“スカッとさわやか”ではなかったCoca-ColaのBIシステム統合ユーザー視点での説明が大事

米Coca-Colaでは、全米のボトラー各社に分散していたアナリティクスシステムを単一プラットフォームに統合した。これにより、売り上げ報告書の作成や生産高の管理などの業務を迅速化した。

2013年10月29日 08時00分 公開
[Ed Burns,TechTarget]

 74個にも及ぶデータベースからデータを取り出し、統合する作業を想像してみてほしい。さらに、各データの格納と分析には、それぞれ独自のソフトウェアが使われているとしよう。内製による寄せ集めの小規模アナリティクスシステムを単一プラットフォームに統合することによって、全米規模の大手メーカーでは、売り上げ報告書の作成や生産高の管理、小売店への在庫補充時期の特定といった業務を迅速化しようというわけだ。これは実際、清涼飲料大手の米Coca-Colaが2010年に直面した課題だ。

ボトラー各社のデータを統合してアナリティクスに活用

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...