2016年09月26日 07時00分 公開
特集/連載

電源もネットワークもない“ただの箱”をIoTで利用する方法NFCタグでビッグデータの一部に

あらゆるものをネットワークに接続してそこから得たデータを活用しようというIoT。今や「そんなこといっても段ボール箱は使えないでしょう、はっはっは」と笑っている場合ではない。

[Paula Hunter,TechTarget]
電源が入らない、ネットワークにつながらない「モノ」でもIoTで活用可能だ。例えば「ティシュペーパーの消費量」でその地域の健康状態に関する傾向を把握できるかもしれない

 利便性、セキュリティの強化、省エネルギー、健康状態の追跡。モノのインターネット(IoT)は、ウェアラブル端末、接続型のセキュリティシステム、サーモスタット、照明、多くの商用アプリケーションに投資したユーザーに、このようなメリットを既にもたらしている。Juniper Researchは、2019年までに380億台以上の接続型デバイスを利用できるようになると予想する。

 このようなIoTの初期の導入例から、次はどこへ向かうべきだろうか。

 IoTを大規模に導入するためには、解決すべき課題が残っている。例えば、ユーザーインタフェース(UI)のないデバイスはどう接続すればいいだろうか。UIがなければ、接続型オブジェクトはユーザーの意思を理解できない。他にも、オープンネットワークのセキュリティといった懸念事項もある。だが、最大の課題は、インターネットに接続できず、駆動用の電源を持たない「モノ」にIoTを導入することだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...

news181.jpg

Wi-Fiプローブデータを活用した屋内DOOHのインプレッション計測モデル、シスコとLIVE BOARDが共同開発
カメラを設置することなく、より安価でシームレスな計測が可能に。

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。