2013年11月05日 08時00分 公開
特集/連載

35歳以下の顧客をどう魅了する? ファッション系ECサイトの挑戦値引き幅とセールの実施タイミングを最適化

オランダ最大手のファッション系ECサイトでは、シーズンごとの在庫品や返品率の高さが悩みの種となっていた。顧客ニーズに応じた体験を提供するため、ビッグデータとアナリティクスを大いに活用しているという。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]

 オランダ最大手のファッション系オンライン小売業者であるWehkampは、値引き管理システムに米IBMのクラウドベースのマーチャンダイジング(MD)アナリティクスツールを採用した。これによって消費者のニーズに、よりきめ細かく対応するとともに、収益性の向上を目指している。

 WehkampのWebサイトには、2012年、1億2200万を超えるアクセスがあった。同年に売り上げた商品の数は1560万点を超える。同社によると、顧客の半数以上は35歳以下だ。

シーズンごとの在庫管理が悩みの種

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...