2012年03月19日 09時00分 公開
特集/連載

OracleはNoSQLデータベース市場でもビッグプレーヤーになれるか有力ベンダーになる企業を買収する筋書きもあり得る?

「Oracle NoSQL Database」の最初のターゲットは、ビッグデータに関心を持っている既存Oracleユーザーだとアナリストは言う。Oracleは果たしてNoSQL分野のビッグプレーヤーになるのだろうか。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

 米Oracleは2011年10月、「Oracle NoSQL Database」のリリースを発表したが、同社がNoSQL市場全体でメジャープレーヤーになるかという点については、専門家の間で疑問視する見方もある。

 水平拡張性に優れ、トラフィックが激しいWebサイトへの対応能力などを特徴とするNoSQLは登場して間もない技術だが、データベースの世界では認知度が高まっており、米Diggや米Facebookなどの企業が既に利用している(関連記事:NoSQLデータベースがビッグデータ対象のDWH基盤に適しているわけ)。Oracleは同月、「Oracle Big Data Appliance」を2012年1〜3月期にリリースする(※)と発表するとともに、Oracle NoSQL DatabaseをHadoopファイルシステムに対応させるという方針を明らかにした。

※Oracle Big Data Applianceは2012年1月9日に出荷開始している(関連記事:Oracleのビッグデータアプライアンスへの疑問と期待)。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...