2011年09月12日 09時00分 公開
特集/連載

米国企業各社がモバイルBI導入を推進するわけ起こるかもしれない危険よりもメリットが勝る

他のアプリケーションに比べればまだまだ後れているが、モバイルBIの需要は今後急速に高まることが予想されている。既にモバイルBIを採用している事例を見ると、先進的なCIOの姿がうかがえる。

[Linda Tucci,TechTarget]

 モバイル版のBI(ビジネスインテリジェンス)アプリケーションの採用は、その他のモバイルアプリと比べると後れを取っている。その理由はインタラクティブなリポートを小さな画面に配信する技術的な難しさから、セキュリティに関する懸念、投資回収率(ROI)の提示まで、多岐にわたる。

 タブレット端末は文書の書式を扱いやすいため、今後はタブレット端末の採用が進むにつれ、モバイルBIの需要も急速に高まることが予想されている。しかもそれはiPadを愛用する経営幹部の間だけの話ではない。独立系コンサルタント会社の米Dresner Advisory Servicesが先ごろ、モバイルBIについて200人のITリーダーを対象に行った調査では、「2年後にはユーザーベースの4分の1が専らモバイル端末経由でBIを使用するようになっている」と予想する回答者が全体の約70%を占めた。「ユーザーベースの半数がそうなる」と予想した回答者も全体の25%に上った。また調査会社の米Forrester Researchは、モバイルBIアプリへのアクセスに使用する端末としては、向こう3〜5年間でモバイル端末がノートPCを上回ると予想している。「企業は“いつでもどこからでもアクセスできる”というコンピューティング戦略にBIを組み込むべく、今すぐにでも行動を起こさなければ、取り残されることになりかねない」とForresterのアナリスト、ボリス・エベルソン氏は指摘する。

 米中古車オートローン販売会社Dealer ServicesのCIOを務めるクリス・ブラディ氏には、「モバイル端末が急増した職場にはモバイルBI戦略が必要」という説明は不要だろう。同氏のデスクには、各種のコンピューティング機器が溢れている。BlackBerry、iPhone、Windows Mobileフォン、Dell Streakタブレット、そして私物のiPadまでだ。「確かにこれら全部が必要というわけでないだろう。でも、どれも気に入っている」と同氏は言う。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...