利用者ごとに最適化された体験を提供するSilverstoneサーキットのWebサイトHTML5&レスポンシブデザイン

F1イギリスGPの開催地として知られるSilverstoneサーキットは、利用者ごとに最適化された「オーダーメイド体験」を提供するWebサイトを目指していた。同サーキットが採用した技術とは?

2014年07月14日 08時00分 公開
[Clare McDonald,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英Silverstoneサーキットは1940年代に放棄された飛行場に建設されて以来、英国自動車レースの中心地となっている。

 2014年、同サーキットはF1世界選手権イギリスグランプリの当地50回目の開催を祝し、一度に数千人もの観客を招待する。招待客はレース当日、サーキット到着前にチケットを購入する。Silverstoneは、この購入方法を大幅に強化した。

Computer Weekly日本語版 7月2日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 7月2日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


観客へのサービス

 観客がサーキットにいるときだけでなく、レース開催当日までの間も優れたサービスを受けられるように、Silverstoneはチケットの購入手段の提供を英Advanced TicketingのTALENTスポーツソリューションに依頼した。

 サーキットはレースのチケット販売の他に、一年中客足が止まらないようにカンファレンスなどのイベントも開催している。

 「Webサイトのフロントエンドには2つの機能がある。半分は利用者にイベントの予定などを伝える至って普通のWebサイトだ。もう半分がチケットの販売だ。分かりやすく、あらゆるデバイスから購入できることを希望していた」と、SilverstoneのCIOミカエラ・ロビンズ氏は話す。

 Advanced Ticketingは、これまでにレスター・タイガースやウスター・ウォーリアーズといったラグビークラブ、リバプールやリーズ・ユナイテッドといったサッカークラブ、チェスター競馬場など、多数のスポーツクラブや競技場にサービスを提供しており、Silverstoneシステムにもそのノウハウを生かすことができる。

 「スポーツが当社事業の中心だ。顧客ベースは多岐にわたり、リバプールやエバートンといったプレミアリーグのサッカークラブにも多数サービスを提供している。サッカーリーグに所属するクラブの約20%が当社のテクノロジーを利用している」と、同社の管理部長マーク・デウェル氏は述べている。

利用者のプロフィール

 Silverstoneは、それぞれの利用者に合わせた個人向けのチケット購入プロセスも求めていた。

 Advanced Ticketingは、利用者がSilverstoneのWebサイトを利用しているときに、利用者のデータを使ってその利用者に合わせたオーダーメイドの体験を提供したいというSilverstoneのニーズを理解した。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...