過去記事一覧 (2012 年)

12 月

/tt/news/1212/27/news05.jpg
TechTargetジャパン プレミアムレビュー

ビッグデータを活用できない本当の理由

「情シスの社内プレゼンス向上に役立つ情報」をお届けする「TechTargetジャパン プレミアム」。今回は、ビッグデータ活用の課題を探った、『キーマンに聞く、ビッグデータ活用の条件』を紹介する。

/tt/news/1212/27/news03.jpg
データクレンジング製品紹介: SAS Institute Japan編

操作性/管理性重視のクレンジングツール「SAS Data Management」

設定や運用を簡単にして、現場の従業員が難なく使えるデータクレンジングツールを目指す。こうした思想を具現化したのが、SAS Institute Japanの「SAS Data Management」だ。

/tt/news/1212/19/news06.jpg
モバイルアプリでデータを収集

オバマ大統領を再選させた「ビッグデータ分析」の衝撃

2012年の米国大統領選ではオバマ氏、ロムニー氏の両陣営がモバイルアプリケーションを使って大量のデータを収集し、選挙活動に生かした。政治の世界に浸透し始めたビッグデータ分析から企業が学べることとは。

/tt/news/1212/18/news03.jpg
ホワイトペーパーレビュー

ソーシャル活用の壁と実践ノウハウが分かる3つのホワイトペーパー

ソーシャルメディアの企業活用に課題を抱える企業は少なくない。現状の課題と、有効活用するためのポイントをまとめたホワイトペーパーを3本紹介する。

/tt/news/1212/13/news03.jpg
提供開始は2014年以降か

次期SQL Serverに搭載されるインメモリ機能「Hekaton」の実力は?

大量データの高速処理が求められる企業に向けて、米Microsoftは次期SQL Serverにインメモリデータベース機能「Hekaton」を搭載する。どのくらいの処理速度の向上が見込めるのだろうか。

/tt/news/1212/12/news01.jpg
総点検: SMBのためのBI活用【第2回】

【市場動向】中堅・中小企業が支持するBI製品はどれだ?

中堅・中小企業は、どういったBI製品を支持しているのだろうか。各製品が支持されるポイントとは何か。ノークリサーチの調査結果を基に、こうした疑問を解き明かす。

/tt/news/1212/10/news08.jpg
使えるビッグデータを買う時代が到来?

ビッグデータ活用に満足な企業は6%――米CompTIA調査

「幹部がビッグデータを理解できていない」「データを単一のビューで参照できない」「そもそも使えるデータがない」。幾多のハードルが、ビッグデータ活用を難しくする。

/tt/news/1212/06/news04.jpg
オープンソースベースのツールも登場

【製品動向】低価格化や辞書充実が進む「データクレンジング/名寄せ」

データの不備や重複を解消する「データクレンジング/名寄せ製品」。OSS化などで導入のハードルを下げたり、分析機能を追加するといった動きがある。最新動向をまとめた。

11 月

/tt/news/1211/28/news06.gif
ライバル追随のための時間稼ぎか

iOS/Android版Officeは編集不可? Microsoftの狙いは

2013年春に提供される見通しのiOS/Android版Microsoft Officeは、単体ではファイルの作成や編集ができないという。背景には、ライバル打倒を目指す米Microsoftの意向がある。

/tt/news/1211/27/news02.jpg
国産BIを「指名買い」、過去の成功体験がきっかけに

【事例】老舗茶屋「伊藤久右衛門」がBI導入、その選定理由は?

業務システムのパフォーマンス向上策として、BI製品「Dr.Sum EA」を導入した伊藤久右衛門。選定の背景には、情報システム責任者の前職での成功経験があったという。

/tt/news/1211/26/news08.jpg
PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第4回】

PayPalが明かす、非構造化データ活用に必要な3つの要素

米PayPalが抱えるデータの99.9%は、テキストや画像などの非構造化データだという。同社の主席データサイエンティストが、非構造化データ活用の際に重要になる要素を示す。

/tt/news/1211/19/news04.jpg
テキストマイニング製品紹介【第1回】クオリカ編

“間違った日本語”も解析可能、辞書更新不要の「VextMiner」

話し言葉など文法無視の日本語であっても解析したい。形態素解析に利用する辞書更新の手間を省きたい。こうした課題を解決するテキストマイニング製品が「VextMiner」だ。

/tt/news/1211/14/news02.jpg
総点検: SMBのためのBI活用【第1回】

【導入効果】未来予測に進む「BI」、中堅・中小企業のメリットは?

ビジネスインテリジェンス(BI)に対するニーズの拡大に呼応し、BI製品の多様化が進む。こうした動きが、中堅・中小企業のデータ活用に関する課題をどう解決するかを示す。

/tt/news/1211/08/news03.jpg
PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第3回】

PayPalも活用、消費を伸ばす「トランザクションデータ」

取引情報が詰まったトランザクションデータこそが、コンシューマーの購買行動を予想する上での「最強のシグナル」となる。米PayPalの主席サイエンティストは、こう主張する。

/tt/news/1211/06/news03.jpg
企業と教育機関との橋渡し役に

ビッグデータ人材の確保には「最高分析責任者」が必要

「革命的出来事」とも評されるビッグデータ時代の到来。ただし、ビッグデータを企業活動に生かすには、「最高分析責任者(CAO)」が必要だと専門家は指摘する。その役割とは?

