2007年12月06日 04時45分 公開
特集/連載

クリスマスをデータセンターで過ごしたくなければ「要組み立て」に注意

クリスマスパーティー当日、データセンター管理者のわたしはホリデー気分で32台のブレードサーバ導入を開始した。作業は順調に進んだ──「その箱」に行き当たるまでは。

[Kyle Rankin,TechTarget]

 子どものころ、クリスマスプレゼントを開けて「要組み立て」の文字を目にするとがっかりしたものだ。もう何カ月も待ったのに、今度は誰かがおもちゃを組み立ててくれるまで、もっと待たなければならないのだ。

 今は、真新しい最先端の機器の箱を開けるとき、子ども時代のクリスマスのような気分になる。プラスティックの感触、電子機器のにおい、ピカピカの金属部分。データセンター管理者にとってはホリデー気分だ。そういうわけで、2006年12月、わたしが会社の新しい施設で32台のブレードサーバ導入に着手したときは、クリスマスの朝が再び巡ってきたようなものだった。

 設置のためHewlett-Packard(HP)の技術者に来てもらうことになっていたので、わたしは400kg以上ある機器を保管場所からケージに移すため、数時間前に出社した。ケージ内には大きなスペースがあるだけだったので、わたしは巨大な箱を開け、台車で機器を一抱えずつ運ばなければならなかった。

 「その箱」に行き当たるまでは順調だった。それは、中に技術者を何人か閉じこめておけそうなほど巨大な箱の1つだった。大型ブレードの筐体か、ブレードサーバが何台か入っているのだろうと思って開けると、中には形も大きさもまちまちな小型の梱包が何百個も入っていた。箱の大きさとのあまりのギャップに最初は笑ってしまったが、この梱包がすべてブレードサーバ内部の部品だと分かり、長い1日になることを覚悟した。小さな梱包の山を台車に積んで何度も往復すると、やがてケージの中は小さな段ボールでいっぱいになった。

関連ホワイトペーパー

データセンター | ブレードサーバ | ベンダー


ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...