10月リリース予定のOffice 15、iOS/Android OS対応版は戦略変更?MicrosoftはWindows 8のローンチに集中

iOS/Android OS対応版の開発も順調(ほぼ完成?)とウワサされるOffice 15だが、Windows 8の優位性を重視するMicrosoftは方針を転換したようだ。iOS/Android OS版Office 15の明日はどっちだ?

2012年06月22日 18時30分 公開
[James Furbush and Ed Scannell,TechTarget]

 米Microsoftは2012年7月16日、Office 15のβ版を開発者と企業ユーザーに提供する予定だ。iOS/Android OS対応が期待されているが、2012年10月にリリースされる製品版はWindows 8とWindows Phone用のバージョンのみ。米AppleのiOSや米GoogleのAndroid搭載端末向けのバージョンは同時には提供されない見込みだ。

 当初は、WindowsだけでなくiOSとAndroidも含め3種類のプラットフォームのバージョンがOffice 15で導入される予定だった。しかし、Microsoftの戦略に詳しい情報筋によると、現時点では、注目のWindows Phone 8などWindows搭載端末向けのバージョンを10月にリリースし、iOSとAndroid端末向けのバージョンは2013年春まで延期になる予定だという。それはなぜか。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...