2012年03月16日 09時00分 公開
特集/連載

米調査が示すモバイルBI活用3つの課題BI、分析、データ管理の専門家が回答

モバイルBIのビジネスケース確立において、セキュリティが大きな障壁であることに変わりはない。だが米調査会社TDWIの調査によると、課題はそれだけにとどまらずさらに大きな課題もあることが分かった。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

 米調査会社The Data Warehousing Institute(TDWI)がまとめた報告書「モバイルビジネスインテリジェンスと分析:モバイル労働力への考察」によると、回答者415人のうち41%が、モバイルビジネスインテリジェンス(BI)のビジネスケースを確立する上での障壁としてセキュリティを挙げた。だがセキュリティよりもさらに大きな障壁として、「確実な投資回収率の算定」(44%)、「経験、リソース、研修の欠如」(44%)を挙げている。回答は2011年8月にTDWIの募集に応じたBI、分析、データ管理の専門家541人の中から募った。なお、全員が全ての質問に回答しているわけではない。

 報告書を執筆したTDWIのBI調査ディレクター、デビッド・ストダー氏によれば、企業はモバイルBIのセキュリティに不安を持っているが、不安はそれだけにとどまらない。ダッシュボード開発、パフォーマンス条件、データガバナンスも検討課題になるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...