過去記事一覧 (2013 年)

12 月

/tt/news/1312/26/news01.jpg
1シーズンで扱う図面は1万5000点

ロータスF1チームが1レースで収集するデータは何バイト?

ロータスF1チームは集約型データセンターを構築し、プライベートクラウドを稼働させる。IT部門はデータ処理能力の向上とコスト削減によってマシン開発に貢献する。

/tt/news/1312/25/news02.jpg
PowerPoint風のプレゼンテーション機能も搭載

モバイル、コラボ機能を備えた現場向けBIツール「Yellowfin 7」

近年、現場担当者向けのBIツールが増えている。「Yellowfin」は、ITを専門としない事業部門の現場担当者が使いこなすことができ、データを活用した迅速な意思決定を支援するBIツールだ。

/tt/news/1312/24/news02.jpg
簡単じゃなかったクラウドでのDWH構築

消費者を中心に据えるP&Gのデータ分析基盤

消費財メーカーの米Procter & Gambleでは、米TeradataのDWHをクラウド上に構築し、各ブランドのWebサイトなどから集まるデータの分析に利用している。しかしながら、ここに至るまでの道のりは長かったようだ。

/tt/news/1312/19/news05.jpg
Disneyも採用する「モノのインターネット」(IoT)が市場を変える

Appleの影響力は半減――Gartnerが2020年の勢力予想図を公開

米Gartnerの調査によると、2020年にはネット接続端末が300億台を超え、クラウドへの依存度が増加してAmazon Web Servicesが飛躍を遂げる一方、AppleやIBM、Microsoft、Oracle、SAPなどが市場シェアを失うという。その要因とは?

/tt/news/1312/18/news03.jpg
技術導入が小売店成長の鍵

液晶付きショッピングカートで顧客を呼び込む、“理想の店舗”の作り方

オンラインよりも実際の店舗の方が衝動買いをしやすい。そのきっかけになるのは店舗に実装されたテクノロジーだ――。欧州で行われた調査結果からは消費者のニーズに合う“理想の店舗”が見えてくる。

/tt/news/1312/12/news07.jpg
新技術の導入が進む英国交通業界

駅を出たらすぐタクシー Google Maps活用し鉄道会社が新サービス

交通業界でGoogle Mapsの活用が進んでいる。例えば、タクシー会社や自動車協会などでは、配車システムやロードサービスでGoogle Mapsの地図機能を生かし、業務を効率化している。

/tt/news/1312/12/news05.jpg
IaaSプロバイダーが「BDaaS」を提供

「サービスとしてのビッグデータ活用」が流行る意外な理由

現在、急速に拡大しているビッグデータ活用サービス市場。その背景には、Amazonとの差別化を狙った多くのIaaSプロバイダーがうごめいている。

/tt/news/1312/12/news02.jpg
IT部長さんのための技術トレンド【第3回】

1回で分かる:知識創発の機会を生む、オープンデータとは何か?

2012年7月に電子行政オープンデータ戦略が策定されて以来、にわかに盛り上がりを見せているオープンデータ。オープンデータとは何をもたらすものなのか。「Open Definition」の定義にならい、オープンデータの本質を導き出す。

/tt/news/1312/11/news01.jpg
激おこユーザー対策にも有効

「自社製品の評判を監視しないのはリスク」――重要性を増すセンチメント分析

ソーシャルメディアで交わされるやりとりが、企業のブランドイメージを左右する時代になった。ソーシャルメディア上の「ユーザーの声」に無関心では済まされない。

/tt/news/1312/10/news03.jpg
勘と経験でデータに基づく決定に横やり

データ活用を阻む社内の「HiPPO(影響力を持つ高給取り)」とうまく付き合う方法

企業がデータの分析結果を重視してデータ駆動型の組織へと進化することを妨げているものは何だろうか。実際には何の関連もないが、水中を好む大型哺乳類と同じ名前というのがヒントだ。

/tt/news/1312/09/news03.jpg
総点検: SMBのためのBI活用【番外編(後編)】

“何でもExcel分析”から脱却できるBIツールの選び方

中堅・中小企業が求める「セルフサービスBI」や「誰でもBI」を実現するには、Microsoft Excelのみでは十分とはいえない。では、何が必要なのか? 具体例を基に説明する。

/tt/news/1312/06/news04.jpg
消費者の需要予測がポイント

クリスマスを楽しめないショップ担当者の憂鬱、在庫切れをどう防ぐ?

