2012年05月10日 09時00分 UPDATE
特集/連載

医師の掌に分析をモバイルBIが医療機関に普及し始めているわけ

スマートフォンやタブレットといったモバイルプラットフォームでBIを活用できる環境が整ってきた。医療機関従事者のためにモバイルBIの機能、使い方を紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 近年、ビジネスインテリジェンス(BI)はますます多くのモバイルプラットフォームからアクセス可能になっている。モバイルBIアプリを使えば、ゲージやダッシュボード、スコアカード、重要業績評価指標(KPI)などの情報をスマートフォンタブレットで入手できるため、多くのBIベンダーは「どこにでも持ち運べるBI」という点をモバイルBIアプリの一番の売りにしている。医療機関の幹部は大概、出歩く機会が多いため、こうしてダッシュボードにアクセスできれば、出先でも最新のデータを入手して証拠に基づく意思決定を下すことが可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...