2018年05月05日 05時00分 公開
特集/連載

圧倒的な生産性向上をもたらす「モバイルAI」の光と影メリットとデメリットをどう評価するか

モバイルIT管理者は、人工知能(AI)技術の活用に備えなければならない。だがそれにまつわるリスクや課題も認識する必要がある。

[Erica Mixon,TechTarget]
AIのメリットとデメリットは?《クリックで拡大》

 人工知能(AI)が現実となる中で、ITプロフェッショナルは日常的な管理業務の支援やユーザーの生産性強化のために、スマートモバイルツールを活用できる。だが同時に新たな課題にも直面する。

 計画を立てて効率的に対処するため、以下にAIのメリットとデメリットを紹介する。

AI駆動型のIAMに備えを

 AI駆動型のID・アクセス管理(IAM)システムは近いうちに、従来型のユーザー名とパスワードを使ったエンドユーザー認証システムに取って代わるかもしれない。

 AIを使ったID管理システムは、エンドユーザーが確かに登録されたデバイスを使っているかどうかを、従来と比べて簡単に確認できる。例えばAIベースツールでは、ネットワークトラフィックをモニタリングしてユーザーの位置情報を確認し、アクセスを許可または拒否できる。スマートなモノや自律式のクルマなど、新しいデバイスアクセスポイントの相次ぐ流入に伴い、AIベースのID管理ツールは近い将来、不可欠になる。

モバイルアプリ開発に与える影響

 AIのメリットとデメリットは、モバイルアプリ開発でも検討する必要がある。モバイルアプリはユーザーに大量の情報をもたらす。AIを使えば、ユーザーがそうしたイベントを無視するか通知を受け取るか、ふるい分けができる。

 AIはコンテキスト(文脈)情報を使ってユーザーのことを学習し、どのイベントがユーザーにとって重要かを、より正確に判断できるようになる。そうした機能を実現するために、開発者は従業員のリクエストや位置情報、IoTセンサーの動きなどを通じてユーザーに関する情報を収集し、その情報をかみ砕いて分析できる。

AI駆動型のチャットbotに注目

 機械学習とAIで、チャットbotアプリケーションにも弾みがついている。こうしたアプリケーションの人気を最初に高めたのは、ユーザーとアプリとの対話を実現した「SmarterChild」や「Clippy」など、比較的古い技術だった。AIと機械学習はユーザーのリクエストに文脈を与え、botによる返答の知性を高めることができる。

 チャットbotは誇大に吹聴されているものの、IT部門にとっては、管理者によるインフライベントの管理をbotが支援するなど、幾つかの用途がある。例えば管理者がbotに対し、特定のサーバに高いリソース負荷がかかっていないかどうか確認するよう指示できる。ただ、チャットbotはエンタープライズに進出するよりも前に、コンシューマーを相手にする場面で普及が進む公算が大きい。

データプライバシーの荒波を航行

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。