10人に9人は在庫切れを起こしたショップをもう利用しない――このような調査結果もあるほど、消費者は在庫切れに厳しい。注文が殺到するこれからのクリスマスシーズンをどう乗り越えるか。

/tt/news/1312/06/news02.jpg
「自分たちは小売業を手掛けるテクノロジー企業だ」

ロボットも自社開発するオンライン食料品店の新たなビジネス

オンライン食料品点のOcadoは、ロボットの自社開発まで手掛け、自らを「小売業を手掛けるテクノロジー企業」と称する。同社のテクノロジー担当ディレクターに話を聞いた。

/tt/news/1312/04/news03.jpg
IaaSの枠を超えたサービスがAWSから次々に

クラウドの“勝ち組”Amazonに浮上するベンダーロックインの懸念

2013年11月に実施されたAWSのカンファレンスでは、新しいデータストリーミングサービスの提供やデータベースおよびデータウェアサービス機能の拡充などが発表された。そんな独走状態のAWSにユーザーからは不安の声も。

11 月

/tt/news/1311/28/news05.jpg
計り知れない口コミの影響力

オンラインでつながる「友達の輪」――ITが変えた消費者の購買行動

オンラインでショッピングを楽しみ、そのまま決済してSNSで友人とシェアすることが当たり前になった。その影響を最も受けている小売業では、新たな取り組みが進められている。

/tt/news/1311/27/news01.jpg
メンバーズカードがデータ分析の基盤

データ分析で判明した「来店者の謎の減少」のワケ

英Tescoのマット・アトキンソン最高マーケティング責任者に、CIOとの連携、同社のデータ分析戦略とロイヤルティープログラムについて聞いた。

/tt/news/1311/22/news05.jpg
データ分析の威力が分かる10事例

客の列が長いと簡単メニューばかりに? ファストフード店が実践する分析術

レジに設置したビデオカメラでドライブスルーに並ぶ客の列の長さを認識し、列が長い場合は、用意が簡単なメニューを自動で表示する。ファストフード店が実施しているデータ分析の活用術をはじめ、注目の事例を紹介する。

/tt/news/1311/22/news03.jpg
ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

ビッグデータ活用が次第に浸透 次の期待はソーシャルデータ活用へ

TechTargetジャパンは2013年10、11月にビッグデータインフラに関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、ビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態についてリポートする。

/tt/news/1311/21/news06.jpg
技術革新で急成長に対応

月間2億5000万人が遊ぶ「Angry Birds」、大人気ゲームを支える仕組みとは

月間利用者数で2億5000万人超を誇る大人気ゲーム「Angry Birds」。急速な成長を遂げているが、その反面、データ処理能力には、大きな負荷が掛かっていた。

/tt/news/1311/19/news05.jpg
Facebook、Twitterの次は何?

パン屋さんに学ぶ「初めてのソーシャルメディア活用」

FacebookやTwitterを仕事で活用する場合、どのような点に注意をすべきか。ソーシャルメディアを活用して顧客を店舗に呼び込んでいるベーカリーの事例を基に解説する。

/tt/news/1311/15/news06.jpg
社外での“炎上”抑制にも効果

社内SNSを使い始めた企業で何が起きているか

ある調査で「企業内SNSを導入済み」という回答が全体の80%を占めた。だが、多くの管理者が企業内SNSの不適切な使用を懸念している。専門家によると、企業内SNSには従業員の問題行動を抑制する効果があるという。

/tt/news/1311/13/news02.jpg
総点検: SMBのためのBI活用【番外編(前編)】

“何でもExcel分析”から脱却すべき理由

手軽なデータ分析手段として有用な「Microsoft Excel」。ただし、中堅・中小企業が望むデータ分析を実現するには、Excelだけでは十分とはいえない。調査結果を基に、その理由を説明しよう。

/tt/news/1311/08/news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

激増するビッグデータ用データに苦慮するユーザーたち

ビッグデータ分析では、バックエンドインフラをアプリケーションのニーズに合わせる従来型のアプローチを改める必要がある。

/tt/news/1311/06/news03.jpg
活用はまだ世界的に初期段階

やっぱり「勘と経験」が頼り? データアナリティクスを定着させるには

アナリティクスの活用はまだ基本的な課題と直面しているフェーズにあり、「世界的に“アナリティクス時代の幕開け”といえる状況にある」とデロイト トウシュ トーマツは指摘する。

/tt/news/1311/05/news02.jpg
値引き幅とセールの実施タイミングを最適化

35歳以下の顧客をどう魅了する? ファッション系ECサイトの挑戦

オランダ最大手のファッション系ECサイトでは、シーズンごとの在庫品や返品率の高さが悩みの種となっていた。顧客ニーズに応じた体験を提供するため、ビッグデータとアナリティクスを大いに活用しているという。

10 月

/tt/news/1310/30/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

ビッグデータの高速処理を支えるハードウェア

低コストのソリッドステートメモリは、ソーシャルネットワークフィードやインダストリアルインターネットから来るビッグデータストリーミングの高速分析を支えている。

/tt/news/1310/29/news05.jpg
ユーザー視点での説明が大事

“スカッとさわやか”ではなかったCoca-ColaのBIシステム統合

米Coca-Colaでは、全米のボトラー各社に分散していたアナリティクスシステムを単一プラットフォームに統合した。これにより、売り上げ報告書の作成や生産高の管理などの業務を迅速化した。

/tt/news/1310/28/news03.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

課題はビッグデータ管理のためのプラットフォーム選定

無数のソースから得た多様な形態のデータ分析を目指すビッグデータでは、思考と技術の両方の切り替えが要求される。

/tt/news/1310/24/news03.jpg
求められるトヨタ的な継続的プロセス改善

Amazon.comに学び始めた小売業、要求されるスキルとは?

