2013年11月06日 08時00分 公開
特集/連載

効果的なソーシャルメディア戦略は一夜では生まれないクッキー焼いても炎上するな――Oreoが学んだTwitter活用術

TwitterやFacebookにアカウントを持つ企業は急増している。しかし、長い時間をかけてスキルを磨かない限り、企業が期待する効果は見込めないようだ。1年間にわたり毎日メッセージをツイートし続けたOreoが学んだ教訓とは?

[Lauren Horwitz,TechTarget]

 今、TwitterやLinkedIn、Facebookをビジネスツールとして活用する動きが企業の間で活発だ。企業と顧客を結び、新しいアイデアを導き出し、販売や収益増にさえ貢献しつつある。

 しかし、多くの企業、特に法令順守に縛られる企業や厳格な社内規制のある企業などは、ソーシャルメディア戦略の立ち上げから失敗するケースが少なくない。彼らの致命的なミスは、法務部門やコンプライアンス委員会などとのすり合わせが遅過ぎることだ。2013年9月に開催されたソーシャルメディアがテーマのカンファレンス「Social Shake-Up」の講演者たちは、そう口をそろえる。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...