/tt/news/1211/05/news04.jpg
ホワイトペーパーレビュー

帳票システムを生かすコツが分かる3つのホワイトペーパー

日々の業務遂行に欠かせない帳票。その作成や管理に役立つのが「帳票システム」だ。本稿では、帳票システムの選定や活用に役立つ3つのホワイトペーパーを紹介する。

/tt/news/1211/01/news05.jpg
PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第2回】

PayPalも苦慮、ビッグデータツールはなぜ使えないのか

ビッグデータを活用しようと思っても、適切なツールが見つからない。米PayPalの主席データサイエンティストは、データ活用ニーズの多様化がその背景にあると指摘する。

10 月

/tt/news/1210/30/news02.jpg
エコシステムの充実が採用を後押し

【事例】じゃらん、ゼクシィにも活用、リクルートはなぜ「Hadoop」を使う?

Hadoopの活用を「ほぼ全事業」に広げる勢いのリクルートグループ。同グループは、Hadoopの何に魅力を感じたのか。システム構築を担うリクルートテクノロジーズの担当者に聞いた。

/tt/news/1210/26/news04.jpg
PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第1回】

PayPalも苦戦? ビッグデータ活用で解くべき2大課題

ビッグデータ活用に当たり、企業のCIOは「かなり苦戦する」。大量の取引データを顧客分析に生かす、米PayPalの主席データサイエンティストはこう語る。その理由とは?

/tt/news/1210/25/news01.jpg
つぶやき分析や大規模テキスト処理が可能に

【製品動向】ソーシャルやビッグデータで変わる「テキストマイニング」

ソーシャルメディアから顧客の声を探りたい。大規模テキストを高速に解析したい。こうした声に応えて、テキストマイニング製品は着実に進化している。最新動向をまとめた。

/tt/news/1210/18/news04.jpg
データ分析ソフトウェア導入率は7割以上だが

現場で役に立たない? 医療データ予測分析の「理想と現実」

米国の医療機関のCIO 90人に実施した調査によると、データ分析ソフトウェアの導入率は7割を超えているものの、その多くが将来予測ではなく、後ろ向きなデータの追跡に費やされていることが分かった。

/tt/news/1210/15/news01.jpg
ホワイトペーパーレビュー

“古いNotes”の対処法が分かる3つのホワイトペーパー

長期間使い続けたLotus Notes/Dominoから、他のシステムへと移行したい。バージョンアップを効率的に進めたい。こうした課題の解決に役立つ3つのホワイトペーパーを紹介する。

/tt/news/1210/12/news02.jpg
信頼性を高めるには最長7年の開発が必要

Facebook、Twitter分析ツールの「不都合な真実」

顧客の指向を理解して潜在的な問題を発見するために、多くの組織がソーシャルメディア分析に取り組んでいる。しかしまだ科学的に不正確な部分も多いという「不都合な真実」を指摘する声がある。

/tt/news/1210/09/news07.jpg
分析だけでなく「予測」にも踏み込む

NASAが研究、旅客の命を守る「テキスト・音声分析」

事故による死者をいかに減らすか。米航空宇宙局(NASA)は、旅客機の運航で得たさまざまなデータを生かし、空の安全性を高めようと知恵を絞る。その取り組みを追った。

/tt/news/1210/04/news03.jpg
中堅・中小企業のBI導入意向に関する調査リポート

Excel最大の課題は「パフォーマンス」 中堅・中小企業が導入したいBI製品は?

中堅・中小企業では分析やデータ活用業務でどのような課題を抱えているだろうか。導入検討中のBI製品や活用したいデータ、BI分野で注目しているテクノロジーなどの調査結果をリポートする。

/tt/news/1210/01/news03.jpg
データ量はビッグデータの本質ではない

ビッグデータを生かすコツは「管理」でなく「分析」にあり

大量のデータをどう保存し、管理するか――。データ量のみを意識したこうした議論にとどまっていては、ビッグデータを生かすことはできない。重要なのは「分析」の視点だ。

9 月

/tt/news/1209/28/news02.gif
間に合わなかったOffice 2013

詳細が明らかになったOffice 2013 RTの提供方法と機能

Office 2013 for Windows RTの正式版提供予定とx86/x64版との違いについて、Microsoftが一部詳細を明らかにした。

/tt/news/1209/28/news04.jpg
利用活性化のためにIT部門ができること

SNSやコラボレーションツールの企業導入、成功の秘訣

「導入してもなかなか社員が利用しない」。これは、社内SNSやコラボレーションツールを利用する上での大きな課題だ。利用を促進させるために必要な要素や施策を、識者に聞いた。

/tt/news/1209/27/news07.jpg
多要素認証の利用やポリシー教育の徹底を

FacebookやTwitterを危険にする「パスワード使い回し」

マーケティングなどでの企業利用が進むソーシャルメディア。ただし、セキュリティ意識が希薄なままでのソーシャルメディア利用は大きなリスクを招く。現状の課題と対策を追った。