オンライン小売業には今後、新しいタイプのアクション志向のビジネスインテリジェンス(BI)が要求される見込みだ。それはつまり、「科学者やアナリストなど知識労働の工業化」であるという。

/tt/news/1310/23/news03.jpg
財務経理・経営企画のためのデータ分析入門【第1回】

「勘と経験と度胸」を超えるデータアナリティクスの可能性

ビッグデータはマーケティング部門だけの言葉ではない。キャッシュを扱う財務経理部門にとっても有効活用が可能だ。特に有用なデータを探し出すデータアナリティクスはぜひマスターしたい。基本を説明する。

/tt/news/1310/18/news02.jpg
医療スタッフに情報をフィードバック

英信託病院Lancashire CareがモバイルBI導入で業務効率を改善

英信託病院がモバイルBIを評価した際、全要件をクリアしたのはYellowfinだった。

/tt/news/1310/17/news01.jpg
マーケティングのデータ活用に関するアンケート調査

57.1%の企業でデータサイエンティストが不在

企業においてマーケティングのデータ分析状況はどこまで進んでいるのか? データ分析製品/サービスの導入状況、データサイエンティストの活動実態などを読者に聞いた。

NEWS

台北医学大学、3病院の医療サービスの効率化に向けてデータ検索ソフトを導入

病床数3000床以上の関連3病院のシステムのサービスや財務、品質、機器などの稼働状況を横断的に検索できるデータ分析基盤を構築した。

/tt/news/1310/15/news09.jpg
ロケーションインテリジェンス(LI)が新たな武器に

「位置情報」で稼ぐ企業が実践するビジネス活用術6選

スマートデバイスや地図サービスの普及もあり、身近な存在となった位置情報。活用を支援する技術も急速に充実し始めた。企業が位置情報を生かすための6つの活用例を紹介する。

/tt/news/1310/15/news04.jpg
データベース移行事例

英価格比較サイトがMicrosoft SQL ServerからMongoDBに移行した理由

英価格比較サイトのComparethemarket.comは、データベースシステムの移行過程にある。同社がSQL Serverに代わってMongoDBを採用したわけとは?

/tt/news/1310/09/news02.jpg
モノが支配するインターネット

モノのインターネット時代の世界はこうなる

数年以内にインターネットは、人ではなくマシンとセンサーが支配する世界になる。

/tt/news/1310/02/news03.jpg
IT、製品、マーケの3本柱でサービスを改善

話題のカーシェアZipcarが明かす「全ての決定の裏にデータあり」

カーシェアリングの草分けとして知られる米Zipcar。同社のマーケティング部門は、あらゆる経営判断にデータを生かそうと知恵を絞る。

9 月

/tt/news/1309/18/news01.jpg
テキストマイニング製品紹介:プラスアルファ・コンサルティング編

顧客の気持ちが絵で分かるテキスト分析SaaS「見える化エンジン」

分析する人にも、分析結果を見る人にも使いやすいテキストマイニング製品を目指す。こうした設計思想に基づいて開発されたのが「見える化エンジン」だ。その特徴を紹介する。

/tt/news/1309/10/news03.jpg
直感の排除は成功に直結しない

「データと直感、どちらが大切か?」が不毛な議論である理由

直感に依存しない、データを基にした意思決定を目指すべき――。こうした考え方をする企業が増えつつあるが、直感を排除しても成功が保証されるわけではない。

8 月

/tt/news/1308/30/news08.jpg
資生堂、カタログハウスも活用

事例で納得「テキストマイニングの生かし方」

大量のテキスト情報を分析する「テキストマイニング」の活用の幅が広がっている。テキストマイニングの使いどころとは何か。活用事例を基に探る。

/tt/news/1308/26/news03.jpg
Googleの牙城を崩せるのか?

Facebook独自の検索エンジンの秘密に迫る

米Facebookが2013年1月に発表した独自の検索プラットフォーム。友人や写真、場所、興味の対象などユーザーの活動を元にした検索結果を提示する。SEO最適化とは異なる、ユーザー中心検索を可能にしたカラクリとは?

