2012年06月11日 09時00分 公開
特集/連載

【技術解説】Oracle TimesTenのインメモリデータベーステクノロジーをひも解く長年のボトルネック「HDD」を解消するインメモリ

「Oracle TimesTen」は全てのデータをメモリに格納してアプリケーション層で動作するよう設計されたRDBMSだ。その高速化を実現するテクノロジーやメモリ構造、適した利用分野を解説する。

[Mich Talebzadeh,TechTarget]

 インメモリデータベース(IMDB)は、米Oracleの「Oracle TimesTen」などのスタンドアロン型データベース管理システム(DBMS)の場合もあれば、米Sybaseの「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」のようにDBMSの一部を構成する個別データベースの場合もある。

 IMDBの狙いは、スループットを最大化し、遅延を最小化するためにコンピュータのメモリをデータストレージとして利用することにある。ここが、ディスクストレージを利用する従来型DBMSと異なるところだ。ディスクを最適化したデータベースよりもIMDBの方が高速なのは、内部の最適化アルゴリズムが単純で、実行すべきCPU命令も少ないからだ。メモリ内のデータにアクセスするため、高速な応答が可能となる。取引システム、電気通信、防衛システムのように応答時間が極めて重要な意味を持つ用途でIMDBが使われることが多い。IMDBの性質上、これらのデータベースは通常、ディスク常駐型データベースシステムよりも多くのメモリを使用する。

 Oracle TimesTenとSybase ASE-IMDBは、アウトオブプロセス型IMDBの例だ。これらのデータベースは、本格的なSQL(多少の方言を伴う場合もある)に加え、セキュリティおよび管理機能を実装している。両データベースともSQL経由でデータにアクセスできる。いずれもディスク常駐型データベースと同様の機能を提供する。このため、これらの製品を使えば、永続的データベースを保持するSQLバックエンドにSQLリクエストをキャッシングするのが容易になる。

 TimesTen、Sybase ASE-IMDBをはじめとする最近の商用IMDBのほとんどは、筆者の表現で言えば「リレーショナルモデルの行ベースのストレージインプリメンテーション」をベースとしている。これらの製品はOLTP(オンライントランザクション処理)アプリケーションで威力を発揮する。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...