2014年03月31日 08時00分 公開
特集/連載

IoTを支える技術と業界構造を整理する徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第3回】

センサー技術や通信技術、情報処理システムなど、モノのインターネット(IoT)を支える技術は多岐にわたる。今回はIoTに関連する技術や業界がどのような構造になっているかを考察する。

[水上 晃,デロイト トーマツコンサルティング]

 前回(関連記事:データの海に溺れない IoT時代に求められるビッグデータ活用の在り方)までは、「モノのインターネット」(Internet of Things:IoT)の概要と価値創造の源泉となり得るアナリティクスについて考察した。今回はIoTを支える技術や業界がどのような構造になっているかを解説する。

1.M2Mを支える技術と複雑なベンダー構造

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。