/tt/news/1308/16/news01.jpg
オープンソースこそ「最先端の」テクノロジー

「プロプライエタリ製品はダメ」、英公共テレビ局のビッグデータ導入記

英国の公共テレビ局Channel 4では、どのようにビッグデータを管理し、オンデマンドサービスを提供しているのか? 同社CTOが本音を語る。

/tt/news/1308/14/news03.jpg
米Microsoftのアーキテクトが解説

SQL Serverが「2012 R2」ではなく「2014」になる理由

米Microsoftのアーキテクトに、インメモリ技術を導入したMicrosoft SQL Server 2014の目玉機能と、SQL Server 2012よりも前のバージョンから2014に移行する場合の検討ポイントを聞いた。

/tt/news/1308/12/news01.jpg
航空会社のビッグデータ活用法

「航空会社というより小売業者的になっている」British Airwaysのビッグデータ戦略

英British AirwaysでITアーキテクチャの統括責任者を務めるマイク・クラウチャー氏に、他航空会社との合併やオンラインサイトによる小売業的なセールスアプローチについて話を聞いた。

/tt/news/1308/08/news03.jpg
SAP HANAとの違いは?

50倍の処理速度を叩き出すSQL Server 2014のポテンシャル

2013年末にリリース予定の「SQL Server 2014」にはオンライントランザクション処理用のインメモリ機能が搭載される。テーブルレベルの設定が可能で、他のインメモリデータベースのように高価なハードウェアを必要としない。

/tt/news/1308/06/news04.jpg
使われないBIが多発する理由

腹八分目のシステム導入がデータ分析成功の鍵

現在BI技術の種類は多岐にわたり、多様な分析ニーズに応えられる環境が整っている。だが、これに甘えて不用意にシステムを拡張すれば、使われないシステムが増え、単なるコストの無駄遣いになってしまう。

/tt/news/1308/05/news01.jpg
McLarenのテレメトリーは医療にも応用

F1マシンの挙動をリアルタイム分析するMcLarenのHANA活用事例

SAP HANAを導入し、F1マシンのテレメトリーデータなどのリアルタイム分析に活用している名門チームMcLaren。同社の分析技術はF1だけでなく医療や自転車競技、ラグビーといった分野にも展開されている。

7 月

/tt/news/1307/25/news05.jpg
GE、Pivotal、Amazonが提携を発表

今から注目したい「モノのインターネット(Internet of Things)」のリアル事例

計測機器やセンサーをインターネットに接続する「Internet of Things」を活用する事例が増えている。各社はどう利用し、何を課題に思っているのか。

/tt/news/1307/24/news01.jpg
「競争においては、小さなことが違いを生む」

英鉄道会社EurostarのIT基盤刷新を指揮したCIO、ルメール氏の次の一手

2年を費やしてWebサイトをリニューアルした英Eurostar。新サイトは強化されたチケット予約機能にとどまらない、IT基盤としての側面を持つ。同社CIOが語る今後のIT戦略とは?

/tt/news/1307/22/news04.jpg
施策に落とし込むプロセス構築が大切

データサイエンティストだけでは何もできない理由

データサイエンスチームに必要なのは、1人の人物に全ての役割を担わせることではなく、データサイエンスのプロセス全体に焦点を当てることだ。

/tt/news/1307/19/news04.jpg
ビッグデータはビッグミステークの元?

SFの世界に近づいているビッグデータ活用

希望には恐怖が伴う。ビッグデータ活用の可能性には、プライバシーの侵害や、解釈ミスによるビッグミステークという恐怖が付いて回っている。

/tt/news/1307/19/news03.jpg
製品紹介:Splunk Enterprise 5

そこにあるマシンデータから、収益向上のヒントをつかみ取る方法

ITシステムやモバイルなどから生成される大量のマシンデータにはIT部門に限らず社内の全部門に役立つあらゆる価値が埋まっている。1つの分析基盤で複数の価値を取り出す方法とは何か。

/tt/news/1307/19/news02.jpg
予測分析製品紹介: SAPジャパン編

インメモリDBも「R」も使える予測分析製品「SAP Predictive Analysis」

ビジネスの現場では、過去に起こったことを見るよりも、今後起こり得ることを予見することが重要になった。「SAP Predictive Analysis」を提供開始したSAPジャパンの意志もそこにある。

/tt/news/1307/09/news01.jpg
誰もがデータツールを活用すべき

データ分析は専門エリートによる独占から「民主化」へ

データサイエンティストの台頭は「ハイプ(過剰な期待)への反応」だ。だが、データ分析は既にビジネスを知っている人間に任せた方がうまくいくだろう。

/tt/news/1307/04/news05.jpg
「CRMは死んだ」はもはや遠い過去

もうCRMに失敗しない、データ活用成功3つの秘訣

ビッグデータ活用の成功事例が多いマーケティング分野。だが分析のテクノロジーを使いこなせず具体的な成果につなげられないという企業も多い。米SASに、分析を有効に社業の発展に生かすポイントを聞いた。

