過去記事一覧 (2016 年)

12 月

/tt/news/1612/31/news02.jpg
今こそ未来に備えるとき

Fordが自動車開発に活用 急拡大するAR/VRビジネスに必要なスキルとは

自動車メーカーから小売業に至るまで、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)が企業における従業員の働き方や製品の生産方法に変化をもたらしている。具体的な事例を紹介しよう。

/tt/news/1611/30/news01.jpg
川田大輔のクラウド解体新書【第3回:サマリー版】

“じり貧”へ向かう日本市場を復活へと導く オープンイノベーションの可能性

IT業界においても、高度成長期にある国々を日本がまねすることはできない。日本企業の成長には、クラウドをはじめとするITを駆使したオープンイノベーションが必要だ。

/tt/news/1612/24/news01.jpg
2017年には一般利用も

レジなし店舗「Amazon Go」が採用、小売業を根本から変える“すごい技術”

IoTと人工知能(AI)を活用し、レジのいらない店舗を実現した「Amazon Go」。古い仕組みに凝り固まった既存の小売業を打倒するものになるのだろうか。

/tt/news/1612/21/news03.jpg
中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第2回】

データ分析はベテラン従業員の経験を否定するのだろうか?

データ分析や人工知能(AI)が普及すると、人間の仕事が奪われるといわれています。企業の中で経験や技術、知識を蓄えた「ベテラン従業員」すら、居場所を奪われるような日が来るのでしょうか。

/tt/news/1612/19/news04.jpg
サプライチェーン管理にブロックチェーンを全面採用

「ブロックチェーン」に約3兆円をつぎ込む中国企業、何を目指しているのか?

仮想通貨の根幹技術「ブロックチェーン」を他分野で活用する動きが広がっている。中国企業Wanxiang Groupもその1社だ。ブロックチェーン関連で2023年までに300億ドルの投資を決めた同社の取り組みに迫る。

/tt/news/1612/19/news02.jpg
メリットだけでなくデメリットもしっかり確認

“IoT元年”に浮上したセキュリティリスク――知っておくべき3つの対策

IoTが広がり、日常生活だけでなく、ビジネスでも大きな影響を与えている。一方で、インターネットにデバイスを接続するリスクを認識しないと、取り返しがつかないことになるかもしれない。

/tt/news/1612/16/news06.jpg
IoT化が先行する交通網の最新事例

「次のバスが来るのは何分後」から信じられないほどに進化した交通網のスマート化

街全域でIoTを活用して住民が快適に過ごすことができるようにする「スマートシティー」構想において、最初に始まるのが交通網のIT化だ。なぜ、交通網を優先するのかその理由を説明する。

/tt/news/1612/14/news09.jpg
北米放射線学会(RSNA 2016)トピックス

「目指すは診断精度の向上」、放射線医学分野を中心に広がる技術トレンドとは

第102回北米放射線学会(RSNA 2016)では、画像診断における人工知能(AI)と機械学習の導入や、放射線医学分野におけるクラウドや遠隔医療の応用といった技術テーマが注目を集めていた。

/tt/news/1612/14/news06.jpg
予測分析で「ベテランの勘」を強化

“クルマ離れ”時代に新車販売数を伸ばした、中堅企業のビッグデータプロジェクト

新車販売の予測分析サービスを立ち上げた日産東京販売ホールディングス。しかしスタート時、現場はベテランの勘を重視し、懐疑的だった。同社はどのように壁を乗り越え、成果を積み重ねることができたのだろうか。

/tt/news/1612/13/news03.jpg
AWSを基盤にしたIoTビジネス

「クラウド+工夫」で等身大のIoTビジネスに挑む3社の事例

IoT活用には大規模なシステムと高度な技術力、多大なコストが掛かると思われがちだ。しかしクラウドを利用して知恵を絞ることで、低コストで本格的な実用に踏み込んでいる企業もある。

/tt/news/1612/13/news05.jpg
コンシューマーの「オムニチャネル」化が進行

オンライン売上高が感謝祭商戦で過去最高に、それでも「実店舗」がなくならない理由

2016年ホリデーシーズンのオンライン売上高が過去最高を更新した。その背景には何があるのか。オンラインストアの今後はどうなるのか。専門家の話を基に考える。

/tt/news/1612/08/news05.jpg
選挙予測に新しい手法の必要性

トランプ氏当選で露呈、“電話による世論調査はオワコン”か?

2016年米大統領選挙の予想外の結果は、携帯電話しか持たない世帯が主流になった時代における世論調査の在り方に多くの疑問を投げ掛けた。

/tt/news/1612/08/news03.jpg
対話型で次の段階に行くスマートセキュリティ

Apple、Googleも開発本格化、IoTで家を守る「スマートセキュリティ」とは

IoT(モノのインターネット)の登場により、ホームセキュリティの形が変わりつつある。どのように変わってきているのか紹介する。

/tt/news/1612/05/news05.jpg
「Apple」をどう訳す?

「eBay」が商品リストの自動翻訳を実装、「機械学習」の働きとは

オンラインオークションサイト「eBay」は、自身が選択している言語で出品された商品リストしか表示されないという問題があった。その問題を機械学習を使って克服したというが、どのように対処したのだろうか。

/tt/news/1612/01/news12.jpg
新しいトレンドの影響力とは

第3次“AI”ブームは本物か、新しく台頭する4つのデータ分析トレンドとは

第3次人工知能(AI)ブームが到来し、再びAIが注目を浴びている。そして、AIとビッグデータにより、新しいトレンドが生まれつつある。

/tt/news/1612/01/news11.jpg
半導体の需要拡大を見込んだ業界再編

IoT時代到来で半導体業界はどう変わる? 5件の大型買収を振り返る

モノのインターネット(IoT)用のデバイスには、新しいタイプの半導体チップが必要になると予想されることから、半導体業界には企業買収の波が押し寄せている。半導体業界の動向を振り返る。

11 月

/tt/news/1611/30/news06.jpg
原因分析で見えてきたこと

まさかの「トランプ氏当選」で面目丸つぶれのデータサイエンティスト、米大統領選の予想はなぜ外れた?

米大統領選挙では、ほぼ全ての予測モデリングアルゴリズムが勝者予想を外した。その原因にデータサイエンティストが注意を払わなければ、今後あらゆる予測分析プロジェクトを迷走させてしまう恐れがある。

/tt/news/1611/23/news01.gif
デジタル時代のERP再考(5)

Walt Disney Worldが実践、カスタマーエクスペリエンス向上におけるERPの役割とは?

