2013年11月06日 08時00分 公開
特集/連載

クッキー焼いても炎上するな――Oreoが学んだTwitter活用術効果的なソーシャルメディア戦略は一夜では生まれない

TwitterやFacebookにアカウントを持つ企業は急増している。しかし、長い時間をかけてスキルを磨かない限り、企業が期待する効果は見込めないようだ。1年間にわたり毎日メッセージをツイートし続けたOreoが学んだ教訓とは?

[Lauren Horwitz,TechTarget]

 今、TwitterやLinkedIn、Facebookをビジネスツールとして活用する動きが企業の間で活発だ。企業と顧客を結び、新しいアイデアを導き出し、販売や収益増にさえ貢献しつつある。

 しかし、多くの企業、特に法令順守に縛られる企業や厳格な社内規制のある企業などは、ソーシャルメディア戦略の立ち上げから失敗するケースが少なくない。彼らの致命的なミスは、法務部門やコンプライアンス委員会などとのすり合わせが遅過ぎることだ。2013年9月に開催されたソーシャルメディアがテーマのカンファレンス「Social Shake-Up」の講演者たちは、そう口をそろえる。

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...