/tt/news/1307/02/news03.jpg
F1チームCIOが語るIT活用

「ビッグデータという言葉は好きではない」ロータスF1チーム、ハックランドCIO

マシンの設計やレースシミュレーション、テレメトリーシステムのリアルタイム分析など、あらゆる分野でITを駆使するF1チーム。ロータスF1チームはどのようなシステムを使っているのか、ハックランドCIOのインタビュー。

/tt/news/1307/01/news08.jpg
今後さらに役立つ5つの領域を紹介

スパコン「Watson」が教える医療ITの成功法則

米国のクイズ番組で優勝したスーパーコンピュータ「IBM Watson」は、医療分野のビッグデータ活用でもその高い処理能力を十二分に発揮している。その背景には、重要な技術の存在がある。

6 月

/tt/news/1306/26/news04.jpg
意思決定の新たな手段、「ソーシャルメディア分析技術」【後編】

「クリネックス」でも活用、Facebookで顧客を動かす方法とは?

ソーシャルメディア分析技術は確かに強力だが、むやみに活用しても成果は得られない。ソーシャルメディア分析技術を生かすためにすべきことは意外と多い。

/tt/news/1306/25/news06.jpg
増えてきた活用事例

もはやバズワードではない、「モノのインターネット(Internet of Things)」とは?

各種計測機器やセンサーをインターネットに接続する「Internet of Things」。インターネットを介してあらゆる場所で情報伝達が可能になる未来は近づいているが、物事はそう簡単にはいかないようだ。

/tt/news/1306/25/news03.jpg
退役予定者のデータも間違っていた

「所属している人数さえ答えられない」英陸軍のデータ管理改革

「陸軍に所属している人数さえ答えられないほど、信頼できるデータがなかった」英陸軍。データ品質向上プログラムで品質とガバナンスを向上させ、陸軍の現状把握と効率化を実現しつつある。

/tt/news/1306/21/news06.jpg
予測分析製品紹介:シナジーマーケティング編

刺さる言葉や優良顧客がデータで分かる「iNSIGHTBOX」

社内外のデータを基に顧客が購買行動に至る根本原因を探り、商品を買いそうな顧客リストや“刺さる”キーワードを導き出す。そんな予測分析製品が「iNSIGHTBOX」だ。

/tt/news/1306/20/news04.jpg
意思決定の新たな手段、「ソーシャルメディア分析技術」【前編】

「いいね!」増加で満足できない人のためのFacebook/Twitter活用術

ツイートや「いいね!」の増加だけがソーシャルメディアの企業活用ではない。ツールの活用で顧客の関心や感情を読み解けば、有力な意思決定の手段として活用できる。

NEWS

“個客”へのマーケティング活動を支援する分析ツールの最新版、SAS

既存の分析ツール群のユーザーインタフェースを刷新し、単一プラットフォームに統合。オンライン上の顧客行動をリアルタイムに分析し、最適なコミュニケーション手段でアプローチできる機能などを追加した。

/tt/news/1306/18/news03.jpg
広告、マーケティングではデータが最も重要

顧客を絶対に失わないビッグデータ分析事例

マーケティング、広告分野はビッグデータ活用の事例の宝庫だ。米国の最新事例から、Hadoopなどビッグデータ技術が有用な理由を探る。

/tt/news/1306/14/news04.jpg
大量データ時代の分析インフラ構築法【後編】

社内と社外、ビッグデータ分析基盤を置くべきはどっち?

データ分析基盤は、社内の仮想環境に置くこともできるが、社外のIaaS上に構築する方法もある。それぞれのメリット、デメリットを考えるとともに今後のデータ分析基盤の在り方を占う。

/tt/news/1306/14/news02.jpg
Office 2013でも高度な分析が可能

Hadoopで年間6000症例を分析、帝京大学のBI事例

医療の現場で発生して蓄積される診療情報や各種検査データ、経営情報。帝京大学 医療情報システム研究センターでは、これらの膨大なデータを統合して有効に活用する取り組みを進めている。

/tt/news/1306/12/news03.jpg
失敗して分かった「データを確実に収益につなげる方法」

大阪ガスの経験に学ぶ「データ活用、3つの勘違い」

分析支援ツール/サービスが年々充実していながらデータをビジネスの成果につなげられない理由は何なのか? 大阪ガスの分析専門組織の事例から、見落としがちなデータ活用の鉄則を学ぶ。

/tt/news/1306/07/news05.jpg
年商1200億円を支えるビッグデータ活用とは?