/tt/news/1209/26/news03.jpg
ストレージを切り離して考えるべからず

ユーザー企業調査にみるビッグデータ対応インフラの要件

米ESGの調査によると、ITおよびビジネスの重要な課題としてビッグデータ処理を挙げる企業が増えていることが分かった。同調査を基にビッグデータがもたらしたITインフラへの影響を示す。

/tt/news/1209/24/news03.jpg
ユーザーの思考を根本から切り替えるには

FedExの社内コラボレーションシステム担当者に聞くゲーミフィケーション活用

FedExでは30万人の従業員が活用する新しいソーシャルコラボレーションプラットフォームの立ち上げに、ゲーミフィケーションを活用したという。システム構築担当者が活用の勘所を語る。

/tt/news/1209/21/news04.jpg
100〜1000人で利用したら幾ら掛かる?

【徹底比較】クラウド型グループウェア4サービスのライセンス費用

「Google Apps」「サイボウズOffice on cybozu.com」「Garoon on cybozu.com」「desknet’s on Cloud」のライセンス費用をまとめるとともに、ユーザー数に応じたライセンス費用を比較する。

/tt/news/1209/06/news01.jpg
BI製品紹介:アクチュエイトジャパン

コマーシャルOSSのBI「ActuateOne」はリポート表現力で現場のデータ活用を支援

Eclipseファンデーションの中でトッププロジェクトの1つに位置付けられているリポーティングツールの「Eclipse BIRT」。その商用版である「ActuateOne」を紹介する。

8 月

/tt/news/1208/30/news02.jpg
ホワイトペーパーレビュー

ビッグデータの活用方法が分かる3つのホワイトペーパー

日本企業のビッグデータ活用事例が紹介され始めている。先進企業はどのようにビッグデータを活用しているのか。またビッグデータを活用する上でIT部門が考慮すべきことは何か。役立つホワイトペーパーを紹介する。

/tt/news/1208/10/news02.gif
Microsoftのリリース戦略が破綻か

Office 2013はWindows 8のリリースに間に合わない?

Windows 8およびWindowsタブレットの競争力向上とビジネスiPadユーザーの取り込みの鍵になるとみられているOffice 2013。そのリリース時期が2013年になるという臆測が流れ始めている。

/tt/news/1208/06/news03.jpg
ビッグデータ活用のためのBIシナリオ【後編】

【事例】「意思決定に貢献する」データ活用法とビッグデータ活用に必要なスキル

ビッグデータブームに惑わされることなく、自社のデータ分析を成功に導くためにはどうすればいいか。求められるデータ活用手法の視点とスキルをガートナーの講演を基に紹介する。

7 月

/tt/news/1207/27/news09.jpg
ビッグデータ活用のためのBIシナリオ【前編】

【市場動向】企業システムの変遷に見るビッグデータ潮流の背景

なぜこれほどまでにビッグデータとそれを取り巻くテクノロジーが注目を集めているのか。ビッグデータ潮流の背景と、今現在企業が活用したいデータ、ビッグデータへの期待をガートナーの講演を基にまとめる。

/tt/news/1207/20/news03.jpg
不正Webサイトを1日約9500件遮断、誤検知はほぼなし

GoogleのSEO攻撃対策「Safe Browsing」は効いたのか

不正Webサイトを検索結果の上位に表示させ、マルウェア感染などを図る検索エンジンポイズニング。その対策として米Googleが2007年に開始した「Google Safe Browsing」の効果を検証する。

/tt/news/1207/19/news02.jpg
アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例

【事例】住宅情報サイト「SUUMO」が教えるWebサイトKPI達成施策の選び方

企業はWebサイトの効果をどのような数値を用いて分析すべきか。また、WebサイトのKPIを達成するための施策は何を基準に決めるべきか。住宅情報サイト「SUUMO」には、施策決定の指標にしている4つのポイントがある。

/tt/news/1207/18/news03.jpg
クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第2回】

ビッグデータは世の中を変えるか?

ビッグデータとはインフラストラクチャ、つまり公共財として整備されるべきオープンなものであるべきだ。ビッグデータ活用を推し進める上で乗り越えるべき課題とは何か。ビッグデータの定義と事例、今後の課題を解説する。

/tt/news/1207/17/news01.gif
狙いはSharePointとDynamicsのソーシャル機能か?

MicrosoftのYammer買収は何を意味するのか

MicrosoftのYammer買収は、SharePoin Serverの利便性向上、Salesforce.com対抗、Google Docs対抗などさまざまな意味を持つ。Microsoftはソーシャル対応を加速できるか。

/tt/news/1207/13/news05.jpg
リモートコラボレーション実現の一手

「悪名高い」SharePointを快適にするWebコンテンツ最適化技術

Webベースのファイル共有ソフトウェアやコラボレーションソフトウェアが普及する中で、アクセス環境によるパフォーマンスが気になる人は多いだろう。SharePoint Serverを例にWebコンテンツ最適化技術の効果を解説する。

