2014年09月22日 12時00分 公開
特集/連載

IT部門は「マーケティング」とどう付き合っていくべきか?摩擦は避けられないが無視もできない

2014年9月16〜18日に行われたデジタルマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2014」。数あるセッションの中からIT部門に関係の深いところをリポートする。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 ad(広告)+テクノロジーが交差する領域における最先端の情報を発信する場として全世界11都市で開催されている「ad:tech(アドテック)」は、デジタルマーケティング業界における最も大きなイベントの1つだ。

 インターネットを中心に、膨大な数のメディアが増殖するようになった昨今、企業と消費者との接点は無数に広がっている。広告1つ取っても、「枠から人へ」などといわれるように、テレビCMや新聞など固定された広告枠へ出稿から、リスティング広告(※1)のように、より個人の属性やコンテクスト(文脈)に最適化された配信形態に重きが置かれるようになっている。

(※1)指定したキーワードにマッチした広告を表示させる仕組み。検索連動型とコンテンツ連動型がある。

 デジタルを前提するマーケティングは、より「データドリブン」な方向に向かう。とすると、これまでのように部門ごとに閉じた形ではいられなくなる。また、そこにITの関与も不可欠になってくるだろう。ad:tech tokyo 2014から、2014年9月18日に開催された「デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは」のセッションをリポートしつつ、デジタルマーケティングとITのこれからを考察してみたい。

部門縦割りのマーケティングの弊害

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...