2012年01月23日 09時00分 公開
特集/連載

BIで生産活動情報を見える化、カイゼンに生かした製造業事例事例で学ぶBI活用のアイデア【第8回】

間接部門の業務改善活動を支援する集計分析システムをBIツールで構築。作業日報の集計・作成所要時間を約70%削減した製造業のBI活用事例を紹介する。

[小島 薫,ウイングアーク テクノロジーズ]

 ビジネスインテリジェンス(BI)を積極的に活用している業種と聞くと、どの業種を思い浮かべるだろうか。真っ先に思い浮かぶのが、POSデータなどの売り上げデータを活用する小売、流通業での事例だろう。本連載でも「BIによるPOS分析でタイムリーな売れ筋把握を実現した小売業事例」で流通業におけるBI活用事例を紹介した。

 一方で、製造業にもBIを積極的に導入している企業は多く存在する。小売、流通業では、「売り上げにどのようにつなげていくか」といった使われ方が多いのに対して、製造業では部品在庫削減、生産活動にかかわる付帯作業(工数分析や品質分析)の効率化など、コスト削減にBIを活用しているケースが多いようだ。そこで今回は、業務改善活動の中でBIツールをうまく活用している製造業の事例を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...