2013年12月06日 08時00分 公開
特集/連載

クリスマスを楽しめないショップ担当者の憂鬱、在庫切れをどう防ぐ?消費者の需要予測がポイント

10人に9人は在庫切れを起こしたショップをもう利用しない――このような調査結果もあるほど、消費者は在庫切れに厳しい。注文が殺到するこれからのクリスマスシーズンをどう乗り越えるか。

[Brenda Cole,TechTarget]

 1年で最も忙しいクリスマス商戦が始まり、顧客の需要への対応合戦が本格化している。この時期、サプライチェーン(以下、SCM)をしっかり管理することがSCM担当者の最重要課題となる。しかし、仏パリに本社を置くコンサルティング会社Capgeminiが実施した最新の調査により、多くの場合、顧客の需要に対応するのは言うほど簡単ではないことが明らかになった。

 Capgeminiが実施したサプライチェーンインパクト調査では、米国消費者のクリスマスシーズンの買い物の実態と、SCMをスムーズに運用して、顧客からの高い需要に対応するために大手小売業者、消費財企業、流通企業のSCM担当者が取っている方法について調査した。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...