/tt/news/1207/10/news03.gif
米Gartner調査にみるBI投資動向

【市場動向】2011年はBI、分析、業績管理市場が16.4%成長、トップベンダーはSAP

米Gartnerの調査によると、BIプラットフォーム、分析アプリケーション、業績管理ソフトウェア市場は2011年に122億ドルに達したという。同社アナリストにBI市場の現状、今後の予測を聞いた。

/tt/news/1207/09/news05.gif
導入を考える「気の早い」企業のために

Office 15の新機能と導入時に検討すべき3つのポイント

ようやくOffice 2010に慣れてきたのに……。確かにそう思うが、Office 15の機能は気になる。リークされた情報から分かったこと、現時点で考えられるOffice 15導入時に検討すべきポイントをまとめよう。

/tt/news/1207/06/news04.jpg
グループウェアに関する読者調査結果リポート

グループウェアユーザーの56.1%が導入製品に不満を感じている事実

読者調査では、実に過半数のグループウェアユーザーが導入製品/サービスに不満を抱えていることが分かった。グループウェアユーザーは現在どのような課題を抱えているのか。

/tt/news/1207/05/news08.gif
どちらの選択肢も一長一短

中堅・中小企業のBI導入はパッケージか、それとも自社開発か

中堅・中小企業の場合、パッケージ化されたBI製品と、ExcelアドオンなどでBIを自社開発するのとどちらがよいだろうか。どの選択肢にも一長一短があるため、それぞれの長所と短所を見極め、的確な決断を下したい。

/tt/news/1207/03/news04.jpg
ビッグデータから価値を生み出すには

ビッグデータプロジェクトの成功にはHadoopだけでは不十分

多くの事例が紹介され、さらに注目が集まるビッグデータ活用。その成功のためにはデータの連係や仮想化、セルフサービス型分析、マスターデータ管理に関する戦略も考慮する必要がある。

6 月

/tt/news/1206/28/news06.gif
DB専用サーバ仮想化の注意点

SQL Serverの仮想化が最良の選択とはならない3つのケース

仮想化のメリットは既に周知の事実だが、集計・分析用途のシステムを仮想化する際には十分注意が必要だ。Microsoft SQL Serverを例に、仮想化が必ずしも正解とはならない3つのケースを紹介する。

/tt/news/1206/26/news04.jpg
自社固有のニーズとリスクの許容を踏まえて選ぶべし

中堅・中小企業のためのクラウドBI選びの注意点

まだ新しい市場なだけに、クラウドBIは慎重に選ぶ必要がある。他のクラウドサービス同様に注意すべきポイント、BIならではの気を付けたいポイントをまとめる。

/tt/news/1206/22/news02.gif
MicrosoftはWindows 8のローンチに集中

10月リリース予定のOffice 15、iOS/Android OS対応版は戦略変更?

iOS/Android OS対応版の開発も順調(ほぼ完成?)とウワサされるOffice 15だが、Windows 8の優位性を重視するMicrosoftは方針を転換したようだ。iOS/Android OS版Office 15の明日はどっちだ?

/tt/news/1206/22/news03.jpg
アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例

【事例】Webサイト価値ランキング1位、ANAのWeb分析戦略

日本ブランド戦略研究所が発表した「Webサイト価値ランキング2011」で1位を獲得したANAのWebサイト。同社はWebサイト、スマートフォン対応、ソーシャルメディア活用にどのような戦略で挑んでいるのか。

/tt/news/1206/18/news08.jpg
インメモリ技術がもたらすBI高速化

「超高速BI」を実現するインメモリ技術、導入前に確認すべきこと

SAP HANAなどで注目を集めるインメモリアナリティクス。アナリストは、「購入前にインメモリアナリティクスツールの各カテゴリーがどのような目的に最適かを把握すべき」と指摘する。

/tt/news/1206/14/news03.jpg
インメモリ技術が過熱するデータベース市場

【市場動向】SAP HANAはデータベース市場でOracleを追い抜けるか?

SAP HANAでデータベース市場への本格参入を宣言したSAP。OracleもOracle TimesTen In-Memory Databaseなどインメモリ技術を積極的に投入している。SAPはデータベース市場におけるOracleの脅威になり得るだろうか。

/tt/news/1206/12/news02.jpg
望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト

【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴

ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。

/tt/news/1206/11/news02.jpg
長年のボトルネック「HDD」を解消するインメモリ

【技術解説】Oracle TimesTenのインメモリデータベーステクノロジーをひも解く

「Oracle TimesTen」は全てのデータをメモリに格納してアプリケーション層で動作するよう設計されたRDBMSだ。その高速化を実現するテクノロジーやメモリ構造、適した利用分野を解説する。

/tt/news/1206/08/news04.jpg
BI導入事例:SAS Marketing Automation

【事例】オリコカードのBIによる顧客管理基盤刷新の狙いとは

オリエントコーポレーションは、クレジットキャンペーン業務の改善と与信精度の向上を目的としたシステム更改に「SAS Marketing Automation」を活用。業務負担を大きく改善しつつある。

/tt/news/1206/06/news02.jpg
BIのROIは高められるか

BIを全社利用するために「セルフサービスBI」に足りないもの

特定部門にしか使われなかったBIツールの全社利用を促進するために、BIベンダーは「セルフサービスBI」を主張している。しかし真の全社利用を実現するにはまだ幾つかの課題がある。