あきんどスシローが「うまい、安い、早い」本当の理由

BI活用に成功している企業はどのようなアプローチでデータを生かしているのだろうか? 年間15億件のビッグデータをビジネスに生かす、あきんどスシローの取り組みを見ていこう。

/tt/news/1306/07/news01.jpg
IBMのアナリティクスプロジェクト事例

アナリティクスでスポーツの勝者を予測できるか?

スポーツの結果を予測することは可能なのか? IBMが英国で取り組んでいるプロジェクトは、データを収集し、公式を導いて、チームが試合に勝つ確率を上げるための目標を抽出するシステムの開発だ。

/tt/news/1306/03/news03.jpg
大量データ時代の分析インフラ構築法【前編】

ビッグデータ分析、Hadoop活用の意外な落とし穴

ビッグデータプロジェクトに取り組むIT担当者は、分析基盤の構築・運用では、仮想環境の一般的な運用管理アプローチが全く通用しないことを思い知らされることになるだろう。

5 月

/tt/news/1305/31/news08.jpg
予測分析製品紹介: SAS Institute Japan編

「Ponta」でも活用、今も未来も一気に見通す「SAS Analytics」

データを多角的・多面的に分析する予測分析製品群「SAS Analytics」。連携が容易な幅広い製品ラインアップで、現状分析から予測まで一気通貫でカバーする。

/tt/news/1305/30/news05.jpg
BI製品紹介:TIBCO Spotfire 5.0

米TIBCO製品担当が語る、セルフサービスBI選びの本当の鍵

エンドユーザーが任意の視点で分析できるセルフサービスBI市場が活況を呈している。競合がひしめく中、5月24日に新製品「TIBCO Spotfire 5.0」を発表したTIBCO Softwareでは何で差別化を図るのか? 米国本社の製品担当に聞いた。

/tt/news/1305/29/news01.jpg
TechTargetジャパン プレミアムレビュー

データサイエンティストに聞く、ビッグデータ活用の条件

世間の注目を集めている「データサイエンティスト」。企業におけるその「本当の役割」と、分析という行為を確実にビジネスの成果につなげるための鉄則を探った。

/tt/news/1305/24/news06.jpg
2012年米大統領選からCIOが得られる教訓(後編)

オバマ氏再選の鍵となった予測分析、日本でも通用するか?

2012年の米大統領選は投票総数1億2600万人となる一大イベントだった。ビッグデータと予測技術を巧みに使い勝利したオバマ陣営は、人口統計的な分類ではない“有権者の政治を変える能力”を測定していた。

/tt/news/1305/23/news05.jpg
プロジェクトの70〜80%は失敗している

BI活用に失敗した5つの理由

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールは多くの企業に導入されたが、そのほとんどは活用に失敗している。その根本的な原因をBIとアナリティクスの歴史に探る。

/tt/news/1305/15/news03.jpg
2012年米大統領選からCIOが得られる教訓(前編)

日本で解禁されるネット選挙運動、米国から学べることは?

インターネットを使った選挙運動が日本で解禁される。2012年の米大統領選では、有権者とSNSでつながり、効果的にデータを分析したオバマ氏が再選を果たした。その戦略には日本でも応用できるノウハウが詰まっている。

/tt/news/1305/13/news09.gif
「いいね!」が1日32億件

Facebookに学ぶ、驚きのデータ活用術

データがあっても、それをどう理解し、どう利用すればよいかが分からなければ意味がない。一部のBIエキスパートだけではなく、全従業員がアナリストになれる方法をFacebookの事例に学ぶ。

/tt/news/1305/01/news03.jpg
分析ツールでデータサイエンティストの負担軽減

ここまで来た「交通情報ビッグデータ分析」

世界1億台の車両から収集する大量のセンサーデータを基に、過去、現在、未来の交通情報を割り出すのが、米INRIXだ。同社の分析システムの裏側に迫る。

4 月

/tt/news/1304/26/news04.jpg
ドラフト候補生の各種データとスカウト基準を照合

NFL 49ersが実践、有望選手のスカウトにビッグデータ活用の波

いよいよ開催される「NFLドラフト2013」。アメリカンフットボールの名門チームであるサンフランシスコ49ersはデータ分析のクラウドサービスを導入し、将来有望なアスリートの評価を行ってきた。

/tt/news/1304/25/news03.jpg
ただし、リスクを高める可能性も

セキュリティの未来はビッグデータ対応にあり

インテリジェンス駆動型セキュリティへの高い期待が示された「RSA Conference 2013」。基調講演では、従来のセキュリティモデルの問題点を指摘しつつ、今、何をすべきかが語られた。

