2016年01月20日 12時00分 公開
特集/連載

期待のIoT(モノのインターネット)が思ったほど急速に普及しない理由監視するだけがIoTではない

センサーやインターネット接続デバイスは一部の業界では、何年も前から活用されている。今まで、IoTはどのような活用され、今後どのように広がるのだろうか。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
IoTの概要とイメージ IoTの概要とイメージ (TechTargetジャパン記事「“モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 「IoT(モノのインターネット)」デバイスは重要な情報を収集し共有するための絶好の機会を提供する。難しいのは、そうしたデータをいかに有効活用するかだ。

 米調査会社Sepharim Researchの最高研究責任者ボブ・イーガン氏によれば、「どんな難題があろうと、IoTの価値はそれを大きく上回る」という。実際、エネルギーや輸送、通信などの業界では既にIoTデバイスが具体的なメリットをもたらしている。

 IoTのユースケースや解決すべき問題、企業のIT管理者にもたらす影響などについて、イーガン氏に話を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...