンは商品のオンライン販売の他に、モバイルデバイスを活用して販売チャネルを多様化させる取り組みを行っている。これによって売り上げの大幅増を達成した。

/tt/news/1405/01/news03.jpg
140万人が使うモバイルアプリで顧客の流れを把握

ネットもリアルも「無印良品」 消費者の心をつかむ良品計画のO2O施策とは

無印良品を展開する良品計画では、モバイルアプリを中核として、ネットストアと実店舗を結ぶ、O2Oの仕組みを構築。ネットとリアルで相互に送客し合う環境や、よりパーソナルなマーケティングを可能にしている。

4 月

/tt/news/1404/22/news06.jpg
大手チェーンストアのマルチチャネル戦略

「モバイルウォレット」に「レシピアプリ」、英国スーパーは生き残るために全てやる

英チェーンストア大手のTescoがマルチチャネル戦略を強力に推し進めている。顧客の購買行動がますます複雑になる中、チャネルやデバイスの間を行き来するシームレスなエクスペリエンス(体験)が重要性を増している。

NEWS

いちよし証券がDWH専用データベースを採用した5つの理由

高速なデータ分析処理という観点で、処理性能やメンテナンス、運用コストなどを考慮してDWH構築に適したデータベースを比較。その結果、DWH専用データベースの採用を決めた。

/tt/news/1404/18/news04.jpg
「スポーツの世界は統計を好む」

野球、バスケチームがデータサイエンティスト確保へ――スポーツデータ分析最前線

一部のプロリーグでは既に、データ分析を意思決定プロセスに取り入れる動きが始まっている。米大リーグやNBAでの取り組みを紹介する。

/tt/news/1404/16/news04.jpg
クレジットカードのセキュリティ基準「PCI DSS」に対応できず

Windows XPサポート終了でPOSシステムが大打撃 カード決済不可が急増か

「Windows XP」サポート終了後も、XPベースの新しいPOSシステムが販売されている。それを使い続けると、クレジット決済の審査に不合格になるなど別の重大なリスクを抱えることになる。

/tt/news/1404/10/news01.jpg
センサーデータは消防活動にも有効

データ統合を果たしたスコットランド消防本部が待望するIoT時代

組織統合により、情報の一元化を迫られたスコットランド消防本部。ETLツールとBIで一元化とアウトプット体制を整備した先にあるのは、モノのインターネットの活用だった。

/tt/news/1404/09/news04.jpg
“倉庫番”としてのスマートデバイス

落下、振動、ホコリ――「iPad」は倉庫管理に耐えられるか

タブレットとスマートフォンは、今やフロントオフィスから製造現場まで、企業のあらゆる場所を変革しつつある。そして、これらのデバイスは徐々にではあるが、確実にモバイル倉庫管理の利便性を高めている。

/tt/news/1404/08/news03.jpg
小売業の売り上げ増加にも貢献

Facebookも真っ青、「グラフ検索」でカード犯罪も“検索”

Facebookの「グラフ検索」は、ユーザーの行動をも反映した強力な検索機能だ。ただし、グラフ検索はFacebookだけのものではない。企業が自前でグラフ検索を実装すれば、さまざまなメリットが得られる。

3 月

/tt/news/1403/31/news02.jpg
徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第3回】

IoTを支える技術と業界構造を整理する

センサー技術や通信技術、情報処理システムなど、モノのインターネット(IoT)を支える技術は多岐にわたる。今回はIoTに関連する技術や業界がどのような構造になっているかを考察する。

/tt/news/1403/18/news04.jpg
ビッグデータを活用する組織の作り方【第2回】

あなたの会社はどの段階? データ分析の進化度を計る4つの組織タイプ

企業でのビッグデータ活用を促進するには、まずBIの定着が必要である。前回の「BI成熟度モデル」に続き、今回は「組織」面に焦点を当て、「情報活用組織の進化」について取り上げる。

/tt/news/1403/05/news04.jpg
乗車中のドライバーに発注内容を直接送って生産性を向上

1日220万個のパンを効率的に配送できるGPSの使い方

GPSと車両追跡・ルート指定システムを活用し、2万の小売店を対象に1日220万個のパンを800台の車両で届けている製パン企業の取り組みを紹介する。

2 月

/tt/news/1402/27/news06.jpg
徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第2回】

データの海に溺れない IoT時代に求められるビッグデータ活用の在り方

「モノのインターネット」(IoT)が浸透することで、ビッグデータの本格的な活用が始まる。IoT時代には、どういったデータ分析やアナリティクスが求められるのか。また、増大するリスクを考慮する必要がある。

/tt/news/1402/26/news02.jpg
「干し草の中から針を探すような作業」を効率化

従業員による盗難防止にビッグデータ活用、そんな企業が増えている

小売業者などでは、現金や商品の盗難/紛失の問題が発生することがある。ある外食企業では、ビッグデータマイニングを活用し、この問題に対応している。

/tt/news/1402/25/news01.jpg
Webサイトのない企業も検索可能

Googleを超える企業検索サービスはいかにして生まれたのか

カナダのYellow Pagesは、印刷ベースの電話帳を編集していたころに収集したデータを再利用して、カナダで最も正確な業務用検索エンジンを構築しようとしている。

