2012年06月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例【事例】Webサイト価値ランキング1位、ANAのWeb分析戦略

日本ブランド戦略研究所が発表した「Webサイト価値ランキング2011」で1位を獲得したANAのWebサイト。同社はWebサイト、スマートフォン対応、ソーシャルメディア活用にどのような戦略で挑んでいるのか。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 航空券やツアー予約、マイレージサービス、各種ECサイトと連携した「ANAマイレージモール」などのサービスを提供する全日本空輸(以下、ANA)のWebサイトは、1日の訪問者数(UU:ユニークユーザー)40万人、500万PV(ページビュー)を誇る。Webサイトでの販売額は4300億円(2011年度)となっており、日本ブランド戦略研究所が発表した「Webサイト価値ランキング2011」では見事1位を獲得している。

 同社 プロモーション室 マーケットコミュニケーション部 企画・宣伝チーム 主席部員の前田欣伸氏は、2012年6月に開催されたアドビ システムズ主催のイベントに登壇。同社で導入しているアクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」(以下、SiteCatalyst)を活用したサイト分析の現状と今後の展望を語った。

 1997年にマイレージプログラムとインターネット航空券予約サービスを開始したANA。携帯電話対応の航空券予約サービスは、1999年2月のNTTドコモの「iモード」サービスと同時期に開始している。また、2006年にはおサイフケータイと連携した「チケットレスチェックイン」という新しい搭乗モデルの提供をスタート。これらの連携により、情報提供から予約、購入、搭乗、マイル登録といったサイクルを回す総合的なCRMチャネルとして、Webサイトが機能するようになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news097.jpg

商談内容を音声解析して営業効率化支援、博報堂DYホールディングスがシステム開発
博報堂DYホールディングスは、営業活動の状況を音声解析で把握するシステム「CONOOTO」...

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...