常に変化し複雑化する生活者の要求に応えるために、カスタマーエクスペリエンスの向上が求められている。その中でERPシステムはどのような役割を果たすのだろうか。

/tt/news/1611/24/news02.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】

製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド

専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。

/tt/news/1611/24/news05.jpg
2016米大統領選を検証

「トランプ大統領誕生」をデータ分析の専門家はなぜ予測できなかったのか

米大統領選でのドナルド・トランプ氏の予想外の勝利を受け、メディアや世論調査会社はデータ分析に失敗した原因の検証を進めている。

/tt/news/1611/22/news06.jpg
戦略を立てるために理解すべきこと

IoTのビジネスチャンスはどこにある? 素通りできない「5つの戦場」とは

IoTは「1つの市場」ではない。独自のチャンス、課題、キープレーヤーが存在する「5つの重要な戦場」と見るべきだ。まずは戦場の力学を知っておきたい。

/tt/news/1611/18/news01.jpg
顧客は今、何をしたいのか

競合他社も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦略

「そんなことがなぜ分かる? どこからそんな情報を手に入れた?」と同業者が驚く、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦略とは? 同社の示唆に富んだ事例を紹介する。

/tt/news/1611/17/news04.jpg
壁の向こうを透視できる世界が実現するかも

ARは「Pokemon GO」だけではない、驚きをもたらすAR活用事例とは

スマートフォンゲーム「Pokemon GO」によって、拡張現実(AR)が世の中に広く認知されるようになった。ビジネスでは、AR技術をどのように活用されているのかを紹介する。

/tt/news/1611/15/news04.jpg
中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第1回】

なぜ「脱Excel」は必要か――頼もしいExcel職人の“光と影”

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの導入を推進しようというときに、Microsoft Excelが思わぬ障害になることがあります。中堅・中小企業にありがちな“脱Excel”の課題とは?

/tt/news/1611/14/news06.jpg
「クラウドコンピューティングEXPO秋 2016」レポート

IoT一色だった秋の祭典、2つのアプローチで見極めるクラウドサービス選び

2016年秋のクラウドコンピューティングEXPOでは、IoTに関するベンダー各社の取り組みが目立っていた。IoTのサービスは大きく2つのアプローチに分けられる。1つは情報収集、もう1つはデータ分析だ。

/tt/news/1611/14/news01.jpg
保険会社の導入事例

製品だけで選んではいけない、ビッグデータプラットフォーム選び

複数のHadoopディストリビューターからどの製品を選ぶべきなのか。ドイツの再保険会社は、製品以外の面に注目することで導入を成功させた。彼らの製品選定を決定付けた要因とは何か?

/tt/news/1611/07/news07.jpg
難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない

「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは

医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。

/tt/news/1611/01/news01.jpg
“バーチャルシンガポール”で何ができるのか

国土の3Dマッピングで土地利用の最適化を図るシンガポールの挑戦

シンガポール政府は、国土を3Dマッピングして都市計画に生かすプロジェクトを開始した。詳細な3Dマップによって何が実現するのだろうか。

10 月

/tt/news/1610/28/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Google ハングアウト」はどこにいく? Google新サービスの実力とは

「Google ハングアウト」は、コンシューマー機能を切り離して、「Allo」と「Duo」の新サービスをリリースする。その理由とは? また新サービスの実力とは?

/tt/news/1610/28/news03.jpg
IoT通信プロトコル「Weave」も公開

GoogleのIoT用OS「Brillo」はどう活用できる?

GoogleがIoT向けOSの「Brillo」と、IoT通信プロトコルの「Weave」を公開した。同社は競争が激化するIoT分野で成功を収めることができるのか。

/tt/news/1610/28/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

NoSQLデータベースの活用例

NoSQL技術が企業で利用され始めている。だが市場でシェアを拡大するにはまだしばらく時間がかかりそうだ。

/tt/news/1610/27/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

SQLからNoSQLへ――そして再びSQL?

Webスケールのデータセットを整理するデータベースの台頭に関わるサプライヤー、そして「NewSQL」と呼ばれる新興勢力の動向について紹介する。

/tt/news/1610/25/news01.jpg
矛盾する2つの調査結果の謎

英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」

2016年夏、SAP HANAに関する2つの調査結果が相次いで発表された。1つは、中小企業もHANAに高い満足度を示した。一方、SAP自身が紹介した優良顧客の60%は、二度とSAP製品は買わないという。

/tt/news/1610/24/news14.jpg
平らな電子部品から解放

技術の2大トレンド、「IoT」と「3Dプリント」の連携が生み出す破壊的ビジネスとは

3Dプリンタを活用することで、モノのインターネット(IoT)デバイスのパーツをより迅速かつ効率的に試作、生産できるようになるかもしれない。

/tt/news/1610/24/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

MicrosoftとOracleのNoSQLデータベース

クラウドアプリケーションとビッグデータサービスは、NoSQLデータストアの新たな波をもたらした。MicrosoftとOracleはどんなサービスを提供しているのか。

/tt/news/1610/20/news06.jpg
「データ分析信者」が見誤ること

スポーツへのデータ分析の活用が拡大、「行き過ぎ」批判も

スポーツにデータ分析を活用する動きが広がり、行き過ぎではないかとの議論も出ている。データに基づく判断は利益をもたらすが、どんな場合でも正しいとは限らない。

/tt/news/1610/18/news04.jpg
トヨタなど既存メーカーにどう対抗?

Google、Apple、Uber、Tesla――自動車ビジネス“新ビッグ4”の戦略を探る

10年後、自動車産業の業界勢力図はがらっと変わり、Google、Apple、Uber、Teslaの4社いずれかの自動車を運転するようになっているかもしれない。業界を破壊する“四騎士”それぞれの戦略の違いを探る。

/tt/news/1610/17/news12.jpg
「Data Lake Analytics」「HDInsight」など

「Microsoft Azure」、知っておくべき7つのビッグデータサービス

Microsoftは「Microsoft Azure」のビッグデータサービスポートフォリオを拡大している。ビッグデータで大躍進を遂げたいユーザー企業が知っておくべきAzureのサービスを説明する。

/tt/news/1610/14/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

成長するグラフデータベース技術

3世紀前から知られていた数学に基づくグラフデータベースは、FacebookやTwitterなどの企業を越えてビジネスバリューをもたらしつつある。

/tt/news/1610/11/news07.jpg
BIに便利なコラボレーションを

きっとあなたも知らない、「Power BI」に眠る“お役立ちコラボレーション機能”5選

Microsoftのクラウド型BIツール「Power BI」のコラボレーション機能を使えば、データを的確に分析し、実用的なデータを得ることができる。ただし、この機能の存在をよく知らずにいる人は少なくない。

/tt/news/1610/11/news06.jpg
店内ロボット「LoweBot」とは

見つからない店員よりも人当たりのよいロボットに相談、“小売り×IoT”の最新事例

Lowe'sが2年間テストしてきた店内ロボット「LoweBot」が間もなく利用可能になる。最新ITを使うことによって小売業界はどのように変わるのだろうか。

/tt/news/1610/06/news05.jpg
「Power BI」拡張も可能に

「Office 365」を最大限生かすには「Azure」連係がキモ 知られていない機能とは

企業におけるコラボレーションと生産性向上にクラウドがますます重要な役割を果たす今、「Office 365」サブスクリプションサービスを最大限に活用するには「Microsoft Azure」が効果的だ。

/tt/news/1610/07/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ

病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。データ分析によって患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたり、医療詐欺対策をしたり、といった効果が期待できる。

/tt/news/1610/07/news01.jpg
ビッグデータ活用成功と失敗

明暗が別れた2つのビッグデータ活用プロジェクト、どうしてこうなった

ビッグデータ活用が進むオランダの2つのプロジェクトを紹介する。素晴らしい成果を挙げたプロジェクト、そして散々な結果に終わったプロジェクト。失敗例は、日本でも繰り返し起こっている問題と同じだ。

9 月

/tt/news/1609/28/news10.jpg
動き始めた「ラーニングアナリティクス」【第2回】

教育ビッグデータ分析「ラーニングアナリティクス」に必須な“4つの機能”とは?

