2012年06月22日 18時30分 公開
特集/連載

10月リリース予定のOffice 15、iOS/Android OS対応版は戦略変更?MicrosoftはWindows 8のローンチに集中

iOS/Android OS対応版の開発も順調(ほぼ完成?)とウワサされるOffice 15だが、Windows 8の優位性を重視するMicrosoftは方針を転換したようだ。iOS/Android OS版Office 15の明日はどっちだ?

[James Furbush and Ed Scannell,TechTarget]

 米Microsoftは2012年7月16日、Office 15のβ版を開発者と企業ユーザーに提供する予定だ。iOS/Android OS対応が期待されているが、2012年10月にリリースされる製品版はWindows 8とWindows Phone用のバージョンのみ。米AppleのiOSや米GoogleのAndroid搭載端末向けのバージョンは同時には提供されない見込みだ。

 当初は、WindowsだけでなくiOSとAndroidも含め3種類のプラットフォームのバージョンがOffice 15で導入される予定だった。しかし、Microsoftの戦略に詳しい情報筋によると、現時点では、注目のWindows Phone 8などWindows搭載端末向けのバージョンを10月にリリースし、iOSとAndroid端末向けのバージョンは2013年春まで延期になる予定だという。それはなぜか。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...