刺さる言葉や優良顧客がデータで分かる「iNSIGHTBOX」予測分析製品紹介:シナジーマーケティング編

社内外のデータを基に顧客が購買行動に至る根本原因を探り、商品を買いそうな顧客リストや“刺さる”キーワードを導き出す。そんな予測分析製品が「iNSIGHTBOX」だ。

2013年06月21日 08時00分 公開
[富永康信,ロビンソン]

 メールマーケティング支援SaaS「Synergy!」をはじめとするクラウド形式の顧客関係管理(CRM)システムを中心に、企業のマーケティング活動を支援しているシナジーマーケティング。同社はマーケティング精度向上のための行動予測技術を中心とした独自の分析手法を研究開発している。その成果として2011年末にリリースしたのが、顧客に関するインサイト(洞察力・知見)の獲得を支援する予測分析製品「iNSIGHTBOX」(インサイトボックス)だ。同社が「クラウド型社会知データベース」と呼ぶiNSIGHTBOXの概要や特徴を見ていこう。

製品の概要:簡単操作で顧客リストやキーワードを算出

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...