膨大な学習履歴を価値に変える「ラーニングアナリティクス」。そのシステムはどのような仕組みを持つのか。教育機関にどのようなメリットをもたらすのか。詳しく説明する。

/tt/news/1609/28/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

グラフデータベース技術の進化

3世紀前から知られていた数学に基づくグラフデータベースは、FacebookやTwitterなどの企業を越えてビジネスバリューをもたらしつつある。

/tt/news/1609/27/news02.jpg
IoTビジネスはもう始まっている【後編】

移動の時間を幸せに――JapanTaxi 川鍋社長が語る「Internet of Taxi」の未来

日本交通のIT子会社JapanTaxiは、タクシー体験をより豊かにするためにソフト、ハードの両面でIoTを推進している。川鍋社長が配車アプリやデジタルサイネージの取り組み、クラウド活用について語った。

/tt/news/1609/26/news09.jpg
進化するDBMS市場【後編】

稼働率100%を目指すビッグデータ向けDBMS「NuoDB」と期待の新製品群

新しいDBMS製品の多くはダウンタイムに対処するために登場している。つまり稼働率100%の実現だ。大量トランザクション処理を目的に作られた新種のDBMS製品「NuoDB」とは。

/tt/news/1609/26/news08.jpg
IoTビジネスはもう始まっている【前編】

大阪ガスの「エネファーム」に学ぶ、IoTマネタイズのヒント

家庭用燃料電池「エネファーム」を使ったIoTビジネスを、企画開始から5カ月で達成した大阪ガスの事例を紹介する。IoTビジネスのアイデアをどう具現化し、どんなビジネスメリットを生み出したのか。

/tt/news/1609/26/news03.gif
Hadoopユーザーは要注目

列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か

Apache Software FoundationのOSSプロジェクトの1つ、「Kudu」がトップレベルプロジェクトに昇格した。Kuduとは? 列指向ストレージエンジンとは?

/tt/news/1609/26/news11.jpg
NFCタグでビッグデータの一部に

電源もネットワークもない“ただの箱”をIoTで利用する方法

あらゆるものをネットワークに接続してそこから得たデータを活用しようというIoT。今や「そんなこといっても段ボール箱は使えないでしょう、はっはっは」と笑っている場合ではない。

/tt/news/1609/21/news03.jpg
コストよりも重視した価値とは

「Evernote」がGoogleクラウドへ移行、“ロックイン”は怖くない?

プラットフォームのハイレベルサービスを導入するためなら、クラウドロックインもいとわないという企業が増えている。Evernoteもその1社だ。

/tt/news/1609/20/news06.jpg
進化するDBMS市場【前編】

データベース市場の革命は可能か、明白になってきた課題と次の躍進を探る

企業がソーシャルメディアやビッグデータ、IoTから得られる非構造化データの管理に注目する中、データベース管理システム(DBMS)市場に新しい風が吹いている。

/tt/news/1609/16/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由

クラウド市場では「Amazon Web Service」(AWS)が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。

/tt/news/1609/16/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

グラフデータベースによるパナマ文書の解析

ソーシャルネットワーキングからオフショア金融詐欺防止まで、グラフデータベースの成長がデータベース市場の新たな方向性を指し示す可能性を探る。

/tt/news/1609/15/news04.jpg
似通ってくるBluetoothと無線LAN

IoT拡大で新規格「Bluetooth 5」「Wi-Fi HaLow」登場、従来の相互補完は風前のともしび

IoT市場の急速な活性化は優れた無線通信規格を必要とする。それが、これまで補完関係で共存してきたBluetoothと無線LANの関係を変えようとしている。

/tt/news/1609/14/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

データセットのパターンを引き出すグラフデータベース

データセット間の関係性を表現することを可能にするグラフデータベースは、データ分析の洞察に革新をもたらす。

/tt/news/1609/13/news07.jpg
「AI会話」の進歩を見る【後編】

IBMやGoogleのAI会話は「Siri」とは一味違う訳

Appleの「Siri」やMicrosoftの「Cortana」は、複雑な文脈を理解するまでには至ってない。一方でGoogleやIBMの会話プラットフォームは、単なる音声応答システム以上の水準まできている。

/tt/news/1609/12/news13.jpg
Hadoopとの使い分けは?

ビッグデータを高速分散処理するSparkをAWSで動かすと何がすごいのか

「Amazon Web Services」(AWS)のHadoopサービスとして特に魅力的なのが「Apache Spark」である。「Amazon Elastic MapReduce」と連係して高速処理や多用途性を実現する。

/tt/news/1609/12/news01.jpg
HadoopベースのRDBMS

RDBMSの新しい選択肢「Splice Machine」とは何か?

HadoopとSparkを利用したRDBMS「Splice Machine」のバージョン2.0がリリースされた。Splice Machineとはどのようなデータベースなのか。2.0の動向と併せて紹介する。

/tt/news/1608/25/news08.jpg
【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第3回

データ分析で成功するためのデータマネジメントとIT部門の新たな役割

ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。

/tt/news/1609/08/news07.jpg
「AI会話」の進歩を見る【前編】

今後5年で営業メールの相手はAIのチャットボットになる

今後5年以内には、自然言語処理や深層ニューラルネットワーク、会話機能を備えた「人工知能」(AI)が、あらゆる業務アプリケーションに普及するだろう。

/tt/news/1609/01/news11.jpg
拡大するAWSの産業別施策

AWSが次に目を付けたのは「ゲーム市場」、コンテンツ制作や運用をクラウドで効率化

AWSが「Amazon Lumberyard」でゲーミング市場に進出した。AWSの今後の成長は、産業別の進出拡大にかかっているかもしれない。

8 月

/tt/news/1608/31/news01.jpg
グラフ型データベースとは?

