2013年07月19日 08時00分 公開
特集/連載

インメモリDBも「R」も使える予測分析製品「SAP Predictive Analysis」予測分析製品紹介: SAPジャパン編

ビジネスの現場では、過去に起こったことを見るよりも、今後起こり得ることを予見することが重要になった。「SAP Predictive Analysis」を提供開始したSAPジャパンの意志もそこにある。

[富永康信,ロビンソン]

 ビッグデータ関連技術やコンピューティング技術の進化を競争優位性の向上に生かしたい――。こうしたユーザー企業の声に応えるべく、ベンダー各社は予測分析ソフトウェアの開発を活発化させつつある。SAPジャパンもその例に漏れず、2013年5月30日に「SAP Predictive Analysis」の国内提供を開始した。SAP Predictive Analysisは単体でも導入は可能だが、インメモリデータベース製品など、同社の他製品との組み合わせで真価を発揮する。

製品の概要:幅広いデータソースから手軽に分析

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...