2013年10月29日 08時00分 公開
特集/連載

“スカッとさわやか”ではなかったCoca-ColaのBIシステム統合ユーザー視点での説明が大事

米Coca-Colaでは、全米のボトラー各社に分散していたアナリティクスシステムを単一プラットフォームに統合した。これにより、売り上げ報告書の作成や生産高の管理などの業務を迅速化した。

[Ed Burns,TechTarget]

 74個にも及ぶデータベースからデータを取り出し、統合する作業を想像してみてほしい。さらに、各データの格納と分析には、それぞれ独自のソフトウェアが使われているとしよう。内製による寄せ集めの小規模アナリティクスシステムを単一プラットフォームに統合することによって、全米規模の大手メーカーでは、売り上げ報告書の作成や生産高の管理、小売店への在庫補充時期の特定といった業務を迅速化しようというわけだ。これは実際、清涼飲料大手の米Coca-Colaが2010年に直面した課題だ。

ボトラー各社のデータを統合してアナリティクスに活用

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...