/tt/news/1304/24/news05.jpg
“刺さる”顧客リストを予測分析で抽出

【事例】ソネットが「思わずクリックしたくなるメール」を作り出せた理由

ソネットエンタテインメントは、メールのクリック率やコンバージョン率の向上を図るべく、予測分析製品の導入を決断した。同社担当者に製品選定の背景を聞いた。

/tt/news/1304/23/news01.jpg
ゲームサイトのビッグデータ事例

MySQL→Hadoop移行でビッグデータの威力を引き出すゲームサイトKing.com

オンラインゲーム会社のKing.comは、ビッグデータに対応するためMySQLデータベースをClouderaのHadoopディストリビューションに置き換えた。

/tt/news/1304/22/news06.jpg
引き金は「データベースドライバ」の更新

ヤマハ発動機も見落とした、「遅いWebサイト」の意外な原因

アプリケーションサーバをOSSへ移行したヤマハ発動機の海外法人。その直後、同社Webサイトのパフォーマンスが急速に悪化したという。原因はOSSではなく、別のところにあった。

/tt/news/1304/19/news01.jpg
アプリケーションパフォーマンス管理に関する読者調査リポート

複雑なシステムのレスポンスをどう確保するか――支援製品に期待

ほとんどの業務をITシステムが支えている今、そのパフォーマンスは経営に多大な影響を与える。仮想化、クラウドで複雑化したシステムを安定運用するための新たなアプローチを多くの企業が求めているようだ。

NEWS

分散ストレージで大容量メールを保管可能に、センドメールが新アダプター提供

センドメールは、メールサーバ製品「Mailcenter Store」で、容量の追加が容易な分散ストレージ「Scality Ring Organic Storage」を利用可能にするアダプターを提供する。

/tt/news/1304/18/news02.jpg
予測分析製品紹介:日本IBM編

日本航空も活用、DWHでビッグデータ予測分析も可能な「IBM SPSS Modeler」

日本IBMの「IBM SPSS Modeler」は、簡単な操作でデータマイニングや統計解析ができる予測分析製品だ。DWHと組み合わせることで大量データを利用した予測分析も可能になる。

/tt/news/1304/09/news02.jpg
総点検: SMBのためのBI活用【第4回】

【製品動向】クラウドとオープンソースで「中堅・中小向けBI」はどう変わる?

企業システムにおけるクラウドやオープンソースの普及は、中堅・中小企業向けのビジネスインテリジェンス(BI)製品を取り巻く状況に変化をもたらしつつある。最新動向を追った。

/tt/news/1304/05/news02.jpg
パフォーマンスは落ちるのか

悩めるデータベース管理者に贈る「SQL Server仮想化の利点と欠点」

サーバを仮想化することで、事業継続性が向上したり、無駄のないITインフラを構築できるなどのメリットが得られる。だが、まだ多くのデータベース管理者がSQL Serverを仮想化すべきかどうかを迷っている。

3 月

/tt/news/1303/27/news01.jpg
選定に難航も“口コミ”が突破口に

【事例】「通販生活」のカタログハウスが語る、BI選び「7つの基準」

通販大手のカタログハウスがビジネスインテリジェンス(BI)製品に求めた要素とは何か。同社情報システム部長である小幡 亮氏の話から明らかにする。

NEWS

HadoopとDWHを組み合わせて高速分析、日本マイクロソフトがアプライアンス新版

日本マイクロソフトはDWHアプライアンスの新版を発表。HadoopとDWHのデータを共通のSQLで操作できるのが特徴だ。加えて、Hadoopのクラウドサービスも提供する。

/tt/news/1303/15/news01.jpg
二者択一ではなく組み合わせが重要

「NoSQL」「RDBMS」を比べて分かる、ビッグデータに適したDBとは?

ビッグデータ活用を進める上で、まず理解すべきなのが「NoSQL」「RDBMS」の2大データベースの特徴だ。これらの違いを理解すれば、適切なデータベースシステムの姿が見えてくる。

/tt/news/1303/14/news04.jpg
ビッグデータや社外データ活用で重要性増す

【導入効果】将来の出来事がデータから分かる「予測分析」

統計解析をはじめとする分析手段を利用し、データから将来の変化を予測するのに役立つのが「予測分析」製品である。その導入効果を解説する。

/tt/news/1303/08/news03.jpg
特定人物のFacebook、Twitterを追跡

米軍のソーシャルメディア監視技術「Riot」の底知れぬ怖さ

米軍の契約企業が開発したソフトウェアでは、特定の人物について「Facebook」や「Twitterなど」のソーシャルメディアから膨大な量の情報を収集できる。

/tt/news/1303/01/news11.gif
アプリ内課金でもめるAppleへの当てつけか

Microsoftが「25億ドル売れるiPad版Office」をあえて出さない理由

フル機能のiPad版Microsoft Officeの推定売り上げは25億ドル――。専門家のこうした見方を尻目に、米Microsoftはリリースを渋る。その裏には、ある料金設定をめぐる米Appleとの確執があった。

