2016年10月24日 08時00分 公開
特集/連載

MicrosoftとOracleのNoSQLデータベースComputer Weekly製品ガイド

クラウドアプリケーションとビッグデータサービスは、NoSQLデータストアの新たな波をもたらした。MicrosoftとOracleはどんなサービスを提供しているのか。

[Simon Bisson,Computer Weekly]

 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。クラウドアプリケーションとビッグデータサービスには特にそれが当てはまる。そこから、新興のサプライヤーとオープンソースプロジェクトが提供するNoSQLデータストアという新しいカテゴリーが浮上した。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 NoSQLは幅広いアプリケーションスタックに使われている。「Apache Cassandra」「Apache Hadoop」「Apache CouchDB」「MongoDB」「Riak」など、挙げればきりがない。

 だがそうした新興勢力のみがNoSQLプラットフォームの全てではない。MicrosoftとOracleという2大勢力を含め、ほとんどのデータベースサプライヤーも参入している。両社はNoSQLに対して異なるアプローチを取り、一方は自社の既存のツールに連動するNoSQLストアを、もう一方はハイパースケールクラウドサービスの一部となる新サービスを構築している。

クラウド生まれのアプリケーション

 NoSQLに対するMicrosoftのアプローチは「Microsoft Azure」を中心に構築され、「クラウド生まれのアプリケーション」のサポートに重点を置く。キーバリュー型の「Azure Tables Storage」はAzureの初期から存在していたが、規模を拡大したサービス「DocumentDB」は世界展開が始まったばかりだ。MicrosoftのNoSQLツールをオンプレミスで運用したい場合は「Azure Stack」を利用する必要がある。Azure Stackではまず、MicrosoftのNoSQLキーバリューストアTablesのローカル版を提供する。

 AzureのNoSQLストアは主に、運用データソースと分析データソースという2つの役割を果たす。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...