今さら聞けないグラフ型データベース基礎の基礎

グラフ型データベースとは何か。何ができて、どのようなメリットがあるのか。グラフ型データベースについて、一から分かりやすく解説する。

/tt/news/1608/30/news12.jpg
Hadoopとストレージシステムの良い関係【後編】

Hadoopの悩みとさよならできる、脱「HDFS」をかなえるストレージシステム4選

「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」には課題も少なくない。HDFSを使わなくても済むようになる、4つのストレージシステムを紹介する。

/tt/news/1608/30/news09.jpg
人類と地球環境の調和を目指す

“スマートなビル”と1つの「アイ」(IoT)が地球を救う

建物はそこで過ごす人間の作業効率に影響するだけでなく、地球環境に対しても大きな負荷を掛けている。建物の進化は人間にも地球環境にも好ましい結果をもたらす。そのために必要な技術がIoTだという。

/tt/news/1608/29/news09.jpg
Hadoopとストレージシステムの良い関係【前編】

Hadoopトラブルの“真犯人”、「HDFS」を使わずに済む代替手段とは

「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」。その課題を回避するために、共有ストレージシステムを使用するユーザー企業が増えている。その理由を紹介する。

/tt/news/1608/29/news07.jpg
IBMとGoogle、Facebookも参入

チャットボット開発に専門知識はもう不要? 誰でも使える「機械学習」が充実へ

IBMとGoogleが提供する新しい機械学習ツールにより、テキストや音声ベースのアプリケーションを素早く開発できるようになる。市場における競争はさらに活発になるだろう。

/tt/news/1608/23/news04.jpg
商品管理から売れる陳列、盗難防止まで

導電性インク活用の「スマートシェルフ」が小売店舗のIoTを加速する

導電性インクの適用は、小売業者が商品棚にある商品の管理、販売と商品配置の関連付け、窃盗に対する警告を行うのに役立つ。

/tt/news/1608/16/news03.jpg
まずはその正体を理解すること

「ビットコインだけじゃない」 ブロックチェーンが採用業界を広げるために必要なこと

ブロックチェーンが各種業界にもたらすさまざまな影響が話題になることが増えてきた。しかし、活用方法を特定して実際に運用するのは容易でない。潜在的な活用事例と実装に向けたステップを解説しよう。

/tt/news/1608/15/news11.jpg
セキュリティとコストパフォーマンスの視点で考える

クラウドSparkの導入、思い込みとは正反対の「本当のメリット」とは?

「Apache Spark」の商用ディストリビューションの多くには、クラウドのオプションが用意されており、顧客から人気を博している。だからといって、それがあらゆる状況で役に立つわけではない。

/tt/news/1608/15/news09.jpg
フェイルオーバー計画が必要な理由

機械学習に起こり得る3つの障害、外部からの攻撃にどう対処すべきか?

機械学習モデルには脆弱性と障害がつきものだ。本稿では障害の発生原因と、障害発生時にもユーザーの作業を中断させないためのフェイルオーバー計画について説明する。

/tt/news/1608/10/news05.jpg
先駆的5社が証明した「IIoT」の底力【後編】

GPS付きで賢くなった「インテリジェントケーブル」を3Mが開発、どう役立つのか?

先駆的に産業用IoT(IIoT)に取り組む企業は、どのようなメリットを享受しているのか。後編では3MやBoschのグループ企業などが進めるIIoTの取り組みについて紹介する。

/tt/news/1608/09/news06.jpg
先駆的5社が証明した「IIoT」の底力【前編】

IoTで普通のポンプが「スマートポンプ」に変身? 重電大手Schneiderが挑戦

産業用IoT「IIoT」で大きく前進した世界的な製造業は、製造プロセスの改善やコスト節約などのメリットを享受している。前編では先駆的な5社のうち、2社の取り組みを追う。

/tt/news/1608/09/news05.jpg
まずは用語から学ぼう

Googleが提供するビッグデータ分析サービスの基礎知識

「Google Cloud Platform」で提供される各種ビッグデータサービスの全体像について案内するのは容易ではないが、本稿ではGoogleが提供しているサービスの一つ一つについて分かりやすく紹介してみたい。

/tt/news/1608/09/news03.jpg
賃借対照表や損益計算書の作成が自動になる?

人工知能がいよいよビジネス実用段階に? 業務システムはどう変わる

過去に何度か「人工知能」(AI)ブームが到来しているが、今回のブームではビジネス活用が本格的に進む可能性がある。その理由と、AIが業務システムに与える影響を考える。

/tt/news/1608/08/news01.jpg
Watsonは常識に欠ける

IBM「Watson」導入を阻む高過ぎるハードル

営業支援コンサルタントやロボット弁護士、規制調査アプリケーションなど、人工知能「Watson」の導入実績も増えてきた。しかし、Watsonを導入するためには高い高いハードルを乗り越える必用がある。

/tt/news/1608/04/news05.jpg
誇大広告を冷静に見極める目が必要

あらゆるアプリを賢くする人工知能(AI)の限界、それでも熱視線が集まる理由

人工知能(AI)システムが大いに注目を集めている。AIをどう導入すればビジネスに効果的か、それを理解することは企業にとって緊急の課題となっている。

/tt/news/1608/03/news02.jpg
ある衣料品メーカーの実例に学ぶ

BIはスピードが命、従業員と経営者が進んで使いたくなるツールの条件とは?

現代のBIレポートツールは、かつてBIを減速させていたETLなどのプロセスを最低限に抑えることができる。ある衣料品メーカーの実例を紹介する。

/tt/news/1608/02/news07.jpg
AIは恐れるよりも歓迎すべきもの

「人工知能(AI)が人の仕事を奪う問題」を笑い飛ばす人 

人工知能(AI)ソフトウェアが普及すると人間の職が奪われるのではないかと懸念する声がある。だが、ある専門家はそうした影響は少なく、むしろ労働者にとって有益だという。

/tt/news/1608/01/news13.jpg
非構造化データの分析に

ビッグデータ分析の隠れた本命、「深層学習」の底力とは?

