2013年08月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

資生堂、カタログハウスも活用事例で納得「テキストマイニングの生かし方」

大量のテキスト情報を分析する「テキストマイニング」の活用の幅が広がっている。テキストマイニングの使いどころとは何か。活用事例を基に探る。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 1990年後半ごろから、アンケートのフリーコメント分析などマーケティング用途を中心に企業利用が進んできたテキストマイニング。現在は、Facebookなどのソーシャルメディアの普及で、大量かつ手軽に顧客の声を収集できるようになり、テキストマイニングの活用の幅も広がりつつある。公開されている幾つかのユーザー事例から、テキストマイニング活用の可能性を探る。

資生堂:顧客の声で自社製品を進化

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...