2013年06月21日 08時00分 公開
特集/連載

刺さる言葉や優良顧客がデータで分かる「iNSIGHTBOX」予測分析製品紹介:シナジーマーケティング編

社内外のデータを基に顧客が購買行動に至る根本原因を探り、商品を買いそうな顧客リストや“刺さる”キーワードを導き出す。そんな予測分析製品が「iNSIGHTBOX」だ。

[富永康信,ロビンソン]

 メールマーケティング支援SaaS「Synergy!」をはじめとするクラウド形式の顧客関係管理(CRM)システムを中心に、企業のマーケティング活動を支援しているシナジーマーケティング。同社はマーケティング精度向上のための行動予測技術を中心とした独自の分析手法を研究開発している。その成果として2011年末にリリースしたのが、顧客に関するインサイト(洞察力・知見)の獲得を支援する予測分析製品「iNSIGHTBOX」(インサイトボックス)だ。同社が「クラウド型社会知データベース」と呼ぶiNSIGHTBOXの概要や特徴を見ていこう。

製品の概要:簡単操作で顧客リストやキーワードを算出

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...