2014年05月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「まだ180度くらい」の声もソーシャルだけでは不十分、企業が夢想する“360度顧客分析”の実現度

CRMなど既存のマーケティングツールでは顧客を理解できない――そう考える企業が顧客を“360度の視点”で理解できる手法の導入を急いでいる。

[David J. Wallace,TechTarget]
ik_tt_crm01.jpg

 このところ、IT幹部の間では、競争相手や顧客を“360度の視点”で理解することによって、売り上げグラフを右肩上がりの天井知らずに伸ばそうという夢のような理想が追い求められている。だが多くの企業では、360度の視点という聖杯を手に入れるのに必要なデータ管理の効果的な実践方法やアナリティクス(分析方法論)のノウハウが不足している。

 「まだ現実には至っていない」と、オンラインマーケティングを専門とする米Constant Contactのマーケティング担当上級副社長クリス・リットスター氏は語る。同氏は、マーケティングオートメーションの現状を論じ、「360度の視点を獲得するのに必要な大量のリポーティングやアナリティクス、考察を扱うためのデータガバナンスとデータ管理が、多くの企業ではまだ欠如している」と言う。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...