着々と進むGoogleの新データセンター建設ベテランサイトマネジャーに聞くリスク管理

Googleが6億ドルを投じて建設中のデータセンターについて、サイトマネジャーとして同社がOracleから引き抜いたトム・ジャコビック氏にインタビューした。

2007年08月29日 05時00分 公開
[Bridget Botelho,TechTarget]

 Googleが6億ドルを投じて米ノースカロライナ州レノアに建設中のデータセンターは、2008年3月までに稼働を開始する見通しだ。データセンターの立ち上げに向けて、Googleはトム・ジャコビック氏をサイトマネジャーに任命した。

 Googleに入社する前は、ジャコビック氏はOracleの戦術オペレーションディレクターを務めていた。同氏はキャリアを通じてIT推進業務に携わっており、米国空軍での現役勤務も経験している。同氏は現在も予備役にある。

 ジャコビック氏にGoogleでの新しい仕事について電子メールでインタビューした。

―― どのようにしてデータセンター運用の分野に携わるようになったのですか。

ジャコビック わたしはデータセンター環境で15年以上働いています。最初はExodus Communicationsのネットワークエンジニアでした。同社でさまざまなデータセンターの業務を行い、関連技術を学びました。そうした積み重ねを経て、大規模データセンターの構築・運用管理に当たるようになりました。

―― Googleでの新しい仕事は、具体的にはどのようなものですか。

ジャコビック わたしはレノアの施設作りの監督と支援に責任を持ちます。施設が稼働したら、そのサービスとITインフラの可用性を保証するチームを統括します。また、このチームは社内技術者と連携して、レノアから提供する追加のサービスや機能を決定するとともに、われわれの施設とGoogleのほかの施設の相互依存を管理します。

―― Googleはプレスリリースであなたのことを、「IT課題を解決するリーダーとして名をはせている」と紹介しています。これまでを振り返って、大変な窮地に陥ってそれを切り抜けた経験はありますか。ほかのデータセンター責任者のために、差し支えなければお聞かせください。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...