2 月

/tt/news/1302/28/news02.jpg
データクレンジング製品紹介:富士通編

高速/高精度の住所クレンジングがウリの「Interstage Information Quality」

顧客マスターにおける住所のクレンジング処理に強みを持つデータクレンジング/名寄せ製品が、富士通の「Interstage Information Quality」だ。その特徴を紹介する。

/tt/news/1302/20/news01.gif
クラウドや競合で様変わりしたMicrosoft Office

歴史からひも解く、「新しいOffice」ができるまで

米Microsoftの「Office 2013」「Office 365」には、さまざまな提供形態やエディションが用意されている。その背景には、クラウドの普及や競合の存在があった。

NEWS

SASが「SAS Visual Analytics」の新版発表、「社運をかける」

ビッグデータに潜む関連性やパターンを視覚的に把握したい――。こうしたニーズに応える製品「SAS Visual Analytics」の新版が登場した。予測分析機能の追加が目玉だ。

/tt/news/1302/08/news02.jpg
メニューの拡充や人材拡充で差異化

【製品動向】ビッグデータ活用策が分かるコンサルティングサービス

ビッグデータ活用の課題やメリット、具体的な活用手法を明確化する「ビッグデータコンサルティングサービス」が充実しつつある。その最新動向を示す。

1 月

/tt/news/1301/31/news07.jpg
主要な3製品分野の動向を解説

【製品動向】クラウドDBやHadoopも保護する「データベースセキュリティ製品」

社内外の攻撃者からデータベース内のデータをいかに守るか。その有力な策となるのが、「データベースセキュリティ製品」だ。最新の製品動向を解説する。

/tt/news/1301/30/news03.gif
クラウド版Officeへの移行も進むか

いよいよ発売の「Office 2013」、アップグレードを見送るユーザーの言い分は

企業ユーザーの「Microsoft Office 2013」へのアップグレードには時間がかかる見込みだ。アップグレードにコストが掛かる上に、その他の選択肢としてクラウド版Officeが浮上していることが理由だ。

/tt/news/1301/30/news02.jpg
TechTargetジャパン プレミアムレビュー

だから、ITツールを生かせない

情シスの社内プレゼンス向上に役立つ情報をお届けする「TechTargetジャパン プレミアム」。今回は情報共有ツールの導入事例からツール浸透のポイントを探った第2弾、『だから、ITツールを生かせない』を紹介する。

/tt/news/1301/28/news03.jpg
テキストマイニング製品紹介:野村総合研究所編

テキスト分析の精度向上に“人力”を生かす「TRUE TELLER」

テキストマイニングの精度向上には、自動処理だけでは限界がある。そこで、人の判断を支援する仕組みを盛り込み、分析精度の向上を目指すのが、NRIの「TRUE TELLER」である。

/tt/news/1301/25/news02.jpg
ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

「ビッグデータで価値創出」は2.3%、課題は人材不足

企業はビッグデータをどれだけ活用できているのか。データ分析のインフラを構築する上で、企業が抱えている課題とは何か。TechTargetジャパンの読者に聞いた。

/tt/news/1301/17/news05.jpg
データ分析に活用するための3つの条件

SAP HANAは“何でもExcel”を終わらせることができるか

データの分析に関わる課題は、インメモリ技術を搭載し、高いパフォーマンスを実現するSAP HANAの登場で解決できるのか。HANAがデータ分析で機能するための条件や、考えられる影響を挙げてみよう。

/tt/news/1301/16/news02.jpg
総点検: SMBのためのBI活用【第3回】

【製品動向】分析や可視化をもっと手軽に、「中堅・中小向けBI製品」

中堅・中小企業のビジネスインテリジェンス(BI)製品に対するニーズが変わりつつある。こうした状況を受け、中堅・中小企業向けのBI製品も変化している。最新動向を示す。

/tt/news/1301/15/news08.jpg
「IBM SmartCloud Docs」がリリース

Office 365、Google Docsを超える? IBMのクラウド型オフィススイートに高まる期待

IBMの新オフィススイート「IBM SmartCloud Docs」はMicrosoftやGoogleの既存サービスにどう対抗するのか。選択肢が増えてきたクラウド型オフィススイートの動向を探る。

/tt/news/1301/10/news05.jpg
ホワイトペーパーランキング

2012年、情報系アプリケーションで最も読まれたホワイトペーパーはこれだ

ソーシャルやビッグデータに加え、グループウェア、BIなどに強い関心――。2012年に多く読まれた、情報系アプリケーションに関するホワイトペーパー上位10本を紹介する。

/tt/news/1301/08/news05.jpg
パブリッククラウドBIにも高い関心

ビッグデータ分析の本命? 採用進む「クラウドBI」

ビジネスインテリジェンス(BI)などのデータ分析をクラウドサービスで実現する動きが拡大しつつある。クラウドに関する最新の調査結果を基に、その理由を探る。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。