2014年09月16日 12時00分 公開
特集/連載

もう人は要らない――決して無視できない「IoT」のインパクト人間の介在なく製造業の問題を解決

IoTは製造業にさまざまな影響を与えている。これらの影響は環境にやさしい持続的なビジネス慣行につながる可能性がある。

[Tony Kontzer,TechTarget]

 センサーを利用して製造設備や生産環境を監視するのは、決して新しい手法ではない。だがこれらのセンサーを使って設備間で通信を行い、プラントやエネルギーを管理するアプリケーションにデータを自動的に供給するという手法は、製造分野の新たなフロンティアの1つである。

 そこで活躍するのが、機器や装置がインターネットを通じて各種の問題に事前に対処できるパラダイムを創出する「IoT(モノのインターネット)」である。この世界では、従来よりもはるかに迅速かつ詳細に問題を特定できるだけでなく、人間の介在なしに問題が修正される場合も少なくない。専門家によると、IoTがサプライチェーンに与えるインパクトは無視できないという。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...