複雑な解析問題を扱うために設計されている深層学習ソフトウェアは非構造化データを扱うときに最も効力を発揮する。

7 月

/tt/news/1607/29/news12.jpg
利用シーンでイメージするForce.comとHerokuの連係

100人に100通りのチラシを配る、「Heroku」による全日本食品の会員サイト開発事例

アプリケーション開発への要件が厳しさを増している。モバイル対応は当たり前、SNS連係や基幹システムとのリアルタイム接続など要件は複雑だ。Salesforce.comのApp Cloudはこの課題にどう挑むのか。事例を交えて紹介する。

/tt/news/1607/27/news05.jpg
Web検索から金融、不正対策まで

誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変える

企業は今こそ機械学習の採用を検討し、最新のトレンドである高度な分析テクノロジーのメリットを享受すべきである。

/tt/news/1607/26/news04.jpg
輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる

IoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由

医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。

/tt/news/1607/21/news03.jpg
攻撃は容易。被害は深刻

専門家が口をそろえる「IoTのセキュリティは難しい」、強化のための3ステップ

モノのインターネット(IoT)のセキュリティを強化するのはとても難しい。しかし、ここに示す「3つのステップ」を実行すればIoT接続機器を守ることができる。

/tt/news/1607/21/news04.jpg
機能統合の流れから一変

「ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービス「Allo」と「Duo」とは

新しいコミュニケーションアプリケーションとして「Allo」と「Duo」を発表したGoogle。これをきっかけに、コミュニケーションサービスを消費者向けと企業向けに分ける可能性がある。

/tt/news/1607/20/news05.jpg
Hortonworks、Cloudera、MapR

HDFSの落とし穴を回避する商用「Hadoop」ディストリビューション3選

HDFSで一般的なデータ保護とパフォーマンスの問題を回避する代替策となる3つの商用Hadoopディストリビューションを紹介する。

/tt/news/1607/15/news01.jpg
攻撃者は最後にボロを出す

ビッグデータをセキュリティツールにするちょい足しレシピ

ビッグデータ分析を応用したセキュリティ対策は有効だが、万能薬ではない。しかし、他の手法と組み合わせることでより有益なツールとなる。

/tt/news/1607/12/news04.jpg
IoTで生まれる新たな対応

機械が人間に、人間が機械に? IoTで突きつけられる4つの問い

「モノのインターネット」(IoT)により、生活は便利になり、ビジネスにさまざまな良い効果が生まれている。だが、IoTによって新しく考えなければいけない課題がある。

/tt/news/1607/07/news05.jpg
クラウドで身近になる機械学習

GoogleやAWSが提供する機械学習サービス、ビジネスにどう活用する?

コンピューティングの新境地ともいえる機械学習が、パブリッククラウドのおかげでかつてなく手頃で使いやすくなった。ただし慌てて飛びつく必要はない。

/tt/news/1607/04/news05.jpg
データサイエンティストたちが注目

Twitterも使っている「深層学習」ツール、普及の鍵は?

多くの企業では、これまでに収集してきたあらゆる非構造化データを活用する方法を探している。深層学習アプリケーションがこのような企業の要求を満たす一助となるかもしれない。

6 月

/tt/news/1606/30/news07.jpg
【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第2回

やっと分かった ビッグデータアナリティクスでHadoopを使う理由

ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。

/tt/news/1606/21/news04.jpg
ペットシッター分野の“Airbnb”と呼ばれるRover.comの事例

シェアリングエコノミー業界はデータ分析が命綱、データ駆動型改革のススメ

シェアリングエコノミービジネスにとって、データに基づいた意思決定はなぜ重要なのか。ドッグシッターのマッチングサービスRover.comの最高技術責任者(CTO)であるスコット・ポラド氏がその理由を説明する。

/tt/news/1606/21/news05.jpg
ブロックチェーンのビジネス活用術

「ブロックチェーン」を政治に生かすと“ウソつき議員”を無給にできる?

仮想通貨で利用される「ブロックチェーン」を他の用途に応用する動きが広がっている。世の中を大きく動かす可能性を秘めた、ブロックチェーンの応用先を見ていこう。

/tt/news/1606/17/news05.jpg
ひと目で分かるUIと、安全なデータ共有

「エボラ出血熱」拡大阻止の現場、災害医療モバイルアプリはどう活躍したか?

エボラ出血熱の大流行に対する国際対応において、ある非営利団体は地域医療従事者が調査対象からデータを収集するためのモバイルアプリを活用した。

/tt/news/1606/13/news06.jpg
J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」

電子カルテの3原則を、「機密性」「完全性」「見読性」「検索性」の4原則に変えよう

医療情報の電子保存の3原則としては「見読性」「真正性」「保存性」が長らく意識されてきた。だが情報セキュリティやe-文書法の要件と比べると重要な視点が欠けているのではないか、と筆者は説く。

/tt/news/1606/14/news06.jpg
何を最優先とするべきか

効果が分かりにくいデジタルマーケティング、投資判断の考え方を語ろう

マーケティングテクノロジーへの支出を正当化しようとしているときには投資利益率(ROI)にこだわるべきではないと、ある専門家はいう。まず、ビジネスの目標とニーズを定義してから次の段階に進む必要があるのだと。

/tt/news/1606/13/news12.jpg
患者の予後の改善にも、もちろんコストダウンにも

医療の質の向上に貢献するBIツール、病院経営に効果の大きい3つの使い道

病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。例えば予測分析を利用して、患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたりすることもできる。

/tt/news/1606/13/news11.jpg
Cloudera、Hortonworks、IBM、MapRの商用製品が対象

徹底比較:Hadoopの主要ディストリビューションを4つの要素で見る

Hadoopの主要ディストリビューションを「デプロイモデル」「エンタープライズクラスの機能」「セキュリティとデータ保護機能」「サポートサービス」という4つの角度から比較する。

/tt/news/1606/09/news07.jpg
堅牢なインフラを設計するために

フラッシュメモリでIoT分析がやっぱり正解な理由

IoT(モノのインターネット)に寄せられる高い期待に応えるため、クラウドベースの各種サービスが成熟化しつつある。だが、新たな課題も生まれている。

/tt/news/1606/08/news03.jpg
あなたの全てが世界とつながる

IoTのセキュリティ守護神「ブロックチェーン」を信じてよいのか

デバイスとネットワークの進化によって身の回りのものから身に付けるものまで全てがインターネットに接続してユーザーの情報を世界中に流し始めている。こんな時代にユーザーを守る技術はあてになるのだろうか。

/tt/news/1606/06/news05.jpg
登場し出したユースケース

AWSが誰でも使える「機械学習」を実現? 有望市場への取り組みを見る

機械学習モデルを構築するのは複雑で、数学者に委ねるのがベストだった時代もある。だが、Amazon Web Serviceなどの数社が、企業が機械学習を利用しやすくなるよう取り組んでいる。

/tt/news/1606/06/news06.jpg
検索では有利なGoogleに意外な弱点

ビッグデータでも負けられない戦い AWS、Azure、Googleの関連サービスを比較する

クラウドプロバイダー大手3社Amazon Web Services(Amazon)、Microsoft、Googleのビッグデータサービスを比較した。共通点も多いが、詳しく掘り下げると違いが見えてきた。

/tt/news/1606/03/news05.jpg
病院システムのなかで、botが得意な業務とは?

「病院の予約もチャットボットにおまかせ」な時代は本当に来るのか

医療機関において、予約調整、医療費請求、決済処理といった管理業務に医療用の「bot」を使うことで、さまざまな場面で業務負担が減り、人員のリソースを節約できるかもしれない。

/tt/news/1606/02/news04.jpg
研究開発が活発化

Googleは機械学習をどうデータセンター管理に生かしているのか?

