2011年07月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

BIのモバイル対応は単なるトレンドか?【前編】BIのiPad/Android対応がユーザーに与えるメリット

2011年5月から7月にかけて、複数のベンダーがBI製品のスマートデバイス対応に関する発表を行った。前編ではBI専業ベンダー2社の発表を基に、そのメリットをひも解く。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 2011年5月から7月にかけて、4社のビジネスインテリジェンス(BI)ベンダーがメディア関係者を集めたカンファレンスや発表会を開催し、BI製品のスマートデバイス対応を語った。発表が相次ぐ状況を見ると、BI製品のスマートデバイス対応は1つのトレンドとなっているようだ。そこで本稿では2回に分けて、マイクロストラテジー・ジャパン、クリックテック・ジャパン、SAPジャパン日本オラクルの発表会の内容から、BI製品のスマートデバイス対応がユーザーにもたらすメリットを探りたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。