期待のIoT(モノのインターネット)が思ったほど急速に普及しない理由監視するだけがIoTではない

センサーやインターネット接続デバイスは一部の業界では、何年も前から活用されている。今まで、IoTはどのような活用され、今後どのように広がるのだろうか。

2016年01月20日 12時00分 公開
[Eddie LockhartTechTarget]
IoTの概要とイメージ IoTの概要とイメージ (TechTargetジャパン記事「“モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 「IoT(モノのインターネット)」デバイスは重要な情報を収集し共有するための絶好の機会を提供する。難しいのは、そうしたデータをいかに有効活用するかだ。

 米調査会社Sepharim Researchの最高研究責任者ボブ・イーガン氏によれば、「どんな難題があろうと、IoTの価値はそれを大きく上回る」という。実際、エネルギーや輸送、通信などの業界では既にIoTデバイスが具体的なメリットをもたらしている。

 IoTのユースケースや解決すべき問題、企業のIT管理者にもたらす影響などについて、イーガン氏に話を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...