機械学習を使ったデータセンターの管理がいよいよ実現しようとしている。機械学習は実用化の段階に移りつつあることを裏付ける、さまざまな事例を紹介する。

5 月

/tt/news/1605/31/news02.jpg
有効であるが要検討

クラウド「機械学習」への評価が分かれる理由、慎重派の言い分は?

最新アプリでは利便性向上のために機械学習機能を導入する要望が高まっている。その開発環境においてコスト軽減のためにクラウドプラットフォームが登場しているが、その利用については慎重な企業も多いという。

/tt/news/1605/30/news06.jpg
専門家がアドバイス:

企業のデータサイエンスチームに“完璧な人材”が不要である理由

企業がデータサイエンスチームを形成するときには、希少価値の高い人材を求めるよりも、さまざまなバックグラウンドを持った人材を確保すべきだ。

/tt/news/1605/30/news04.jpg
ビットコイン以上の衝撃?

ブロックチェーンであらゆる契約を自動化する「スマートコントラクト」とは

ビットコインの主要技術であるブロックチェーンを利用し、取引の自動化を実現する「スマートコントラクト」。多くの業種で役立つといわれるスマートコントラクトの実力を探る。

/tt/news/1605/30/news01.jpg
グラフ型データベース活用事例

1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解析プロジェクトの舞台裏

1150万個のファイル(計2.6TB)からなる「パナマ文書」はどのように解析されたのか? 世界に衝撃をもたらした同文書解析の舞台裏を紹介する。

/tt/news/1605/30/news03.jpg
FacebookやMicrosoftも参入

人工知能(AI)をビジネスに活用する「冴えたやり方」

現在の人工知能(AI)技術を取り巻く実情を評価する際、企業はオールマイティーなツールを求めるのではなく、特定のタスクでAIを機能させる方法を考えなければならない。

/tt/news/1605/27/news06.jpg
「Yammer」「Skype for Business」「Outlook」など

「Office 365」内のソフトが本気の連係、「Excel」「Word」の利用だけではもったいない?

Microsoftのコラボレーションツール「Office 365」では、これまでスイート内での連係が欠落していた。だが同社の最近の取り組みにより、連係問題が改善する方向に向かっている。

/tt/news/1605/23/news04.jpg
勢いをどう保つか

「IBM Watson」への高過ぎる期待、ビジネス成功への鍵は開発者?

IBMは米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で脚光を浴びたWatsonをベースとした製品を作って、再び世間の関心を集めようとしている。

/tt/news/1605/16/news08.jpg
米国で年間6000億ドルの損失

深刻化する医療詐欺、“予防”に役立つ3つの分析手法

データ分析は、医療詐欺対策に役立つ効果があることが証明されている。そして、その予防的手法は幅広い業界に恩恵をもたらす可能性がある。

/tt/news/1605/09/news05.jpg
【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第1回

データ分析がビジネス課題の解決に生かせていない本当の理由

ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。

/tt/news/1605/06/news01.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

中堅・中小企業の成長の鍵は“脱Excel”?

「Microsoft Excel」は便利な分析ツールだが、社内でデータの一貫性を管理することが難しい場合がある。中堅・中小企業も「BIツール」の活用を前向きに検討してみてはいかがだろうか。

4 月

/tt/news/1604/29/news01.jpg
Google Cloud Platform事例

音楽配信サービスSpotifyのGoogle Cloud Platform移行に残る謎

約7500万人の会員を擁する音楽配信サービスSpotifyが、自社データセンターからGoogle Cloud Platformに移行した。SpotifyがGoogleを選んだ理由とは何か。そして、既に使用していたAWSはどうするのか?

/tt/news/1604/27/news01.jpg
なぜNeo4jを選んだのか

グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開発事例

NoSQLの1ジャンルであるグラフ型データベースで何ができるのか? Artfinderはグラフ型データベースを使ってレコメンデーションエンジンを構築した。

/tt/news/1604/26/news06.jpg
別れるユーザーの判断

SAPユーザーが思い悩む「SAP S/4HANA」への移行時期、リアルタイム処理をいつ手にする?

ユーザーやアナリストの多くは、インメモリデータベースを求めて「SAP S/4HANA」への移行は避けられないと考えている。だが、移行がなかなか進まない企業も少なくない。その理由とは。

/tt/news/1604/15/news04.jpg
バズワードになってしまった「AI」

「AlphaGo」は“真の人工知能”からは程遠い、それでも考えたい機械学習のビジネス価値

人工知能(AI)は50年近くにわたりアプリケーション開発の究極目標となってきた。だが現在進められている各種のプロジェクトがAIという看板を掲げているからといって、それらが真のAIであるとは限らない。

/tt/news/1604/15/news06.jpg
AppleとIBMの提携で実現したクラウド開発環境

Appleの開発言語「Swift」は「素晴らしい!」、IBM担当者が感動した理由は

IBMとAppleの提携により、クラウド開発プラットフォーム「Bluemix」でAppleのプログラミング言語「Swift」を利用できるようになった。提携の経緯や「Watson」との連係などを紹介する。

/tt/news/1604/12/news07.jpg
サイバーセキュリティにとって“もろ刃の剣”

“人工知能ハッカー”は囲碁同様に人間のセキュリティ対策を打ち破るのか

サイバーセキュリティの世界では、ソフトウェアの不具合を自動的に検出して修正できる人工知能(AI)が現実のものとなりつつある。だが、まさにそれと同じ技術が自律型ハッキングにも使われる可能性がある。

/tt/news/1604/07/news03.jpg
「コグニティブ」で究極の先取り

顧客の要望は「Siri」や「Watson」が知っているという未来がやってくる?

企業の最高情報責任者(CIO)たちは、自社をデジタルエンタープライズに変革する取り組みの真っ最中だが、ITの専門家たちは新たな分野に目を向け始めた。次の変革の波が既に始まったという。

/tt/news/1604/06/news06.jpg
JAWS DAYS 2016レポート

クックパッド、パルコなど先行4社が語る、「AWSで何が変わった?」

AWSのユーザーカンファレンス「JAWS DAYS 2016」で、パルコ、コーセー、クックパッド、medibaの4社がパネルディスカッションを開催。先駆者の生の言葉から多くを学べる、またとない機会となった。

/tt/news/1604/05/news03.jpg
最大1300億ドルもの価値を創出

スマートグリッドテクノロジーと予測分析が電力会社を変える

公益事業会社は、以前にも増して高度な分析手法を業務管理に取り入れるようになっている。本稿では、あるプロバイダーが大成功を収めた方法を紹介する。

/tt/news/1604/04/news05.jpg
さらなるスマートデバイス小型化へ向けて

IoTを新しいステップに導く超薄型素材「グラフェン」の可能性

2004年に発見された超薄型素材「グラフェン」。この素材がITや「IoT」(モノのインターネット)を次の段階に導く可能性がある。

3 月

/tt/news/1603/28/news05.jpg
超薄型の太陽電池が誕生するかも

発電する“スマート衣料”でモノのインターネット(IoT)が当たり前になる日

超薄型の炭素原子シート「グラフェン」が、「モノのインターネット」(IoT)などのスマートテクノロジーの可能性を最大限に発揮するためのセンサー用素材として注目を集めている。

