10月リリース予定のOffice 15、iOS/Android OS対応版は戦略変更?MicrosoftはWindows 8のローンチに集中

iOS/Android OS対応版の開発も順調(ほぼ完成?)とウワサされるOffice 15だが、Windows 8の優位性を重視するMicrosoftは方針を転換したようだ。iOS/Android OS版Office 15の明日はどっちだ?

2012年06月22日 18時30分 公開
[James Furbush and Ed Scannell,TechTarget]

 米Microsoftは2012年7月16日、Office 15のβ版を開発者と企業ユーザーに提供する予定だ。iOS/Android OS対応が期待されているが、2012年10月にリリースされる製品版はWindows 8とWindows Phone用のバージョンのみ。米AppleのiOSや米GoogleのAndroid搭載端末向けのバージョンは同時には提供されない見込みだ。

 当初は、WindowsだけでなくiOSとAndroidも含め3種類のプラットフォームのバージョンがOffice 15で導入される予定だった。しかし、Microsoftの戦略に詳しい情報筋によると、現時点では、注目のWindows Phone 8などWindows搭載端末向けのバージョンを10月にリリースし、iOSとAndroid端末向けのバージョンは2013年春まで延期になる予定だという。それはなぜか。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。