2019年04月18日 05時00分 公開
特集/連載

ビジネスの健全化を促す「AIで仕事がむしろ増える」は本当か 第3の選択肢について語ろう

AI技術による自動化は、従業員の仕事を奪う代わりに、別の仕事を増やす可能性がある。それはどういうことなのか。

[Nipa Basu,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


画像 AIが変える職場の未来とは?《クリックで拡大》

 人工知能(AI)技術が雇用にどのような影響を与えるかという議論は、2つの相反する主張を中心に展開されている。

 著名なエコノミストや機械学習の専門家を含む多くの専門家は、AI技術が現在人間のこなしている仕事の多くを代行できるようになり、平均的な労働者に深刻な影響を与え、失業率を急上昇させると考えている。

 その他の人たちは、機械学習をはじめとするAI技術を採用したツール(以下、AIツール)の使用が増えても仕事の数が急激に減ることはないが、企業のAIツールを管理する仕事の割合が増えるなど、仕事の性質が変わるかもしれないと考えている。

 筆者は3つ目の選択肢を挙げたい。ビジネスの健全性が向上するにつれて仕事が増える可能性だ。AIツールを適切に利用することにより、企業がよりうまく機能し、より長く存続し、より早く成長するシナリオだ。その結果、企業向けAIツールによって、より多くの雇用機会が間接的に生み出されるだろう。

 AIツールを利用することにより、ヘルスケアやカスタマーサービス、家庭生活、オンラインユーザーエクスペリエンスなどが既に根本的に変化している。こうした強力なツールをビジネスに利用することにより得られるメリット(および全体的な経営改善)を今こそ認識して拡大させるべきだ。

AIが雇用を増やす

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...