/tt/news/1206/01/news02.jpg
BI導入事例:SAS Enterprise Guide

【事例】なぜアムウェイ商品は売れるのか? 同社の顧客分析基盤に迫る

「ダイレクトセリング」という独自の販売方式で安定した売り上げを誇る日本アムウェイ。その陰には同社だからこそ取得できる顧客属性データをフル活用する分析基盤があった。

5 月

/tt/news/1205/30/news03.jpg
クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】

パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──IBM、Microsoftの場合

最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。

/tt/news/1205/28/news06.jpg
クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】

パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──Amazon、Google、Herokuの場合

パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。

/tt/news/1205/25/news02.jpg
データ活用の要、MDM実践事例

【事例】累計28億円のコスト削減効果、協和発酵キリンのマスターデータ管理

ビッグデータをキーワードにDWHやBIに注目が集まっているが、肝心の「データ」を企業はどのように管理すればいいのか。協和発酵キリンが実践し、累計28億円のコスト削減を実現したMDM手法を紹介する。

/tt/news/1205/24/news02.gif
Oracle Database vs. Microsoft SQL Server【後編】

SQL ServerはOracle DBよりも安価でシンプル

Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Serverを比較。後編では主にコストを比較した。Microsoft SQL ServerがOracle Databaseよりも安価でシンプルであることを解説する。

/tt/news/1205/22/news04.gif
Oracle Database vs. Microsoft SQL Server【前編】

高可用性とセキュリティはSQL ServerよりもOracle DBが充実

Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Serverを比較。前編では可用性とセキュリティ面でOracle Databaseが優れていることを解説する。

/tt/news/1205/18/news02.jpg
BI製品紹介:日本ユニシス

顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」

大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。

/tt/news/1205/16/news05.gif
モバイルBIは企業でどのように使われている?

導入企業が語るモバイルBIの真のメリット

「当たり前に、特に意識することなく使っている」「もはや従業員をデスクに縛り付けておくことはできない」。米企業のテクニカルアーキテクトが、モバイルBIがもたらす恩恵を語った。

/tt/news/1205/14/news04.jpg
事例で学ぶBI活用のアイデア【第10回】

ERPとBIの同時刷新で業務データ活用を加速する総合化学メーカー事例

基幹システムのデータ活用を推進するためにERPとBIの同時刷新を決断した総合科学メーカー企業。約2000万件のデータを効率的に分析する環境を整えたことで、BIの全社利用を実現している。

/tt/news/1205/10/news05.gif
医師の掌に分析を

モバイルBIが医療機関に普及し始めているわけ

スマートフォンやタブレットといったモバイルプラットフォームでBIを活用できる環境が整ってきた。医療機関従事者のためにモバイルBIの機能、使い方を紹介する。

/tt/news/1205/08/news04.jpg
インメモリデータベース導入事例

「Exadataより速かった」──中国大手飲料メーカーがSAP HANAを採用したわけ

中国で大きなシェアを持つ飲料メーカーの農夫山泉。インメモリデータベース「SAP HANA」を中心に据えた分析システム構築とモバイル活用により、システムのボトルネック解消と販売高向上を実現した。

/tt/news/1205/07/news06.jpg
ビッグデータ分析基盤の構築事例(後編)

Wikipediaのビッグデータ分析を支えるITインフラ

多くの企業がビッグデータ分析のためにデータセンターインフラの見直しを進めている。その中には、新しいデータ分析プロジェクトを進めるに当たり、既存のインフラを見直したWikimedia Foundationも含まれている。

4 月

/tt/news/1204/27/news02.jpg
ビッグデータ分析基盤の構築事例(前編)

ビッグデータ分析に必要な性能を満たすインフラの条件とは?

多くの企業が、ビッグデータの膨大な量と多様さに対応できるインフラの整備に知恵を絞っている。データセンターのインフラを見直し、システムを刷新した企業の事例を紹介する。

/tt/news/1204/26/news03.jpg
ホワイトペーパーレビュー

ソーシャルメディアの企業活用を支援する3つのホワイトペーパー

これまでにない顧客接点を生み出したソーシャルメディア。登場して日は浅いながらもユーザーは爆発的に増え続けている。ソーシャルメディアを企業活用する上で目を通しておきたいホワイトペーパーを紹介する。

/tt/news/1204/23/news04.jpg
技術的課題に対処するだけでは不十分

ビッグデータ分析を成功に導く5つのステップ

ビッグデータ分析への投資は技術的課題とビジネス要件の両面を考慮する必要がある。業務に役立つビッグデータ分析プログラムを導入するために必要な5つのステップを紹介する。

/tt/news/1204/19/news05.jpg
言うほど簡単ではないビッグデータ計画

ビッグデータ活用、インフラ選択前の5つの検討課題

ビッグデータ計画を実行に移すためには、まずビッグデータを理解することから始めなければならない。ビッグデータインフラを選択する前に検討すべき5つの課題を挙げる。

/tt/news/1204/17/news04.jpg
変化するBIツールに必要な条件【後編】

米小売業のBI刷新、新ツールに求めた“データ発見+α”

