2012年04月23日 09時00分 公開
特集/連載

ビッグデータ分析を成功に導く5つのステップ技術的課題に対処するだけでは不十分

ビッグデータ分析への投資は技術的課題とビジネス要件の両面を考慮する必要がある。業務に役立つビッグデータ分析プログラムを導入するために必要な5つのステップを紹介する。

[Lyndsay Wise,TechTarget]

 「ビッグデータ」分析プログラムに取り組もうとしている企業は、自社のビジネスに役立つ分析プロセスを確立するために、しっかりとした導入プランを策定する必要がある。ビッグデータプロジェクトの準備段階では、まず使用する技術を選定するわけだか、これはまだ戦いの半分にすぎない。適切なデータベースソフトウェアと分析ツールを選択し、必要なITインフラの配備に着手した時点で、次のステップとして成功への戦略を策定する作業を始めることが可能となるのだ。

 業務に役立つビッグデータ分析プログラムを作成するには、効果的なプロジェクト管理プロセスが重要であることを特に強調しておきたい。企業がビッグデータ分析プログラムのスムーズな導入を実現するのに必要な5つのステップを以下に紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。