2014年06月03日 20時25分 公開
ニュース

撮影も録音も不要、しゃべるアバター動画広告作成サービス提供開始NEWS

ソフトバンクコマース&サービスは、アバターと音声合成を組み合わせて動画広告を作成するサービス「PIP-Maker for アドバタイズメント」と「PIP-Maker for マーケティング」を2014年6月2日に提供開始した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 「PIP-Maker for アドバタイズメント」は、「Microsoft PowerPoint」で作成したスライド素材を利用し、15〜30秒の動画が簡単に作成できるサービスだ。PowerPointスライドの「ノート」欄に入力されたテキストを音声合成し、動画内のアバターが読み上げる。撮影・録音の必要がなく、出演者やスタジオの手配、機材調達など動画制作に関するコストを大幅に低減できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...