2016年10月24日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドMicrosoftとOracleのNoSQLデータベース

クラウドアプリケーションとビッグデータサービスは、NoSQLデータストアの新たな波をもたらした。MicrosoftとOracleはどんなサービスを提供しているのか。

[Simon Bisson,Computer Weekly]

 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。クラウドアプリケーションとビッグデータサービスには特にそれが当てはまる。そこから、新興のサプライヤーとオープンソースプロジェクトが提供するNoSQLデータストアという新しいカテゴリーが浮上した。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 NoSQLは幅広いアプリケーションスタックに使われている。「Apache Cassandra」「Apache Hadoop」「Apache CouchDB」「MongoDB」「Riak」など、挙げればきりがない。

 だがそうした新興勢力のみがNoSQLプラットフォームの全てではない。MicrosoftとOracleという2大勢力を含め、ほとんどのデータベースサプライヤーも参入している。両社はNoSQLに対して異なるアプローチを取り、一方は自社の既存のツールに連動するNoSQLストアを、もう一方はハイパースケールクラウドサービスの一部となる新サービスを構築している。

クラウド生まれのアプリケーション

 NoSQLに対するMicrosoftのアプローチは「Microsoft Azure」を中心に構築され、「クラウド生まれのアプリケーション」のサポートに重点を置く。キーバリュー型の「Azure Tables Storage」はAzureの初期から存在していたが、規模を拡大したサービス「DocumentDB」は世界展開が始まったばかりだ。MicrosoftのNoSQLツールをオンプレミスで運用したい場合は「Azure Stack」を利用する必要がある。Azure Stackではまず、MicrosoftのNoSQLキーバリューストアTablesのローカル版を提供する。

 AzureのNoSQLストアは主に、運用データソースと分析データソースという2つの役割を果たす。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...