BIツールの刷新を決めた米小売業のThe Paradies Shops。「これまで何時間もかかっていた処理が数秒に短縮される」と同社CIOが断言するBIツールの選定理由とは。

/tt/news/1204/11/news01.jpg
情報系アプリケーション投資動向2012【DWH編】

高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには

ビッグデータ活用の流れに乗ってDWHへの投資意欲が増している。しかし「データ分析システムを単独で構築するだけでは、ビジネス上の実効性はない」とアナリストは指摘する。

/tt/news/1204/09/news03.jpg
変化するBIツールに必要な条件【前編】

米小売業が10年利用したBIの刷新を決断したわけ

ビジネスを取り巻く環境が劇的に変化した米小売業The Paradies Shops。同社CIOはそのビジネス変化と現場の作業内容を確認し、「あるべき姿」を目指した。

/tt/news/1204/06/news03.jpg
ERPやCRMとの連携基盤構築が急務

タブレットでのドキュメント管理ニーズが増加、課題は拡張性

タブレットをドキュメントの閲覧・作成端末として業務利用する企業が増えている。ベンダー各社はドキュメント管理製品を充実させつつあるが、ERPなどのバックエンドシステムとの連携など課題が残る。

/tt/news/1204/06/news02.jpg
事例が示すビッグデータの可能性と課題【後編】

先行事例で見えてきたビッグデータ活用の課題

公共、私企業にかかわらず、さまざまな組織で活用が進み始めた「ビッグデータ」。その一方で、ビッグデータの活用には少なからず課題もある。

/tt/news/1204/04/news01.jpg
DWH製品紹介:サイベース

Sybase IQ導入企業がDWH環境を段階的に拡大させていくわけ

カラムインデックス機能でデータ量の圧縮と超高速検索を両立する「Sybase IQ」。ユーザー企業がアプライアンスでなくソフトウェアソリューションのSybase IQを選ぶ理由とは。

/tt/news/1204/03/news03.jpg
SMBにも超高速分析を

SAPが準備中の「中堅・中小企業向けSAP HANA」は受け入れられるか

SAPはインメモリデータベース「SAP HANA」を「SAP Business One」ユーザー企業の中堅・中小企業(SMB)向けに提供予定だ。その狙いは何か、そしてSMBにニーズはあるのか?

3 月

/tt/news/1203/30/news04.jpg
情報系アプリケーション投資動向2012【BI編】

「売り上げ拡大のための戦略ツール」としてのBIに求められる条件

「データ分析」が企業文化に根付いている欧米企業に比べ、日本企業は一般的にデータ活用の取り組みが遅れていると言わざるを得ない。グローバル化で海外企業と戦うために、日本企業に必要なBIの条件とは?

/tt/news/1203/29/news05.jpg
海外社内SNS活用事情【後編】

社内SNS導入で「メールゼロ化」は実現できるか

社内SNSの導入により、思い切って社内メール禁止を検討する企業も出てきている。しかし社内SNSにはまだ克服すべき課題がある。

/tt/news/1203/28/news05.gif
情報筋が明かした次期Officeの機能とライセンス形態

iPad用Officeアプリも提供? 見えてきた「Office 15」の全貌

2012年3月末にβ版のリリースが予定されている次期Officeスイート「Microsoft Office 15」。複数の情報筋が語ったOffice 15の機能とライセンス形態をまとめてみよう。

/tt/news/1203/28/news02.jpg
事例で学ぶBI活用のアイデア【第9回】

BIで連結経営会計情報を収集・分析、意思決定に生かすグローバル製造業事例

グローバル展開する企業にとって、連結業績管理は各拠点やグループ企業の注力/撤退を判断する上で重要な指針になる。3つの軸での連結業績分析を可能にし、グローバル展開を成功させた製造業の事例を紹介する。

/tt/news/1203/26/news04.jpg
海外社内SNS活用事情【前編】

社内SNSとメールを使い分ける海外企業

従業員同士のコラボレーションの改善に向けて、企業向けのソーシャルソフトウェアツールに投資する米国企業は多い。今後ますますメールの役割は薄れていくかもしれない。

/tt/news/1203/23/news04.jpg
情報系アプリケーション投資動向2012【SaaS編】

導入企業の増加で見えてきたSaaS選びの注意点

企業独自の差別化要因には直結しない部分でSaaSの利用が進んでいるようだ。導入企業が増えたことで、SaaS選びの際の注意点が明らかになってきた。

/tt/news/1203/22/news04.jpg
事例が示すビッグデータの可能性と課題【前編】

Amazon、Google、NTTドコモの事例が示すビッグデータの可能性

販売促進、研究開発、公共など、さまざまなビッグデータの活用が国内外で進んでいる。アナリストが紹介したビッグデータ活用事例をピックアップして紹介する。

/tt/news/1203/19/news05.jpg
有力ベンダーになる企業を買収する筋書きもあり得る?

