2014年06月10日 13時00分 公開
ニュース

個別の顧客に最適化したマーケティングを実現、日本オラクルが支援ツールを提供NEWS

日本オラクルは、クラウド型マーケティング支援サービス群「Oracle Marketing Cloud」に、クロスチャネルマーケティングを実現する「Oracle Responsys Marketing Cloud Services」を新たに追加した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 日本オラクルは2014年6月9日、マーケティング支援サービスを包括的にそろえたクラウド型サービス群「Oracle Marketing Cloud」を拡充。その新たなサービスとして、複数のマーケティングチャネルを組み合わせ、顧客の行動に合わせて適切なマーケティング施策を自動実行する「クロスチャネルマーケティング」を実現する「Oracle Responsys Marketing Cloud Services」の提供開始を発表した。

 Oracle Marketing Cloudは、クラウド型マーケティングオートメーションツール「Oracle Eloqua Marketing Cloud Service」、ソーシャルメディアチャネルにおける顧客との関係を管理、強化するためのクラウドサービス「Oracle Social Cloud」で構成される。顧客データを集約してターゲット顧客の興味・関心に合わせた適切なメッセージを届けるなど高精度なマーケティングプログラムを設計する機能を提供している。ここに新たに「Oracle Responsys Marketing Cloud Services」(以下、Oracle Responsys)を追加。メール、モバイル、ソーシャル、ディスプレー広告など細分化したチャネルを統合し、コンテンツ制作から配信するタイミングを決めるシナリオ作成まで個別の顧客に最適化。さらには配信先リストの抽出、メール配信、データ分析、顧客データ統合などを実現するという。

 Oracle Responsysは、以下の4つの機能を持つ。

  • Responsys Program:顧客プロファイルとWebサイトの訪問履歴などの行動データを基盤に、顧客別に最適なシナリオを設計
  • Responsys Campaign:複数のチャネル向けメッセージを直感的なユーザーインタフェースで容易に作成し、個別の顧客に適した精度の高いコンテンツを設定
  • Responsys Insight:マーケティング活動を改善するために必要な豊富なリポーティング機能を提供
  • Responsys Connect : IT部門の手を借りずに必要なデータを取得

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。