2013年11月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Facebook、Twitterの次は何?パン屋さんに学ぶ「初めてのソーシャルメディア活用」

FacebookやTwitterを仕事で活用する場合、どのような点に注意をすべきか。ソーシャルメディアを活用して顧客を店舗に呼び込んでいるベーカリーの事例を基に解説する。

[Lena J. Weiner,TechTarget]

 カナダのトロントでベーカリーIrresistibly Deliciousを営むジェン・グロスマンさんは、FacebookやPinterest上でのソーシャルマーケティングをフルに活用し、既存顧客との対話促進や新規顧客の獲得に役立てている。

 「当店の常連客はほぼ全員がFacebookを利用している」とグロスマンさんは語る。「Facebookに写真など、何かしらの情報を載せると、コメントや“いいね!”を付けてもらえる。情報を出すことで、新規の顧客を呼び込める。ボタンを1回クリックするだけで、たった1秒で多くの人たちに情報を届けられる」

パン屋さんにはPinterest

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

ブランドにとってのTwitterの価値は「オーディエンス」 『カメ止め』女優や経沢香保子氏らが語る
映画『カメラを止めるな!』に出演した女優しゅはまはるみ氏、アーティスト和田永氏、キ...

news044.jpg

世界の顧客満足度は下降傾向に――Zendesk調査
Zendeskの「カスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版」より。

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。