/tt/news/1603/28/news03.jpg
バックアップとアーカイブの共有化

“最後のリカバリー手段”を超えて進化するバックアップの未来とは

バックアップ製品は進化しており、データのリカバリーだけでなく、いろいろな機能が追加されてきた。どのような機能があり、それがどのように使えるのかを紹介する。

/tt/news/1603/28/news04.jpg
欠かせない「解析」「クラウド」「コンテキスト」

モバイルユーザーがそのアプリに満足しない理由とは? 3つの原因を探る

本当にモバイルユーザーを満足させるには、コンテキストデータを活用し、クラウドでコンテキストデータを解析するアプリをIT部門が提供することが不可欠だ。

/tt/news/1603/25/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

小さな失敗の繰り返しで大きな成果をつかむ、CIOのための「失敗と向き合うヒント」

革新的な製品/サービスの開発には試行錯誤が必要である以上、失敗は避けようがないものだ。失敗のコストを下げて、安全に何度もうまく失敗するためのヒントを紹介する。

/tt/news/1603/25/news04.jpg
JAWS DAYS 2016レポート

アンデルセン、ヤマハ発動機――地方企業はAWSをどのように使って生き残る?

AWSユーザーには、首都圏以外で活動する企業も多く存在する。ユーザーカンファレンス「JAWS DAYS 2016」では、アンデルセンサービスとヤマハ発動機の2社が、AWSによって得た変化を語った。

/tt/news/1603/18/news04.jpg
最も注意すべきはデータプライバシー

あなたの情報を集める“スマート家電”、ベンダーが陥る罠とは?

IoT(モノのインターネット)に接続する機器を視聴に投入したい企業は目先のビジネスチャンスに目がくらんで、簡単なトラップにあっさりとかかったりする。そんなみじめなことにならない3つのポイントを確認する。

/tt/news/1603/17/news04.jpg
セキュリティ対策は1回で完結するようなものではない

「ベンチャー気分のIoTは“炎上”する」 専門家が警告するIoTの落とし穴

「IoT(モノのインターネット)のデバイスには早い段階でセキュリティを組み込むべきである。さもないと大変なことになる」――これが「RSA Conference 2016」からのメッセージだ。

/tt/news/1603/11/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「医療ビッグデータ分析」を成功させる5つの法則

ゲノム解析や感染病の発生の検知など、医療・健康に関する大量の情報を有効活用しようという取り組みが進んでいる。この医療ビッグデータ分析に欠かせない法則、実際の成功事例を紹介する。

/tt/news/1603/09/news01.jpg
誰も個人情報の適正利用を信じていない

顧客をガッチリつかむ鍵は「パーソナライゼーションと不信感」

顧客はブランドに何を期待しているのか? 調査の結果、自分のためのエクスペリエンスを重視していることが分かった。一方、ブランドが収集した個人情報が適正に扱われるとは思っていない。

/tt/news/1603/08/news08.gif
ConcurとIntelの語る“データ管理の教訓”

IT部門とビジネス部門の一触即発の危機を解決、セルフサービスBIはどのように役立つ?

「2016 TDWI Executive Summit」で、ConcurとIntelがセルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)ツールを導入した戦略とそのメリットについて自社事例を紹介した。

/tt/news/1603/07/news05.jpg
さまざまなデータ管理ツールとの相性も抜群

データサイエンティストが太鼓判、「Apache Spark」がIoT分析に選ばれる理由

産業機器が生成する膨大な量のデータの意味を理解するには、IoTのビッグデータ分析が欠かせない。このタスクにはSparkが対応できるかもしれない。

/tt/news/1603/07/news04.jpg
BIをCEOに売り込む“提案者”が重要に

「脱Excel」を阻んできた“真犯人”は誰なのか?

会社の幹部や他の社員にビジネスインテリジェンス(BI)ツールの導入を納得してもらうのは、今でも驚くほど困難な作業だ。その原因の1つは、BIのメリットを社内にうまく売り込めていないことにある。

/tt/news/1603/07/news01.jpg
スポーツ界に進出するデータ分析

データ分析を選手育成に活用するラグビーフットボールリーグ

英国ラグビーフットボールリーグは、全選手をデータ化し、選手の起用や育成に活用している。知られざるラグビーリーグ界の舞台裏とは?

/tt/news/1603/03/news05.jpg
Gartnerが2016年版 市場評価レポートを発表

BI/BA製品の「リーダー」は3社のみ、大変動ランキングに波紋

GartnerがBI/BA製品に関する2016年版の評価レポート「Magic Quadrant」(マジッククアドラント)を発表した。ベンダーのランキングには幾つかの大きな変化があった。

/tt/news/1603/02/news08.gif
企画倒れを避けるための「目標設定」とは?

次の注目「インダストリアルIoT」を成功させる企業の条件

インダストリアルIoT(産業向けのIoT)は潜在的価値を有するデータを大量に生み出している。企業がこれらのデータを活用するためには、ビジネス価値につなげる目標を明確にすることが肝要だ。

2 月

/tt/news/1602/29/news06.jpg
クラウドベースのBIを活用

IT部門に頼らないデータ分析、やってみて分かるこれだけのメリット

データ管理とレポート作成についてIT部門に頼りきっていたある企業が、クラウドベースのBIを利用することで、その状況を緩和した。その結果、アナリストは自社のデータをさらに活用できるようになった。

/tt/news/1602/19/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

IT部門のための「デジタルマーケティング」事始め

インターネットとモバイル端末の普及で顧客との接点がかつてないほど拡大する中、デジタルマーケティングへの取り組みはあらゆる企業にとって急務となりつつある。成功のため、どうすればいいのだろうか。

/tt/news/1602/18/news02.jpg
人工知能に「常識」は生まれるのか

Facebookのザッカーバーグ氏も2016年の挑戦に掲げるAI開発の課題

Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏は、2016年の個人的なチャレンジとしてAIマシンの開発を掲げた。最もホットな分野の1つであるAI開発における課題とは何か? AIに「常識」を教えることはできるのか

/tt/news/1602/17/news08.jpg
ポイントは情報共有とレポート

Excelの限界を超えて――データ可視化ツールを干ばつ対策に役立てるには?

新しいデータソースを分析することで、Sustainable Silicon Valleyは、長期にわたってアメリカ西海岸を苦しめている干ばつを緩和する方法を模索している。

/tt/news/1602/12/news05.jpg
被害を未然に防ぐデータサイエンティストの資質

膨大な詐欺行為と戦うPayPal、決め手はオープンソースと“好奇心”

PayPalは、高度な予測データ分析を使用してユーザーを不正行為から保護し、PayPalのブランドを維持している。常に進化することがPayPal成功の鍵を握っている。

/tt/news/1602/12/news01.jpg
Yahoo! JAPANも使っているHortonworksの技術

Hadoopに社運を賭けるモバイル広告ネットワーク企業の事情

モバイル広告ネットワーク企業Billy Mobileは、Hadoopを中核とするビッグデータ分析環境に社運を賭ける。Kafka、Spark、Storm、Hive、HBaseで構築した意思決定アルゴリズムとは?

