2014年06月02日 21時40分 UPDATE
ニュース

NEWS気象情報など外部データと自社データを統合分析できるマーケター向けツール

ウイングアーク1stは、マーケティング担当者向けクラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud for DMP」を6月2日に提供開始する。自社データを気象情報や人口統計情報などの外部データと統合して分析することができる。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 企業がマーケティング活動の最適化とROIの最大化を図るために構築したデータ集約基盤である「プライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)」。「MotionBoard Cloud for DMP」は、このプライベートDMPを運用し、各種マーケティングデータを一元的に管理できる環境を構築している企業のマーケティング担当者向けのツールだ。インターネット広告や各種メディアでの宣伝広告活動、顧客優良化のためのキャンペーン施策効果などを、表現力豊かなマーケティングダッシュボードに可視化する機能を持つ。これを使うことで、マーケティング担当者がコンサルタントや社内IT部門に依存することなく、自らデータを集計・分析することができるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news097.jpg

商談内容を音声解析して営業効率化支援、博報堂DYホールディングスがシステム開発
博報堂DYホールディングスは、営業活動の状況を音声解析で把握するシステム「CONOOTO」...

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...