OracleはNoSQLデータベース市場でもビッグプレーヤーになれるか

「Oracle NoSQL Database」の最初のターゲットは、ビッグデータに関心を持っている既存Oracleユーザーだとアナリストは言う。Oracleは果たしてNoSQL分野のビッグプレーヤーになるのだろうか。

/tt/news/1203/16/news05.jpg
BI、分析、データ管理の専門家が回答

米調査が示すモバイルBI活用3つの課題

モバイルBIのビジネスケース確立において、セキュリティが大きな障壁であることに変わりはない。だが米調査会社TDWIの調査によると、課題はそれだけにとどまらずさらに大きな課題もあることが分かった。

/tt/news/1203/15/news02.jpg
事業多角化とグローバル展開を支える分析基盤

SCMモニタリングと顧客分析のために富士フイルムがBIに求めた条件

主力事業の多角化とグローバル展開で業態を大きく変容させた富士フイルム。ヘルスケア事業の強化に向けグローバルでのSCMのモニタリングと顧客分析を実現するために、DWHとBIを積極的に活用している。

/tt/news/1203/14/news04.jpg
基本的な分析ツールの活用意向が明らかに

ビッグデータ対応、約半数の企業が「Hadoop採用予定なし」の理由

Hadoopへの関心は急速に高まっているように見える。しかし、ある米調査によると約半数(45%)は、Hadoopを検討するつもりはない、あるいは同技術を自社のアーキテクチャに導入する予定はないと答えたという。

/tt/news/1203/12/news02.jpg
サイボウズユーザー企業が語った本音

グループウェア移行企業が語るクラウド移行の苦労とメリット/デメリット

グループウェアをオンプレミスからクラウドへと移行した2社。クラウドへの移行の理由は何だったのか。移行時の苦労と工夫、クラウドのメリット/デメリットを語った。

/tt/news/1203/07/news03.jpg
BI分野のホットキーワード「モバイル」&「ソーシャルメディア」

アパレルブランド米GUESSのモバイルBIとFacebook分析先行事例

1999年からBIを活用してきた米アパレルブランドのGUESS。iPadの登場とともにモバイルBIを強化し、Facebookによるカスタマーエクスペリエンスの提供に挑戦している。

/tt/news/1203/01/news08.jpg
BI製品紹介:DTS

国産BI「データスタジオ@WEB」が現場業務のための機能に特化するわけ

「データスタジオ@WEB」は、「第3世代」といわれる最新BI製品を象徴するように簡単操作・安心運用を開発コンセプトとしている。国内約400サイト、約5万数千人のユーザーが活用するBIツールの中身を見ていこう。

2 月

/tt/news/1202/23/news01.jpg
DWH製品紹介:EMCジャパン

「Greenplum」でEMCが目指すビッグデータ時代の「UAPコンセプト」

他社アプライアンス製品とは一線を画すEMCのデータ分析ソリューション「Greenplum」。ソフトウェア型DWH用データベース「Greenplum Database」とHadoopディストリビューション「Greenplum MR」を紹介する。

/tt/news/1202/21/news01.gif
SimpleDBと比較して容量とパフォーマンスを大幅増強

Amazonのクラウドデータベース「DynamoDB」はSQL Azureの脅威になるか?

Amazon Web Servicesが立ち上げたNoSQL型クラウドデータベースサービス「DynamoDB」。ビッグデータ対応要求にも応えるというが、Microsoftの「SQL Azure」と競合するのか?

/tt/news/1202/16/news02.jpg
ホワイトペーパーレビュー

ビッグデータ時代のデータ活用を学ぶ3つのホワイトペーパー

「ビッグデータ」という言葉の登場は、データ分析の重要性を再認識するきっかけにもなった。自社がどの分野のデータ分析に着手すべきか、そのヒントとなり得るホワイトペーパーを紹介する。

/tt/news/1202/15/news04.jpg
実験の域を出ないビッグデータ対応

ビッグデータ活用の成功を左右するのは「人」──米調査会社

米Ventana Researchが実施した調査によると、ビッグデータプロジェクトに新技術を採用する場合の課題として多く挙げられたのは、人材配置とトレーニングだったという。

/tt/news/1202/13/news03.jpg
ホワイトペーパーレビュー

ビッグデータ活用のための分析基盤が分かる3つのホワイトペーパー

ビッグデータ活用のための分析基盤のアプローチは幾つか存在する。リアルタイムデータ活用の課題に対するエグゼクティブへの調査結果や、Hadoop、DWHアプライアンスなどの技術解説のホワイトペーパーを紹介する。

/tt/news/1202/09/news02.jpg
Google Appsの企業利用を考える【第7回】

導入企業に聞くGoogle Appsのメリットと導入時の注意点

着々と増えているGoogle Apps導入企業。最終回ではユーザー企業に導入の経緯や効果、また導入時に困った点を聞いた。Google Apps導入検討の参考にしていただきたい。

/tt/news/1202/01/news05.jpg
クラウドでビッグデータ分散処理も可能

Hadoop技術解説 注目の背景にはクラウドの普及

大量データを使用するアプリケーションの増加やクラウドの普及により、多くの企業で注目されているHadoop。その技術を詳しく解説するとともに、導入・運用を支援するベンダーの動向を紹介する。

1 月

/tt/news/1201/31/news03.jpg
「大規模データ(ビッグデータ)活用」に関する調査リポート

企業のデータ活用動向、まずは基幹システムと顧客情報から

Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアデータや各種センサーデータといった「ビッグデータ」の活用が注目されているが、実際のところ企業のデータ活用の現状はどうか。調査結果をリポートする。

/tt/news/1201/30/news07.gif
問題は価格?

