「Apple TV」は“遊び道具”だと勝手に思い込んでいないか?「Apple TV」をビジネスでこそ生かす【前編】

「Apple TV」の使い道は自宅で映画を楽しむといったエンターテインメントだけではない。ビジネスでもApple TVを生かすことは可能だ。どのように活用できるのか。

2022年06月11日 05時00分 公開
[Dan JonesTechTarget]

 「Apple TV」と聞くと、エンターテインメント感覚で動画配信を楽しむための機器だとイメージしがちだ。実はビジネスの世界でも、Apple TVは幅広い用途に活用できる。ビジネスでは、Apple TVはどのような使い方ができるのか。

そもそもApple TVとは? ビジネスに活用するには?

 Apple TVは、ディスプレイを備えたデバイスに「HDMI」(高精細度マルチメディアインタフェース)で接続するセットトップボックス(放送信号を変換して映像として視聴可能にする装置)だ。ネットワークを介して動画をストリーミング再生できる。

 これまでにAppleは、6つの世代のApple TVを発売してきた。本稿執筆時点での現行モデルは、第4世代に当たる「Apple TV HD」(Apple米国公式販売サイトでの価格は149ドル)と、第6世代に当たる第2世代「Apple TV 4K」(同179ドルから)の2機種だ。

 Apple TVの筐体(きょうたい)は幅と奥行きがそれぞれ98ミリ、高さは35ミリ。プロセッサにはArmアーキテクチャのSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)「Apple A12 Bionic」を搭載し、安定したコンテンツ配信ができるようにしている。Apple TVを利用するには、入力可能なディスプレイの他、接続用のHDMIケーブルが必要だ。

 企業がApple TVを利用する際は、Appleサービスの共通アカウント「Apple ID」を業務用に取得して使用するとよい。小規模な企業では、業務用に新しいApple IDを作るより、個人用のApple IDを使う方が簡単な場合もある。IT管理者は、Apple TVでストリーミング再生機能「AirPlay」を利用するとき、パスワード入力を義務付ける設定ができる。


 中編は、企業でのApple TVの具体的な用途を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...