/tt/news/1402/13/news08.gif
顧客の70%が実店舗でアドバイスを受けたい

iPad活用でAmazonとの差別化を図る大手スーパーの秘策

多くの企業が厳しい経営環境にある小売業界。Amazonや通販サイトとの差別化を図るためiPadや大型タッチスクリーンディスプレーを採用し、実店舗ならではの接客サービスで生き残りを図る企業が現れた。

/tt/news/1402/07/news02.jpg
病院経営支援システム紹介:エム・アイ・ファシリティズ

中小病院の経営改善を支援するWebサービス「MI BOARD」

病院の機能分化の推進などで、中小規模の病院の多くが経営方針の決断や効果的な施策の実施を求められている。エム・アイ・ファシリティズの「MI BOARD」は、そうした病院の経営管理部門を支援するサービスだ。

/tt/news/1402/05/news04.jpg
「ホリデーITロックダウン」は改めるべき

セール中はセキュリティ対策を後回し 小売業界の危ない慣習とは

小売業者の多くは総力を挙げるセール期間中、情報セキュリティ対策をないがしろにしたり、無視したりすることさえあるという。パフォーマンス向上のためにセキュリティを犠牲にするという考えは改めるべきだ。

1 月

/tt/news/1401/30/news05.jpg
顧客をつかみ、離さないためのマーケティングキャンペーン事例集

「やりすぎ」で失敗しないためのマーケティングキャンペーン成功のコツ

消費者と良好な関係を築くには、マーケティング分析ツールを用いて、顧客理解を深めることが有用だ。だが、顧客のイメージを具体的に描き、キャンペーン精度を高めるには、ちょっとしたコツが必要だ。

/tt/news/1401/29/news07.jpg
ビッグデータの熱狂から本格利用へ

「機械学習」とは? データ分析技術に関連する12の大胆予測

ビッグデータ活用の専門家である「データサイエンティスト」が脚光を浴び、その人材不足が指摘されている。また、ある専門家はビッグデータ解析チームに弁護士を雇う企業が今後増えると予測している。その理由とは?

/tt/news/1401/24/news08.jpg
徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第1回】

モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る

昨今、次のICTのテーマとして「モノのインターネット」(IoT)が話題となるケースが増えている。モノ同士が連携する新しい世界観として注目される本テーマについて、その概要と可能性に触れていきたい。

/tt/news/1401/23/news02.jpg
ビッグデータを活用する組織の作り方【第1回】

今すぐ調べたい「BI成熟度」 ビッグデータ活用の体制は整っているか?

企業内におけるビッグデータ活用を促進するには、まずBIが定着している必要がある。今回はその「BI成熟度モデル」の概要を紹介する。

/tt/news/1401/21/news03.jpg
スロースタートが奏功し、データ活用が浸透

オープン化が契機となったデータ活用 京阪百貨店の取り組みとは

京阪百貨店は、基幹系システムをオープン化することで、データ活用の道を切り開いた。また最近では、カラム型DBを導入することで、データ量の増大にも対応し、活用の幅を広げている。

/tt/news/1401/21/news01.jpg
「質の高い言及を集める方が良い」

ビッグデータは量から質へ、ゲイツ財団が進めるソーシャルメディア分析

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、米Salesforce.comのRadian6を活用してソーシャルメディアを通じた財団の活動促進を図っている。

/tt/news/1401/20/news07.jpg
関連企業とのWin-Winの関係作りが重要

徹底入門:小売業で大切なバリューチェーン最適化 そのポイントとは?

小売業を支えるバリューチェーン。そこでは、顧客情報や商品情報などさまざまなデータが日々蓄積されている。そうしたデータを適切に管理、活用することで、バリューチェーンの効率化と利益の増大へとつながる。

/tt/news/1401/17/news03.jpg
Hadoopを使って「大容量」「高速」を実現

佐川急便の荷物は年間13億件 そのビッグデータ処理技術とは

佐川急便を中核とするSGHグループでは、1日350万、1年13億件もの荷物に関わる膨大な運輸データを扱っている。このビッグデータを、どのように収集・管理し、活用しているのか。講演内容を中心に紹介する。

/tt/news/1401/17/news01.jpg
クラウド化でHAも現実的に

一般企業でも構築できる、ハイパフォーマンスコンピューティングのススメ

最近まで、ハイパフォーマンスコンピューティングシステムは科学者など専門家だけのものだった。だが、今では多くの一般企業も利用し始めている。

/tt/news/1401/16/news05.jpg
2020年にはネット接続端末が300億台を超える

GoogleのNest買収は「モノのインターネット(IoT)」への賭け

GoogleによるNest Labs買収の背景には、「モノのインターネット:Internet of Things」に対する大きな期待がある。この動きにより、IoT市場はますます勢いづくことになるだろう。

/tt/news/1401/16/news04.jpg
顧客体験の個別化が進む小売業界

eコマースの将来を握る技術要素とは

eコマースに関連する機能や技術は急速に進化している。モバイルや位置情報、ソーシャルネットワークなどをうまく活用することで、ターゲットを細かく絞った顧客体験を提供し、新たな商機を生み出すことができる。

/tt/news/1401/06/news03.jpg
アナリティクスで価格競争以外の道を切り開く

ポイントカードはもう古い? ソーシャル時代の小売業“サバイバル術”

消費者はかつてないほど多くの情報を手にしている。口コミ情報などが飛び交うソーシャルメディアも存在感を増している。流通・小売業は今、こうした流れにどう向き合えばいいのだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...