Oracleのビッグデータアプライアンスへの疑問と期待

米Oracleがリリースした「Big Data Appliance」。アナリストはその価格や柔軟性に疑問を投げ掛ける一方で、Hadoopサポートのためには同アプライアンスに含まれるCloudera Managerのようなソフトウェアが重要と語る。

/tt/news/1201/27/news03.jpg
DWH製品紹介:日本テラデータ

全社規模のDWH統合を実現するTeradataの「EDW」構想

DWH専業ベンダーのテラデータがビッグデータ時代のデータ活用基盤として提唱するのが「エンタープライズ・データウェアハウス」(EDW)だ。同社の製品概要と併せてその構想を紹介する。

/tt/news/1201/25/news03.jpg
インメモリテクノロジーのインパクト

超高速DB「SAP HANA」を武器に進化するSAPのアプリケーション群

SAPがビッグデータ時代に投入した「SAP HANA」。同製品で採用されているテクノロジーの概要と、それを武器とするSAPの最新戦略を紹介する。

/tt/news/1201/24/news06.jpg
DaaS vs. VDI

VDIの前に立ちはだかるクラウドベースのアプリとDaaS

初期インフラコストは高く、投資効果が現れるまでに数年を要するVDIに比べ、手軽に導入できコストも安価なDaaSが注目を集めている。

/tt/news/1201/23/news02.jpg
事例で学ぶBI活用のアイデア【第8回】

BIで生産活動情報を見える化、カイゼンに生かした製造業事例

間接部門の業務改善活動を支援する集計分析システムをBIツールで構築。作業日報の集計・作成所要時間を約70%削減した製造業のBI活用事例を紹介する。

/tt/news/1201/20/news07.jpg
クラウド移行をためらわせる課題

Office 365導入のネックは基幹業務アプリとの相互運用

MicrosoftはOffice 365の強化を着々と進めているが、移行を決断できない企業は少なからず存在している。企業の懸念は既存基幹業務アプリケーションとの連係と、各サービス利用の「合計金額」だ。

/tt/news/1201/20/news06.jpg
在庫管理から交通費精算まで

全26種、SAPのスマートフォン向け業務アプリの全貌

SAPジャパンが2011年9月に一斉に発表した、スマートフォン/タブレット向け業務アプリケーション全26種の機能を解説する。

/tt/news/1201/19/news03.jpg
実験的クラウド「Social Analytics」

ソーシャルデータ分析に取り組むMicrosoftのアドバンテージとは?

米Microsoftは、ソーシャルメディアのデータをリアルタイム分析する実験的クラウドサービス「Social Analytics」のプライベートトライアルに乗り出している。ソーシャル分析市場の一角に食い込む考えだ。

/tt/news/1201/17/news04.jpg
調査で明らかになったモバイルBIの導入意欲

モバイルBIを重視するも企業規模で異なるモバイル端末導入意欲

調査によって企業がモバイルBI導入を重視していることが分かった。しかし、小規模企業や大規模企業に比べて、中規模企業はモバイル端末導入に消極的だという。その理由とは?

/tt/news/1201/13/news03.jpg
Google Appsの企業利用を考える【第6回】

作り込んだ既存ワークフローの移行を支援するGoogle Apps拡張製品

Google Appsには単体機能としてワークフローは実装されていない。しかし、特に国内では作り込んだワークフローをグループウェア上で構築している企業は多いだろう。代表的なワークフロー拡張製品を紹介する。

/tt/news/1201/11/news04.jpg
早期導入企業が評価

Notes移行ユーザーが明かすOffice 365の利便性と課題

Microsoftが提供する「Office 365」の実際の使い勝手はどうか。NotesからOffice 365へと移行した米国企業による評価を紹介する。

/tt/news/1201/10/news07.jpg
「Microsoft BI/DWH Day 2011」リポート【後編】

マイクロソフトが考えるアジャイルDWH開発「3つの原則」

日本マイクロソフトのマーケティング担当者は、DWH構築のキーワードは「アジャイル」だと言う。実際同社ではどのようにDWH構築を行っているのだろうか。

/tt/news/1201/06/news02.jpg
「CIO研究会セミナー」リポート【後編】

医療分野のビッグデータ事例 「Hadoop」を採用した徳島大学病院

医療機関が保有する情報は、地域医療連携の支援や治験、症例分析などの二次利用の価値がある。ITによってその利用を促進している徳島県の取り組みを紹介する。

/tt/news/1201/06/news01.gif
押さえておきたいSQL ServerとHadoop連係の注意点【後編】

SQL ServerユーザーのためのHadoopコネクタ実装手順

SQL ServerとHadoopを接続するためのコネクタの実装手順を解説。SQL ServerとHadoop環境を組み合わせれば、大量の非構造化データを処理し、リポーティング、分析、BIなどをサポートする構造化環境に統合できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。