2013年11月08日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド激増するビッグデータ用データに苦慮するユーザーたち

ビッグデータ分析では、バックエンドインフラをアプリケーションのニーズに合わせる従来型のアプローチを改める必要がある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 従来のやり方で構築したストレージインフラは、大規模なリアルタイムデータセットの分析には全く適さないかもしれない。エンタープライズストレージは、アプリケーションに大きな重点が置かれることもある。IT部門は、トランザクションシステム用のSAN(Storage Area Network)やファイル保存用のNAS(Network Attached Storage)を導入している。企業は一般的に、まずアプリケーションのことを考えるため、バックエンドストレージはその次になる。

 だが、大量のデータを扱うビッグデータの場合、それとは違ったアプローチが必要になる。Ovumの上級アナリスト、ティム・スタマーズ氏は「顧客に何を売るべきかについて、業界にははっきりしたコンセンサスがない」と指摘する。一部のサプライヤーはオブジェクトストレージやクラスタ化した拡張型のNAS、あるいはブロックレベルSANを売り込んでおり、「いずれも独自のメリットはあるが、全ては環境次第だ」と同氏は言う。

 サプライヤーはビッグデータアプライアンスにストレージを統合して売り込んでいる。これによってパフォーマンスは向上しても、データの共有が必要な場合は問題が生じるかもしれない。

Hadoopのためのストレージ

 Googleのアルゴリズム「MapReduce」のオープンソースインプリメンテーションである「Apache Hadoop」は、トランザクションシステムの運用に使われるリレーショナルデータベースを介したデータ処理に関して、異なるアプローチを取っている。

 Hadoopは、並列処理の実行によってデータを処理する。データは大型コンピュータクラスタの中で複数のノードに分散され、多数の低コストコンピュータノードを使ってビッグデータを分析できる。このクラスタは社内に置くことも、例えばAmazonなどのクラウドに置くことも可能だ。

 Gartnerの調査ディレクター、ジー・ザング氏は次のように解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...