/tt/news/1602/08/news06.jpg
データ志向への転換に必要なこと(後編)

うまくいく企業は何が違う? ビッグデータプロジェクト“成功の鍵”を探る

企業でビッグデータ活用を成功させるには、エンドユーザーがデータ活用できる環境を整える必要がある。複数の事例からビッグデータ活用の可能性を探る。

/tt/news/1602/05/news09.jpg
孤高の人はたいてい失敗する

“独善”データサイエンティストが陥る6つの勘違い

現代IT技術で注目のビッグデータで要となるデータサイエンスチームは最も花形のセクションだ。優柔な人材が集まってくるが、それだけに、自らの誤りに気付かないままビジネスを窮地に追い込むこともある。

/tt/news/1602/04/news04.jpg
負け組にならないための新技術

技術オタクだけが知っている「ブロックチェーン」の可能性、“スマート契約”とは?

ビットコインの基盤として使われている「ブロックチェーン」技術だが、金融業界と法務処理の形を大きく変える可能性があるという。

/tt/news/1602/03/news05.jpg
データ志向への転換に必要なこと(前編)

ビッグデータプロジェクト、失敗の理由は大抵“人”

企業でビッグデータ活用を成功させるには、データ志向の文化を育む必要がある。その1つの鍵となるのが企業文化である。実際に、どのようにすれば良いのだろうか。

/tt/news/1602/01/news07.jpg
「Office 2016」の解体新書(2)

大容量ファイルの送付が可能に、「Outlook 2016」の新機能はビジネスで使える?

メールやグループウェアの機能を持つ「Microsoft Outlook」の最新版「Outlook 2016」は、従来版とどう変わったのだろうか。ビジネスで使えるOutlook 2016の新機能を紹介する。

1 月

/tt/news/1601/29/news10.gif
ビジネス使用が不安な理由

Windows 10の音声アシスタント「Cortana」、その“暗黒面”を心配する人

Windows 10の「Cortana」は、テキストと音声を認識し、作業を手助けする仮想クライアントだ。だが、実はセキュリティ面で大きな問題がある。

/tt/news/1601/27/news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

自社に合ったビッグデータアプライアンスの選定

ビッグデータ分析の分野はまだ比較的成熟度が低い。支出に見合った価値を保証するため、ビッグデータアプライアンスは慎重に選ぶ必要がある。

/tt/news/1601/18/news06.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

誇大宣伝を越えたアプライアンスの普及

アプライアンスはそのシンプル性とビッグデータの流行によって普及が促進され、サプライヤーはクラウドサービスの統合に力を入れている。

/tt/news/1601/22/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「定番2大ERP vs. 第三のERP」 結局どのERPが良いの?

ERP業界のツートップである独SAPと米Oracle、第3の注目ERPパッケージともいわれるWorkday。それぞれどのような強みや機能を持っているのだろうか。

/tt/news/1601/22/news05.jpg
SQL Server 2005のEOSも目前に控える

SSDを柱にハード最適化を目指す「SQL Server SSD Appliance」が存在する意味

処理性能を高め、導入コストを抑える工夫を凝らした「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。この製品はどのようなものか。また、今後のロードマップとは。

/tt/news/1601/20/news06.jpg
監視するだけがIoTではない

期待のIoT(モノのインターネット)が思ったほど急速に普及しない理由

センサーやインターネット接続デバイスは一部の業界では、何年も前から活用されている。今まで、IoTはどのような活用され、今後どのように広がるのだろうか。

/tt/news/1601/20/news02.gif
デジタル時代のERP再考(3)【後編】

IoTで変わるビジネス、求められる未来のERPの形とは

企業がIoTをビジネスに生かすためには、ERPにも変革が求められる。製造業や農業を例に、ERPの将来像を考える。

/tt/news/1601/19/news08.jpg
米IIAの分析予測リストを読む

2016年こそデータ分析に成功したい企業に贈る、5つのお約束

2016年に分析プログラムを洗練させるための注意事項は何だろうか。本稿で紹介するリストに従えば、2016年に分析で成功を収められること請け合いだ。

/tt/news/1601/19/news01.jpg
フランス原子力・代替エネルギー庁導入事例

ディレクトリ構造の限界とフラットなオブジェクトストレージの可能性

ファイル/ブロックベースの大規模なストレージをオブジェクトストレージにリプレースしつつあるフランス原子力・代替エネルギー庁。彼らがオブジェクトストレージに見いだした可能性とは?

/tt/news/1601/18/news07.jpg
データ分析がより身近なものに

「Watson」だけが目立つ時代は終わった、5つの2016年分析トレンド予測

「Watson」の応用進展やビッグデータ活用の普及など、動きが激しいデータ分析市場。2016年の分析市場はどのように動くのだろうか。

/tt/news/1601/18/news04.jpg
デスクトップ管理者が知っておきたい

わずか35ドル、「Raspberry Pi」に学ぶ「ナノコンピュータ」の基本

企業にナノコンピュータが進出している。その一例は、英Raspberry Pi Foundationの「Raspberry Pi」だ。管理者は、この小さなシステムで行われる処理について知っておくべきだ。

/tt/news/1601/15/news08.jpg
マーケティング企業のセルフサービスBI導入事例

実践で分かった、“脱Excel”でどれだけ仕事のスピードは上がるのか?

「Microsoft Excel」は最も広く利用されるBIツールだが、マーケティングサービス企業の米FullFunnelは同ツールでは不十分と感じ、セルフサービス型のアナリティクスツールに切り替えた。

/tt/news/1601/13/news06.jpg
CIOやIT幹部が注目

「Hadoop」から「Spark」へ、移り変わるビッグデータ分析の注目技術

米TechTargetのデータ活用に関する連載コラムから2015年にみられたトレンドを紹介する。それらのテーマはバイモーダルIT、自動化、「Apache Spark」などだ。

/tt/news/1601/13/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

データウェアハウスとしてのSAP HANA

企業はインメモリデータマート向けのSAP HANAと、他のデータウェアハウスを統合したSAP Business Warehouseを利用している。

/tt/news/1601/08/news05.jpg
IoTやDockerにも乗り出した

Microsoft Azure、2015年の“覚醒”、AWS対抗の注目アップデートを見る

「Microsoft Azure」は2015年、ポータル強化、パートナーシップ拡大、ビッグデータやコンテナ関連のアップデートに力を入れ、「Amazon Web Services」の最有力対抗馬となった。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。