2013年11月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Facebook、Twitterの次は何?パン屋さんに学ぶ「初めてのソーシャルメディア活用」

FacebookやTwitterを仕事で活用する場合、どのような点に注意をすべきか。ソーシャルメディアを活用して顧客を店舗に呼び込んでいるベーカリーの事例を基に解説する。

[Lena J. Weiner,TechTarget]

 カナダのトロントでベーカリーIrresistibly Deliciousを営むジェン・グロスマンさんは、FacebookやPinterest上でのソーシャルマーケティングをフルに活用し、既存顧客との対話促進や新規顧客の獲得に役立てている。

 「当店の常連客はほぼ全員がFacebookを利用している」とグロスマンさんは語る。「Facebookに写真など、何かしらの情報を載せると、コメントや“いいね!”を付けてもらえる。情報を出すことで、新規の顧客を呼び込める。ボタンを1回クリックするだけで、たった1秒で多くの人たちに情報を届けられる」

パン屋さんにはPinterest

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。