57.1%の企業でデータサイエンティストが不在マーケティングのデータ活用に関するアンケート調査

企業においてマーケティングのデータ分析状況はどこまで進んでいるのか? データ分析製品/サービスの導入状況、データサイエンティストの活動実態などを読者に聞いた。

2013年10月17日 08時05分 公開
[ITmedia マーケティング]

 ITmedia マーケティングとTechTargetジャパンは9月9日から25日にかけて、ITmedia マーケティング会員および、TechTargetジャパン会員を対象に「マーケティングのデータ活用に関するアンケート調査」を実施した。企業におけるデータ分析ツールの活用状況やデータサイエンティストの活動実態などが明らかとなった。本稿では、アンケート調査を元に、企業のマーケティングにおけるデータ活用の現状を紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。

目的:マーケティングのデータ活用に関する課題や検討状況、製品選定のポイントなどを聞くため

方法:Webによるアンケート

調査対象:ITmedia マーケティング会員、TechTargetジャパン会員

調査期間:2013年9月9日(月)〜9月25日(水)

総回答数:170件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


現状、データ分析業務で活用しているツールの多くはMicrosoft Excel

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...